スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

オイル探し。

JUGEMテーマ:化粧品
 

THREEのSQオイルでオイルの魅力に気付き、いろいろ試しているのですが、なかなかこれぞ!というのに出会わないですね。

少し前に試していたのがこの2品。

NUXE(ニュクス)のプロディジューオイルと・・・



アンネマリー・ボーリンドのシシリアンブーケエナジャイザー。



どちらもとても有名だし、評判もかなり良いので、期待して使ってみました。

ニュクスのプロディジューオイルは、ナッツ系のオイルが色々配合されています。
マカダミア、ヘーゼルナッツ、アーモンドなど、ビタミンEがたっぷりですね。その他、肌にサテンの輝きを与えるカメリアオイル、保湿成分としてセントジョンズワートオイル、ルリジサオイルなどなど、植物性の優秀なオイルがいろいろ。ローズマリーエキスも配合され、アンチエイジングに向いているような内容です。ごく低い程度ながらUVA&UVBフィルターももっているのだとか。



香料入り・・・香りがかなり強いです。フリーダという花の香りなのだそうですが、やたら甘く重い。ややナッティでムスクのような濃厚さ。嫌いなわけではないですが、こういうのはボディのほうがいいみたい。秋冬にまといたい香りです。個人的には鼻の近くで使ってしまうと強すぎる気がしました。

またかなりまったりとしたオイルそのものの香りもあるので、香料とオイルの香り共にあわせると、かなり個性が強いです。

さてこれ、ボディ用としては結構重宝しそうだとは思いました。
ただ、私が欲しいのはフェイス用ですもの。
フェイスオイルとしての相性は、香りの理由だけでなく少し合わないみたいで残念。

栄養豊富すぎた?のか、使い続けたら吹き出物が出ちゃいまして。
しばらく使用をやめて、また使い始めるとやはりでてしまうので、結局顔に使用するのは断念。

また、浸透が悪いとは思わないですが、ちょっと重たすぎる気がして。

ということで、お風呂の中でオイルパックして湯船につかり、出る前に洗い流すというような使い方をします。この使い方だとちょうどいいみたいなので、甘い香りに浸りながら楽しんでます。洗い流してもしっとり。

ただ、SQオイルのように肌がつややかにならないのは残念かも。


さてもうひとつ、アンネマリーボーリンドのシシリアンブーケエナジャイザー。
これはエッセンスとオイルの2層タイプなので、カクテルのように良く振って使用します。



シシリアンオレンジのもつ豊富な複合的ビタミンのチカラによって、ターンオーバーの正常化と鎮静作用、環境によるダメージを軽減させるそうです。香りはあま〜いオレンジの香り。これはいいですね♪
それほど香りが続かないので、肌に乗せる瞬間だけの楽しみです。

さらっとしていて使いやすいです。
ただ、残念ながら、私はこれという効果を感じませんでした。
う〜んう〜ん、これは首元用に使おうかなあ。

また、オレンジの成分が入っているので光感性・光毒性に注意。夜だけ使うのが良いようです。

色々使用してもSQオイルほど満足しないなら、素直にSQオイルを購入して使用すればいいのですが、色々試してあれはこう、これはこうと自分なりに比べていくのが、コスメいじりの楽しみ。

結局化粧品ジプシーする楽しさですね。
スイーツめぐりとあんまり変わらない・・・でしょ?
Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

NOPS バイタルアドバンスドビタミンC 20 ♪

JUGEMテーマ:韓国コスメ
 

ビタミンCは万能だといいますが、確かに肌のビタミン剤みたいに効くときがありますね。

私は特にターンオーバーに効果を感じます。キメが整って、つるっとした肌になっていくみたい。

デイリーに取り入れるのもよし。調子の悪いときのケアにするのもよし。

このうれしいビタミンCのアンプルが、お手ごろで手に入れられるのも韓国コスメのいいところ。

最近使用しているのがこちら。
NOPSのバイタルアドバンスドビタミンC 20です。



NOPSは Natural Organic Plantsからとったブランド名だそうです。
MIZONが展開しているナチュラル系通販コスメ。

すみません、結構前に購入したのでいくらだったか良く覚えてないのですが、1200円くらいだったかと思います。韓国の通販サイトを見てたらW9,000くらいで売っているから、やっぱりお手ごろですよね。
MIZONのサイトを見てみたら、これなくなっちゃっててがっかりなんですが・・・また販売して欲しい!

