スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

HERA Rouge Holic (Limited) ♪

JUGEMテーマ:韓国コスメ
 

HERAの冬「シークレットセント」 限定のルージュホリック2色です。



限定版は黒いケース。通常版は赤。
でもどちらもなんとなーく渋い・・・ですよね。



ルージュホリックは好きな口紅ですが、パッケージはもうすこし愛嬌が出るといいかな、と思ってます。
でも、ルージュ自体の質はとても良いのでオススメです。


では色のご紹介。



#421 ベージュピンク



少し青みのトーンにあるクールカラー。

#521 シークレットレッド



ゴールドのピグメントがキレイな深みレッド。私の本命です。
これは思ったとおりの色でした!





クラシカルな赤。濃厚な色だけど、少しベリーを溶かしたような優しさがあります。

でもこれだと美しいゴールドパールが見えないですね。

ということで手のひら側に乗せてみました。



ゴールドが光に当たると輝いてキレイです。
ゴールドの入った赤が一番好きなのですが、こればっかりはウェブで画像見てもわからなかったから、思っていた以上にストライク。

それとしっとりした艶があってシルキーテクスチャー。付け心地の良いルージュですよ。

これがうちに来た日から、ほとんどこればかりつけていました。
他にも秋から何本か赤を買い続けたのですが、一番気に入ってしまいました。



一番左が先日紹介したイニスフリーの赤。その隣が今回のルージュホリック。
右2つはエレガンスの秋新色ルージュでまだ紹介できていなかったのですが、ピンクっぽい赤とブラウンレッド。
赤好きでなければ、こんな風に赤をあれこれそろえたりしないものでしょうか・・・笑。9月から毎月そろえていった感じです。しかも写真上はあんまり色差がわからなそうだし。全然違うんだけど。

いずれも好きなのですが、ルージュホリック#521シークレットレッドはちょうどいずれのよさも全部盛り込んだような感じ。しっとり落ち着いた雰囲気にもなるし、華やかさもあるし。

この色をつけて、黒いコートを着れば、特に冷え込んできた冬の空気の中に出ても、しゃんと背中が伸びます。

口紅を買いにいくと絶対に赤を勧められるので、しばらくあえて違う色を選んでいたんですが、やっぱり赤はいいです。はい。

さて、もうひとつのベージュピンク。
1回より数回往復させ発色させるほうがキレイ。



クールトーンで青みが少し感じられます。



こちらも艶がきれい。
均一に色が塗れて、見たままの色で発色します。

名前が「ベージュピンク」で、そのままという色でしょ?
ピンクが強くなくて、ベージュ過ぎないという。

でも、つまり血色がない唇になるから、私には難しいんだけど・・・なぜ買った?

これを使うときは、ベースメイクを少し慎重にしないとな、と思いました。
くすみはきちんと退いて、マットにならないよう、つるんとした肌感にしたい。
乾燥強めのこの時期は大変なんだけど・・・。

内側から発光するタイプの下地とアモーレパシフィックのタイムレスポンスファンデーションとあわせることが多いですが、唇の合わせ目部分だけに少しシークレットセントグロスをつけて、血色足します。青みが合うのでちょうど良いみたい。
あとは赤みの少しあるベージュグロスでキラキラを足したり。

つかってるうちに、意外と何とかなるもので、工夫は必要なんだけど、モードな感じに作りやすくていい色だと思います。

どっちがお勧めかというと、間違えなく赤だけど笑。
このベージュピンクはシークレットセントブラッシャーとの相性は赤よりいいかも。

ルージュホリックはW30,000なので、今のレートだと現地で購入するのがかなりお得でしょうね~。
艶感キレイだし、滑らかで。角質剥けしにくくて荒れにくいしね。口紅が好きな人にはオススメです。

ただレギュラー入りしているカラーは発色が濃い目のものが多くて、色傾向もしっかり韓国の流行を追ってきた感じがする。紫とかオレンジとか、濃ピンクとか。あまり個性のある感じはなく、物足りなさがある。



でも、レートでお得な値段で手に入るなら、やっぱり限定カラーはとりあえずチェックします。
せっかくモデルがシン・ミナちゃんになってメイクの幅が出てきたのだから、色展開がんばって欲しいな〜。

Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

HERA Secret Scent Gloss ♪

JUGEMテーマ:韓国コスメ
 

HERA・冬のメイクアップ"Secret Scent"より、まずは唯一のリップグロスを紹介です。

HPではこんな画像でした。




さてまずはその鮮やかなカラーをご覧下さい。



HERA シークレットセンスグロス #121 チェリーピンク

名前もカラーもそのままなチェリーピンク。透明カラー。箱から出して、ボトルに入ったこの状態を見たとき幸せでした。想像より可愛い。これはHPで見たときよりもずっとずっと愛らしく、精練されて見えました。純だけど、そこには手が加わっている、絶対の純だからじゃない強さの感じ。

それがまた、すっきりしたスクエアボトルだから、甘さが引き締まっていいですね。
でも、このボトル、実はほんの少し、内側の曲線なんです。まっすぐじゃなくて。それはシックな女性美という感じ。

ほんのりちらちらの透明なラメが見えます。塗ってしまうとわからないのだけど、見た目としては聖夜の星のような印象になって、それもまたよいのです。



さてこのグロス。
HPでの説明文はこう。
「神秘的で神々しいチェリーピンク感にティントとグロスのデュアル効果を与えるグロス」

えらい仰々しいのだけど、大事なのは「ティントとグロスのデュアル効果」。ティントは着色したように染めるリップカラーで、グロスは輝きを与えるもの。
もともとHERAではこういうものが出ていました。



リップグロスデュオという商品で、オータムではコーラルカラーを限定で出していましたが、これはスティックバームタイプのティントと重ねるグロスが1つになっているもの。

サンプルでいくつか韓国コスメのリップティントを試しましたが、唇そのものを染める感じなので、発色が際立ち艶なく仕上がるものが多く、グロスは必須。これはそれをまとめちゃってるので、HERAらしいコンパクト商品。

でも今回はグロスの質感を生かしてのティント。試してみたくて購入しましたが、これが思ったより気に入ってしまって。

それでは色や質感はどんなふうか、お見せしますね。




この状態だとほんのり色がある程度で、水飴とゼリーの間のような感じです。
しかし唇に乗せると赤みがあってキレイなチェリーカラーになります。



HERAのHPよりお借りしました

私の唇は赤黒いのでここまでキレイにならないんですけどね。

ロードショップブランドのティントを試したときは、荒れた角質の上にムラになって溜まることがあって、あまり均一な感じがしなかったのですが、このグロスはきれいにムラなく広がって、発色も良いです。

発色のよさはティントの特長を生かしつつも、平坦な色の出方ではなく、ムラがなく、ジューシーで柔らかそうな唇になり、グロス感がしっかり出て、色そのものは透明感がありながらも鮮やかさはあって、カジュアルなコスメではなく、きちんと作られた大人のためのティントでグロスなのです。

いままでのインクのようなティントの印象があるかたには、絶対おすすめです。これはまったくそうならないのに、発色はしっかりするんですから。

ちょっと見ると昔のフューシャピンクのような色を想像する方もいそうですが、私自身はフューシャの明るさ・鮮やかさは持ちつつ、青みは余り目立たず、赤みピンクが血色よさを出してくれるので、かなり使えるアイテムになっています。

ティントにありがちなのですが、色素が唇にしっかり染み込むような発色をする性質のためか、直接塗るとピリピリするのと、やはり色残りは少し心配なので、ワタシはリップクリームのうえから使うか、ルージュに重ねて使ってます。

一緒に買った、ルージュホリックの限定色#421ベージュピンクにあわせてみました。



ベージュピンク自体は少し青みだってベージュも強めなので、クールな印象になりがちなのですが、このグロスとあわせることで、ほんのり淡いさくらカラーになります。
そしてルージュの上に載せることで、ゼリーのような艶感も生かします。
このグロス、潤い溢れる見た目を持ちながら、実はべっとりしないでさっぱりした感触なので、非常に軽い感覚を維持します。良くあるポリマー感はありません。

そうはいってもティント。
リップクリームナシでのせた↑のあとは・・・



ちょっと残ってますよね。
スパチュラなどにも残りますよ。
もちろんこれは、リップ&アイリムーバーでちゃんと落とせるので、使うときにはリップクリームやクレンジングの注意を怠らないようにする必要があります。

そういうメンドウはありつつも、本当に使い勝手よく、質感よく、軽い付け心地で色も気に入ってという4☆グロスになりました。

一色しかないのが残念だけど、私と同じで赤みピンクが得意な人にはオススメです!