VC誘導体ではなく、純粋ビタミンCなので、一応冷蔵庫に入れて早めに使用するつもりでおりますが、朝は紫外線が怖いので使用しないため、夜だけだとすご〜くもちます。

でもホントに肌が安定するんですね〜これ。
日本からだとKOSHOMAさんなどでオーダーできるみたいです。

使い始めはピリピリしますが、2.3回でおさまります。
そのあと効果がわかるというか。スキンケアのときに肌がつるんとしてきているのがわかるので、なるべく使うようにしています。

でも最近、疲れてて手抜きしてたから・・・今晩はちゃんと使わないと!
オススメのお品ですが、通販コスメだけに、旅行にいってもお店には置いてないんですよね〜。






Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

su:m37° Secret Programming Essence ♪

JUGEMテーマ:韓国コスメ
 

日本の発酵成分化粧品といったら、SK供
韓国でも大人気で雑誌にもあちらこちらにSK供




韓国のモデルはイム・スジョンで、正直日本のお二人より、この人の肌に近づきたいと思う(ムリだけど・・・)。透明で柔らかくて、ちょっとしたことには揺らいでしまいそうな人肌の雰囲気がありませんか〜?
日本のお二人のCMでは、正直あの肌の質感の演出がぜんぜん共感できないのですワタシ。

でも実は、なんどか試したものの、SK兇呂覆鵑箸覆・・・私に合わないようです。
何度か試しているのですが、肌が負けちゃうみたい。ひょっとしてそのあとになにか脱皮するようにきれいになるのかもしれない?と思って使っているうちに、かなりムリな状態になったこともあるので、あきらめた過去があります。

だけど発酵食品は体に良い影響を与えてくれて、快適な状態に保ってくれるように、肌にもいいじゃないですか。
それを成分として肌から直接入れてあげるという発想は、当然韓国にもあるわけです。むしろ日本より発酵食品が日常に取り入れられている国。

その代表ブランドがsu:m37°、LGブランドのひとつですが、日本の韓国コスメ愛用者にその名を一気に広めたのがこのエッセンスじゃないでしょうか?



su:m(スム)37° シークレットプログラミングエッセンス 
80ml W80,000 150ml W130,000

これは150mlのボトルです。
色もちょっと黄色っぽくて、SK兇砲舛腓辰隼ているようですけれど、こちらは植物発酵成分がぎっしり。
この成分が生まれる発酵研究所は発酵の歴史の伝統地、標高1,050mの清浄地域にあり、水も環境も土の「気運」もいい。「気運」なんて、韓国らしいでしょ?

そして自然の生命力を蓄えている80種類以上の植物成分を、各部位ごとに研究し、最も効能の高いところだけを使用したそうです。歴史の知恵を授かった職人の手を経て生まれた植物の自然発酵成分が、肌の根元から働いて、肌のシステムを健康的に回復させて、あかちゃんのような光る肌にするのだとか。
成分の原料になる植物も、研究所の傍で栽培され、新鮮な生命力を生かすように考えているのだそうです。

ターンオーバーに効果的というのですが、使ってすぐつるんとするとかそういうものではなく、じんわ〜りじんわ〜り肌に効く感じがします。



さらりとした化粧水のようなエッセンス。
ほんの少しだけ白濁しています。
香りは植物発酵成分ということで、独特のかなりナチュラルな「匂い」があります。そこにハーブオイルのような香りもあって、比較的マイルドになっています。ワタシはあまり気になりませんが、好き嫌いはあるかな?

100ウォン硬貨くらい(乾燥した肌は500ウォン硬貨)ってあるの。
日本で置き換えるなら、100円&500円くらい。
ワタシは最初500円玉くらい使っていましたが、今は100円くらいになりました。

これ、さらっとして頼りないかな?と思いきや、あっという間に肌奥に吸い込まれると、かなりしっとりします。肌も即柔らかくなるので、そのあとのエッセンスや乳液の吸い込みもぐぐっといきます。

肌に広げたら10秒パッティングしてください、ということなんですが、私は手で包み込むようにして「入れ〜」みたいな念を送ってます笑。

何が良いって、肌を全体的に持ち上げてくれるんです。
これがシステムを健康的に回復させるってことなのかな?と思うんだけど、肌が敏感に傾きにくく、すべすべと柔らかくなって落ち着いている。潤いを保つ力もあるよね。

お酒がだめなワタシ、発酵食品大好きです。
SK兇合わなかったのに、su:m37°が合うのは、苦手と好物の関係みたいで面白い笑。


ちなみにこのエッセンスを買ったとき、ギフトが色々ついていました~。



使った順に、また紹介しますね♪

Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

IOPE IDEAL PERFECT LUMINOUS EFFECTER+ ★

JUGEMテーマ:韓国コスメ
 

IOPE(アイオペ)のIPL EFFECTER+・・・これは実は新しく購入したわけではないのですが。
これは、韓国コスメ好きな人なら聞いたことのある商品ではないでしょうか。
Ideal Perfect Luminous Effecterはアモーレパシフィックのブランドのひとつ、IOPEが2007年に発売した、イオン導入器ダーマレイ(Derma Ray)と2種の美容アンプルのセットで、これはその後のリニューアルバージョン。くすみと弾力を8週集中ケアする製品。当時話題だったようです。



ダーマレイはライトセラピーとイオンセラピーを兼ね備えた機械です。



ブランド名IOPEは、Integrated effect Of Plant Extracts(植物抽出物の優れた効果)の略で、植物由来のステムセル(幹細胞)配合のラインなども有名。

植物由来成分を配合しているといってもナチュラルなものではなく、むしろ科学的なイメージの強い商品が多くて、このIPL EFFECTER+もそんなひとつだと思う。



さて、IPLといっても、皮膚科で受けるフォトフェイシャルとは別。
"Ideal Perfect Luminous"の略で使われたようです。でもフォトフェイシャルをイメージさせるところから、商品に対する自信を感じさせます。それだけの実力をホームケアで出してみせるという。

でもホームケアだけに、取り入れるのはすごく簡単。夜のケアに、化粧水のあと、美白用の1剤をイオン導入して、その後弾力ケアの2剤を使用する、それだけ!導入自体も2.3分の間で入っちゃうから、マッサージするよりもラク。


さらに、ソウル大学のパク・キョンチャン教授との共同開発したIOPEの革新的アイテムだったということで、その成分にもかなり独特なものが使われています。

1剤の美白エッセンスは、メラニン色素の定着を防ぐための成分として、インドシアニングリーンという通常化粧品には使用されないような成分が配合されています。
インドシアニングリーンを調べてみると、蛍光造影に使われることが多く、肝癌細胞を発光させて残らず除去するために使用されていたりするのです。

ダーマレイが発する赤い光がインドシアニングリーンに反応して、内側から効果的に美白することができるのだそうです。
さらにシミ・ソバカスを抑制するビタミンC誘導体も配合されています。この2つの成分をダーマレイが肌の奥まで送り届けることで色素沈着を防ぎ、透明感をもたらすそうです。

さらに2剤にはFGFを配合して、しわと弾力への効果を期待できるという、強力シフト。

IPL EFFECTER+は8週間の集中ケアなので、本当は毎晩きっちり8週続ければいいのでしょうけれど、私の場合はふと思い立ったときに1セットのアンプル2週間分だけをやる・・・という感じ。
でも、これを使うと確かに肌がもちっもちになって、キメがぎゅぎゅっと引き締まる感じがあります。

リフティング~!というパワフルな効果は無いのですが、とにかく肌は回復する!
なので、美白・弾力に惑わされず、肌の活力回復の必要なときに使うのが良いみたいです。

Blue Weekのあとなど、肌が一度がくっと落ちてしまったときに使うと、肌に自信が出ます。

ちなみに1剤の美白アンプルは、最初ハチミツのようなベトッとした感触でびっくりしたのですが、これがダーマレイで肌の中に入ると、全然気になりません。そのあと、2剤はコックリ乳液状エッセンスなのですが、これがするする肌に吸い込まれるから、おもしろい。
しかもこの2剤を塗った後は、肌が艶っとします。



8週分のアンプルは、このようにアクリルケースでキレイに保管できます。
さらにうれしいのは、アンプルのみリフィル販売してます。

そしてダーマレイも、一見するとおもちゃみたいに小さいけど。使いやすいサイズ。

コンパクトなボディのよさは、なんといっても収納に困らない。
私はマスカラと一緒に立てて保管してます。



後ろのグレーの部分は電池が交換できるようになってます。

そういえば、一緒についていた電池がちゃんとアルカリ電池だった!