ちなみに香りはキャンディのような香り。
フルーツキャンディではなくて、水飴のような甘い香り。口につけてしまうとわからないのだけど、見た目だけでなくて香りも水飴。繰り返しますが、テクスチャはベタベタしません。


Posted by なつしろぎく | comments(4) trackbacks(0)

LIVING SENSE でSEPのリップパレットを・・・。

JUGEMテーマ:韓国コスメ
 

大分前に、新大久保のコリアプラザでリビングセンスを見つけました。
リビングセンスのミニを先のソウル旅行で友達にもらって、結構楽しかったので、ついつい購入。
でも値段はAllureと変わらないかと思いきや2,400円・・・><。
内容はすごく面白かったけど・・・実際がW9,800だから、やっぱり現地で買いたいですよね。



おまけはSEPのリップパレット&秀麗韓(スリョハン)の発酵ライン「酵(ヒョ)」の発酵酢エッセンス1/4サイズサンプル。



特にSEPは韓国のネットショップ商品、そうそう試せるものではないので、うれしいです。
クリエイティブディレクターは有名MAのキム・スンウォンさん。
彼は、FOXTVで放送しているGet It Beautyに出てきましたね。

SEP=Simple Easy Perfect
アーティストブランド「風」といったらよいか、クールな感じを出したすっきりしたデザイン性が目に留まりますが、HPを見ると色そのものはあまりとんがった感じはないですね〜。誰でもとっつきやすそうな展開で、値段もわりと買いやすい価格帯。

大手CJのショッピングモールで販売していて、エンプラニが作るとなると、無難になっちゃうんでしょうか。

さて、このリップパレットはどうやら夏のコレクション。
ということで、秋にはちょっと不釣合いなビビッドカラーになっていました。



上の4色が口紅で、一番下はグロス。
口紅はオレンジ・ピンク・ベージュ・パープルのトーンで、柔らかい質感。グロスはカラーレスで七色に光るラメが含まれています。薄くつくので、なかなか使いやすいです。

色を手に出してみたのですが、電灯の下で取ったのであまりキレイじゃないです。
手もシワシワで申し訳ないですが。

温暖色の蛍光灯で撮影。




透明グロスがほとんど見えませんね〜。
パレットを見たときよりも、手に出してみると以外に色はくどくないのです。
シアー感もある。

白い蛍光灯の下。



やっぱり通常の蛍光灯の下って、色が青みが立ちますね。

個人的にはちょっと難しい色なんですが、工夫してみようと思います。
口紅の質感やシアー感はかなり良くて好感触。

やわらかくて滑らかなふっくり唇になります。

ただ、有名メイクアップアーティストがついている割に、面白さがいまひとつだと思うのですが。
もう一ひねりほしい気がしますね〜。

あ、ケースはなかなかきれいでした。



きらきらブルーがきらめく、素敵なケースです。


Posted by なつしろぎく | comments(2) trackbacks(0)

innisfree eco essential lipstick ♪

JUGEMテーマ:韓国コスメ
 

Allure KoreaのLUST VS MUSTで、赤い口紅のMustとして紹介されていたのが、イニスフリー(innisfree)のエコエッセンシャルリップスティックの#20「燃えるようなもみじレッド」でした。

赤い口紅が欲しかったワタシは、早速購入。名前が可愛い上にW12,000・・・日本から購入してもコリアデパートで950円ですから。

まず、このエコエッセンシャルリップスティックはケースが可愛いのです。



このナチュラルなペーパーボックスもいいのですが、さらに。



カバーの下からもっと可愛い、さらにナチュラルな箱が出てきます。

リップスティックの見た目も「エコ」の名前に似合ってシンプル。



プラスティックケースなのでおもちゃっぽさがあったり、物足りない感じがあるかもしれませんが、ワタシは変に柄があったりするよりいいです。カラーリングしているものは、色が安っぽかったりもするし、剥げるときれいじゃないから・・・。

さて、紅葉が燃えるような色って?