だいたい試し用のちょろっとしか持たないものが入ってたりするのにね。
ちなみに、この電池の下のグレーの布は、ダーマレイ使用後に拭き取りするためについてます。

あ、ダーマレイの注意なんですが、サイドのシルバーの部分に指を当てて使わないと、正確な光が出ない様子。なので、挟むようにして使わないといけません。




7mlのアンプルが各4本x2&ダーマレイで、お値段はW20,000です。



Posted by なつしろぎく | comments(2) trackbacks(0)

THREEのバランシングSQ オイル。

JUGEMテーマ:気になるコスメ



THREEのスキンケアサンプルを使ってみました。




THREE って、メイクものも興味深いけど、スキンケアプロダクトの徹底的な国産(日本産)嗜好、オーガニックの植物原料の積極的多用、成分のほとんどが天然由来etc…といった、ナチュラル派のような側面を持ちながら、ありがちなやぼったさや、肌へのアクションの不確かさなどの弱点を見せることなく、洗練されたパッケージデザインと使用感の良さで期待に応えているブランドという感想です。

以前クレンジングオイルのサンプルを使ったときも、心地よい使用感にうっとりしたけど、今回はオイルが一番気に入りました。

それがバランシングSQオイル。
夜用トリートメントオイルです。

THREE バランシング SQ オイル
天然由来率:85%

睡眠時はからだや心、肌も深くリラックスして、美しさが育まれる時間。眠りへと誘うような心地よい香りとともに、自然の恵みを肌へ与える夜用オイル状美容液。睡眠中、軽くなめらかなオイルが角層のすみずみまで絶え間なく浸透。オイルならではのシーリング効果で、ひと晩かけて、肌をやわらかくほぐします。翌朝、深い眠りから目覚めると、透明感とうるおいに満ちた肌に出会えます。

主な成分
〈精油〉フランキンセンス、ネロリ、サンダルウッド、オレンジ (エモリエント成分)
〈植物油〉ティーシードオイル、ホホバオイル、イブニングプリムローズオイル、ローズヒップオイル、セサミオイル、アルガンオイル (保湿・柔軟成分)


寒波の為ひどい乾燥もするし、職場の乾燥はそれ以上。
肌に艶なんて出る余地もなし。

しかし夜のケアにこのオイルを少量加えたら、翌朝はきれいにキメが調いしっとり艶のある顔に出会えます。

オイル美容の特集が組まれることが多く、私もとても関心が高かったけど、使い心地や香りなど、試してもなかなかぴんと来なかったのが正直なところ。
しかしこのオイルはテクスチャもさらりと使いやすいし、吸収もかなりよくなかなか心地よい。
翌朝の肌の様子も今までで一番気に入りました。

私の今のスキンケアに組み入れると

先行美容液
化粧水
ハイドロキノン入り美容液
バランシングSQオイル
乳液
レチノールリンクルクリーム
クリーム

とまあ、ステップがかなり多くなりますが、冬の間はオイルを固定で入れようかと思う位よかった。

ただ、香りはビミョー…。
好みではないんですよね。

今は韓国のオフィO HUIのオイル美容液「CEL-LAB RINGER」の取り寄せをしています。
こちらも評判みたいだからとっても楽しみ♪



さて、THREEのスキンケアは、他にも化粧水とクリームを試しました。

THREE バランシング ローション (エンリッチング)
心地よいとろみのあるテクスチャーで、うるおいに満ちたふっくらとした肌に。
天然由来率:88%

THREE コンセントレート クリーム
天然由来率:86%
美しい肌をつくるために必要な植物の恵みを、余すことなく注ぎ込んだ濃密クリーム。ローズをはじめとする5種の精油やボタニカルウォーター、植物エキス配合で肌にうるおいが満ちて、ふっくらした豊かなハリを実感。みずみずしさが湧きあがり、透明感あふれるしなやかな肌に整えます。手のひらでやわらかくとろける、リッチでコクのあるテクスチャー。肌を引き上げながらマッサージするようにつけると、肌を引き締め、リフトアップしたような端正な印象に。


化粧水は正直・・・ちょっとニガテ。
アルコールの香りが強く出てしまったのが一番の理由。
私の肌には潤いもちょっと足りなくて・・・。肌の奥でひりひりとするような感覚がある。

コンセントレートクリームは香りが好きです。
香りの好みのバランスって不思議。オイルも甘さのない香りなんだけど、同じようにきりっとしたこのクリームは好きな香りになってる。
肌はふかふかしますが、潤いはすこし物足りないかな?
でも肌馴染みも良く、肌に溶け込むテクスチャも好き。

基本的には、積極的効果を謳うほかのブランドのように、肌に透明なメイクするようなスキンケアではないので、手ごたえを得にくいかもしれないけれど、ライン使いするより、好きなものをぽんぽん取り入れるほうが楽しめそうな気がします。
一つ一つの個性も、そのほうが生かされるような?

これからも、楽しみなブランドです。

Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

O HUI Cell Power No.1 ★

JUGEMテーマ:韓国コスメ
 

O HUI Cell Power No.1・・・これ、もう紹介したかと思ってましたが、まだでした。

韓国お得意の幹細胞コスメです。
箱が化粧品してなくて、サイエンスっぽさ全開です笑。




ES細胞核心成分を再構成したSC No.1が高濃縮配合されています。
っていってもなんだかわかりにくいですけれど。
皮膚の根源から細胞のパワーを高めて、肌に活力と細胞の再生を促し、肌に明るさと透明感、瑞々しさを与えるというものです。

EGFやカタツムリの成分は、皮膚再生成分として韓国でもすっかり定着してきてますけど、幹細胞は・・・肌表面どころか、臓器とか、血液とかの細胞再生を促す自己修復の機能研究です。医療面では移植用に活用を研究されてますよね。

政府レベルで美容研究が推進される韓国ならではの最先端です。

いわゆる先行型美容液で、洗顔後1番はじめに使うことで、本来の機能のほか、次のスキンケアのパフォーマンスも高めるそうです。

ちょっとゆるい粘性の半透明エッセンスで、ぬるんとしたテクスチャです。
最初浸透しにくいように感じましたが、ハンドプレスするうち、すうっとキレイに吸収。そのあと化粧水を馴染ませるとぐんぐん吸い込みます。
この感じが面白い。別にブースターというわけではないのでしょうが、肌が柔らかくなっているのか、ホント良く入っていくのです。

確かに肌が安定して、いい状態が保たれます。
いやー、先行美容液はこのところあたりがこれといってなかったけど、これはいいかも。

使い始めたのは12月に入ってからですから10日くらいですが、調子がすごく良いのです。
肌のキメが整って、滑らかになります。
感触ももちもちしてくるし・・・。
そして気になっていた細かなしわのコドモみたいなところが、ハリを戻してきた!
これが肌表面に効くEGFとの違いかも。深部に影響を与えた?

しかもコストパフォーマンスも優れています。
これ、販売価格はW85,000ですが、実は・・・。



スペアがついております♪
35mlの本体と、同量のスペア。



なお、O HUIのプレステージラインThe Firstにも、よりアンチエイジングに効果をもたらす幹細胞コスメがありますが、最初の体験ならこのお手ごろ価格でいいのではないでしょうか。

今年使ったスキンケアの中では、エンプラニのレチノx8と同じくらいの感激です。

香りもそんな気になりませんね。
不思議な・・・ほのかにポカリスエットのような香りが笑。

なんとなく、ターンオーバーにも利いてる気がする。
12月にはいってから無駄なざらつきがないので・・・。
これまでは週2くらいチューンメイカーズのEGFを化粧水に混ぜて使ってたんだけど、全然必要ない。

スキンケアモノはなんだかんだ肌が慣れる感じになるので、一つ使い終わったら別のを使って、とやってるので、今のボトルが終わったら一度別の先行美容液に変えようと思ってます。スペアつきだから便利ですわ♪
Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

ASTALIFT JELLY AQUARYSTA.

JUGEMテーマ:気になるコスメ
 
VOGUE NIPPONの副編集長・麻生綾さんのブログで気になっていたアスタリフトのジェリーアクアリスタ。

富士フィルムさんがCMを相当打っておりますので、「肌が食べるジェリー」というキャッチコピーで気になっている方も多いかも。



モニターに申し込んだことをすっかり忘れていたのですが、当選しておりました。
なんと現品。申し込んだときは、てっきりトライアルサイズとかパウチかと思ってたのでびっくりです。
富士フィルムの意気込みを感じます。



ジェリーアクアリスタ 40g 9,450yen

アスタリフトは非常に抗酸化力の高い「アスタキサンチン」を安定的に配合した富士フィルム渾身の化粧品ブランド。

富士フィルムの主戦力品は当然フィルム。フィルムの成分になるのがコラーゲン。フィルムの褪色(抗酸化)を防ぐのがアスタキサチン。薄いフィルムの中に安定的に成分配置するための技術・超微粒子化。

美容アイテムに必要な研究を、異業種で長く行っていたということ。
逆にコレだけの研究機関を持てば、新規参入といっても、現在数え切れないほどあるネット主戦のコスメ業者とは状況が違うように思います。

さて、このジェリーアクアリスタ。
肌のセラミドと同じ構造のヒト型セラミドを独自に開発し、極小ナノ化して高濃度に配合。

洗顔後まずこのジェリーを使うことで、肌にセラミドをたっぷり補給することで潤いを満たし、次のスキンケアの受け入れ態勢も整えるというもの。
ヒト型セラミドは肌本来の潤う力に押し戻そうとするサポーター。
そしてアスタキサンチンという抗酸化=老化に抗する成分を含むことで、アンチエイジング対策にもなるということ。

非常に特徴的なのは、この2成分だけではなく、テクスチャそのもの。
自己復元する不思議なジェリー形態。
掬い上げても、その跡がすばやく戻っていくのです。

ぶるんと強い弾力があるのが、写真からわかってもらえそうですね。
なんていうか、ペクチンで作るゼリーっぽいのです。




こちらで実際の様子が動画で見れます。
この性質によって、いつも水面がキレイになっていて、使うほどに水位が下がる。

ちなみに赤いのは、アスタキサンチンの色。
韓国のスキンフードにサーモンの化粧品がありますが、アスタキサンチンたっぷりのオキアミや赤い藻を食べている鮭が、あの身の色になるというわけです。

さて、実際使ってみてどうだったのか。

非常に面白い商品だけど、シンプルなコンセプトが好ましくもあって、かなり期待もしてまして。

実際使ってみたら、潤いキープ度は、先行型美容液の中ではかなり感じられる。
抗酸化力はどうなんだろう?これを使う間はレチノールを併用せずに置いたのだけど、正直たるんできた気がする。コレひとつでは、正直難しいと思う。

そして・・・これは好みもあるんだけど・・・・正直、使う間あまり楽しくならなかった
コスメって、効果ももちろんのこと、私は使い続けるとしたらやっぱり、感触や香りなどの感覚面も大きく重視しちゃうことなんだけど。

このジェリー感触が実は私はあまり好きになれなかった。
肌のなじみはいいし、浸透力も高いのですが、なんだろう・・・ジェリーを指先に感じる瞬間が少しニガテなんです。

そしてもうひとつ。
香りはダマスクローズオイルが配合されているのですが、コレもちょっとニガテ。
バラの香りって個性が色々あると思うのですが、これは私の好きなバラではなかったのです

それとこれは使用量が大体10mmのパール大だそうなんですが、それだと正直足りないの。
するとコレ1つで1ヶ月もつかな?という容量なわけです。
そうするとちょっと割高感も感じたりして。

あと、全体的に気になったのは、やっぱり・・・野暮ったいかな、デザイン。
パッケージ、簡素は簡素なりにもうすこし色気が欲しいところ。

たとえばスパチュラひとつでも、ちょっと位愛想があってもいいんじゃないかと思うのです。



手前がこのジェリーアクアリスタのスパチュラ。
親指半分の大きさで、小さくて薄いので、持ちにくい。

後ろにあるのは、韓国のダナハンのクリームについていたものですが、結局そっちを使ってます。

そういった点も含めて、たぶん恋に落ちるには足りなかったのです。
潤いだけは気に入ったんだけど、それが心を占めるほどじゃなかったのね。
でも、本当は誉めたい気持ちもあるんですよ。
いい商品だっていう思いもある。

でもね、ほら、恋人がなくて寂しいからって、性格の合わないヒトとお付き合いって言うのは性に合わないのですよ。
ついでに、このように良くしていただいたのなら、なお正直に接したいものです。
モニターってそういうものなんでしょうからね。

ただこの商品の口コミは随分いいのです。
だから、皆さんがお使いになるにはいい効果が得られるのかもしれません。
面白い商品ということだけはいえますので、まずはトライアルをお勧めいたします。
500円です♪

ジェリーアクアリスタ うるおい実感キット→



Posted by なつしろぎく | comments(2) trackbacks(0)

CLARINS Lift-Affine Visage


今日は3月29日ですよね・・・。なんとまだ来月のシフトが出ません!

昨日所長がやっとの思いで作ったシフト。
ところが新しく来る方の2人が、「この日はちょっと・・・」というのをいくつかおっしゃられたようで。

ただでさえ4人のベテランが数日前に異動決まって大変なところです。
その上、残った7人のうち、小さな子のいるお母さんが3人。
うち、私を含めた2名がパートです。

その事情は新しい方には関係ないことだけれど、所長の苦労を見ると、事前に連絡した際にわかっていたことなので、先に言ってくれたらいいものを・・・と思わずにいられませんでした。

所長はA型で難しい気質の人なのだけれど、みんなの余暇についてはできる限り要望を聞いてあげてるから、感謝です。

まあとにかく、わたしもいろんな引継ぎを沢山受けるようになったし、自分の受け持つ事業のスタート準備に追われています。
疲れがどんどんたまってきたところで、肌もダウン。
肌のたるみが目立って、毛穴満開の肌になってるじゃあありませんか・・・。

そんなとき、クラランスのリフトアフィーヌヴィサージュ。
随分前からあるし、クラランスの人気の1品じゃないかな、と思っているのですが、フェイスラインを整える働きがあります。
 肌の引き締め効果があるので、むくんだ日や肌のハリがない日に使います。
これは何度かリピートしていて、家においておくと便利に感じます。




乳液のようなジェルで、浸透力がよく、する〜と肌に入っていく様子が好きです。
そのあとマッサージを少し。
クラランスのリンパマッサージのメソッドが小冊子になってついてます。

なかなかルーティーンにするのは難しく、最低限のことを必要な日にやるだけなので、本当はどう効果が出てくるものなのかはわからないのですが。

どうにもこうにもダメな肌のときは、すこしピンとさせてくれるこのジェルが欠かせません。

若干す〜っとした清涼感があり、これからの時期は特に使いやすいです。
冬は・・・ちょっとね。

ただ、アンチエイジングのものではなく、一時的に表面を整えるようなアイテム。
そこは期待しすぎちゃいけないですけど、いつも以上に肌がむくんでたり、たるみ毛穴がさらに目立ったりするときに、とりあえずの応急処置。

調子悪かったというところがわりとカバーされますので、お助けアイテムだなあとつくづく思います。

個人的には似たような感じで使うアイテムとしては、韓国のIOPE(アイオペ)のレチノールNXマルチコレクティブセラムがあります。
これは朝でも使えるタイプのレチノール配合美容液。

ただ、レチノールって扱いが難しいし、肌が弱いときはあまり効果的じゃないな、と思ってるので、肌状態に合わせてどっちか使ってます。

リフトアフィーヌヴィサージュは・・・ただ、香りがね。
クラランスの製品はいずれも独特の香りがあり、それに癒されるときもあるんですが、この美容液の香りは、体調によってちょっと私にはきつい感じがします。香りに強い私がそうなので、香りが苦手な方は、要注意でしょうね。

ハーバルはハーバルなんだけどね・・・。

春は、大変です。変化が多い。
でもまあ、これまでこんなことは乗り越えてこれたわけだから、たいしたことじゃないか。

今日のお休みは思いっきり楽しみます。

Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

美容液。

JUGEMテーマ:おすすめコスメ類
 

今使っている化粧品の記録・その2は美容液。



左から

HANSKIN リペアアンプル E.G.F 30ml
HANSKIN V17.5 スーパーアルファセラム 30ml
TUNE MAKERS プラセンタエキス 10ml
皮膚科のハイドロキノンクリーム 10g


ハンスキン リペアアンプルについては→で紹介済みです。

その後どうかというと、やっぱり調子よかったのです。
結局これが無いのとあるのとでは、あったほうが肌の調子がいい。
最初は効果テキメン過ぎて怖い!と思いましたが、そのうちやっぱり肌が慣れたのか、ほどほどに効くようになりました。

そして使い方・・・トナー後と、乳液後の2回。クリームの後でもいいのかな?サンドイッチするのがいいとか。

たま〜に使わない日を作ったり、疲れ肌の日は多めに使用したり。

特によかったのは、目元のふっくら感でしょうか。

EGFってイイ、と確認した1品。
そのうちEGFってコラーゲンやヒアルロン酸くらいに汎用されたりして。

お値段は29,000ウォンですが、コリア門さんでは1900円ちょっと。
初めてEGFを使う人には、トライしやすいお値段ですよね。

これで物足りなくなってから、もっと高配合のものを使うのでも遅くないだろうし、必要なかったら使わなくてもいいのじゃないかしら。

30mlのわりにけっこう持ちがよかったのですが、今はもうほとんどないですね。
今は代わりにH4uのEGFローションを使用しているところです。

これをリピートしようかと思ったのですが、ほかに必要なものが沢山あるわけではないから、これ一本だけ取り寄せるのもなんだなあ・・・と思って。


同じハンスキンのV17.5 スーパーアルファセラムは、ビタミンC17.5%の高配合。
なので朝は使えません。夜だけ化粧水の後、リペアアンプルの前に、目口の周りをさけ使用しております。

その他カモミール抽出物、グレープシードオイル、パンテノール配合。

VC誘導体だと乾燥が激しくなるのですが、こちらは特に問題なく使えました。
むしろ他のスキンケアの吸収をよりよくする作用さえあるように思います。

VCというとシミに効果的・・・と期待しそうなのですが、どちらかというと、もうそのまま「肌のビタミン剤」という感覚で使用している一品です。

具体的な理由というより、使っているほうが使っていないときより調子がいい、という、これまたリペアアンプル同様のことなんですが。肌荒れしにくくなったような気がするんですね。

少量生産なので、売り切れ状態になっちゃうことが多いです。なので購入するときは2本まとめて買ってます。

そして、肌が敏感なときはヒリヒリするので使用しない。

使い始めもヒリヒリ感がありますが、それは何日か使うと落ち着いてきます。
オバジが化粧水の前に使う処方のためか、同じような使い方をする人がいるみたいですが、私は化粧水できちんと下地を作った後で使うほうがいいような気がします。

冷蔵庫保管しないといけないので、疲れたときはすっとばしております


TUNE MAKERS プラセンタエキスは、時たま化粧水などにプラスして使用。
プラセンタが好きというより、TUNEMAKERSが好きという。

もう疲れた!という日にも、段階増やさず肌に栄養がいくというラクさが好きなんです。
ステップを抜いても肌の基礎力は落とさない、そのためのアイテム。

肌の状態に合わせた成分をプラスできるのはラクですね。

ちなみにプラセンタは臭いです。
混ぜちゃえばわからなくなりますけど、とっても悪いことをしているような気持ちになるプラセンタ・・・。
そしてこれも冷蔵保管です。

ハイドロキノンのクリームは、悲しいことに肝斑というイヤなものが両頬にありますので、そのために。
すぐに効果が出るものではないけど、あきらめたくない女心です。

こんなに沢山使うの??という感じですけど、毎日使用するのはハイドロキノンクリームだけ。
基本は肌の状態にあわせて足したり引いたり。

そしていずれもわりとモチがいいのと、リーズナブルということもあって、ベーシックケアよりもCPはいいです。

私の場合ですけれど、化粧水・乳液・クリームが一番大切な気がするんですよね。
だからあくまで美容液は補助役として、必要な状態に応じて組み入れます。


LINK

HANSKIN(韓国語オンリー)・・・すごく重いです

TUNEMAKERS
Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

アミノ酸。

JUGEMテーマ:おすすめコスメ類
 

TUNEMAKERS、すっかりはまってます。
人気があるわけが分かる。自分の欲しい機能をいつものスキンケアにプラスワンするのって、新しいアイテムを購入して試すよりもリーズナブルだしラクチン。

なのでネットでいろいろ買ってみたのですが、特典でいただいたのがこちら。



NMF(天然保湿因子)アミノ酸配合。

現在商品としては販売していないらしいのですが、これわりと良かったのです。
使い方としてはTUNEMAKERSの他のものと同じで、化粧水などに2.3滴。
手持ちのスキンケアの保湿力を物足りなく思うときに。

私はよく、気に入ってるけど、冬のこの時期には保湿力が足りない〜!というものが多いので。

今ベーシックで使っているのは雪花秀&AMOREPACIFICです。
いずれも保湿力には定評があるけど、やっぱり乾燥するんですよね〜。

なので雪花秀は化粧水に、AMOREはフルイドにプラスして使ってみました。
どちらも持っている良い点はそのままで、確実に保湿力だけ底上げされました。
肌の柔らかさにも効果あり!

自分に合う美容液を見つけるほうがよっぽど難しいので、原液コスメってホント便利。
しかもあれこれ塗りまくるとどうしても肌が重くなる感じになるもの。
シンプルなケアに出来るならそのほうがずっとラクだし心地いいもんね。

チューンメーカーズさんに問い合わせしてみたところ、廃盤のこちらの代わりとしてはセラミドがいいようなのですが、前に買っていたヒアルロン酸を開ける前にこっちを使い始めたので、とりあえずNMFあとはヒアルロン酸を使って比べてみます
Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others