いきなり爪で傷つけちゃったんですけど・・・。
こう見るとちょっと黒っぽさのある赤に見える。
思ったより重い赤?と思ったのですが・・・

手に出してみると。


今回は口紅が悪いわけではないのに、不必要に悪く見えるくらいの手の荒れだったので、写真に少しスムースかけてます><。


明るい赤。
可愛い赤。
苺が赤~く熟れているときみたい。

ちょっと光を変えて見ます。



少し暗くはなりますが大きく印象は変わらないです。

赤らしい赤・・・シンプルな色です。

このリップスティックを買おうと思ったのは、Allureで惹かれたというより、90%ナチュラル由来というところでしょうか。



この価格で、がんばってる!
無パラベン、無タルク、無人工香、無シリコン、無ミネラルオイルです。

チェジュのみかんオイルが配合され、しっとりしたタイプ。
この配合のためか、みかんの皮の香りがするのですよ。口紅じゃないみたい笑。

ナチュラル系リップには良くあるように、塗るときの滑りは多少悪いのだけど、塗ったあとに印象が変わります。

塗ったあとでオイルが体温でじんわり溶けるように、艶がゆっくり出てきます。
乾燥しなくて荒れもなし。うーん思ったよりいい!

ラグジュアリーな口紅に比べれば密着感や色調、立体感は物足りないのだけど、付け心地軽いです。最近シャネルの口紅でもぴりぴりするときがあるので、慎重ではあったけれど、うれしいエッセンス効能。

このリップスティックなら、似合う色が合ったらまた買いたいかも。
買うなら現地で色を見ないとですね。思ったより明るい赤だったから、ちょっとカジュアルな感じがするんです。

とはいっても、結構使ってます。
グロスを塗った後でほんのりこの色を置いて使ったり。
休日ならグロスなしてしっかり色だしして、ゴールドベージュ単色仕上げの目元とあわせたりしてます。

メイベリンとか使うと荒れ荒れになってしまうのだけど、同じくらいの価格で(今のレートならもっと安いけど)、使い心地の良いものを見つけられて満足です。


Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

banila co. de la Rouge RG02 Gisele♪

JUGEMテーマ:韓国コスメ
 

banila co.のルージュは発色がきれいだし、魅力的な色も多い。
でもお手ごろ。

そしてパッケージも楽しめるのが良いのですよね。
最近はちょっとポップになって、あまりはまるものがないけれど。
このルージュのパッケージがいちばん好きです。



ド・ラ・ルージュ RG02 Gisele W15,000

シルバーブラックに黒のレース、メタリックピンクの文字。
魅惑的な箱!こういうものは捨てがたい。実際捨ててないのですけれど。
さらにすばらしいのは。




実はこれがカバーで、内側に本当の箱が。
こちらはレースがレリーフ。こんな細工と遊び心のあることをするだなんて。

banila co.の好きなところは、商品そのものに終わらず、パッケージも手を抜かない、こういう部分なんです。

本体にも麗しいレース柄。
使うたびに気分が締まるような気がします。



さて、パッケージを誉めるだけではなくて、中身も気に入っていることの説明。
このジゼルというカラーはサテンコーラルになるそうですが、オレンジが強く、パールはあまり目立たない。
赤みも強いので、オレンジレッドにコーラルが混ざっているような感じでしょうか。



見た目のままに近いカラーです。



華やかな色なので、日本人好みとは思わないけれど、これを塗るとぱっと華やかになる。

感触は滑らかで、発色もきれい。
艶はほどほどで、しっかり付くタイプです。

ただ、やっぱり韓国女性のあの肌ほど、似合う人はいないだろうとは思うけれど!
白肌ほど、メイクの自由なものはないもの。
Posted by なつしろぎく | comments(2) trackbacks(0)

唇が荒れたときに。2

JUGEMテーマ:おすすめコスメ類
 

ヘルペス&落ち着いた後に荒れまくった唇。

こういうときに、依頼を受けていただけるかどうか交渉をしに行かなくてはいけない・・・ということで、さすがにメイクナシは苦しいと思い、自分にとって刺激の少なそうなリップメイクを目指して選んだUNE(ユヌ)のシアーリップバーム→

これはこれで、しっとり落ち着いた色味で、バームというだけあってリップクリームのような使い心地。でもさすがにややカジュアルか・・・と思うところもあり、グロスも重ね付けように購入。



UNE(ユヌ) シアーリップグロス #S03

こちらはリップバームよりもワントーン明るい色を選びました。
柔らかいピンクベージュ。
少しオレンジというか、コーラルのような色も含まれているような感じで、それゆえ肌色に馴染むのだと思います。ほどほど赤みがあるのもよし。

こちらはチップタイプではなくブラシ。



チップタイプよりブラシが好きです。
もともとスパチュラや綿棒に出して使うほうですが、外出先で忘れたときは、筆タイプのほうが口紅を削らずに使えると思うし、チップってなんとなくチクチクする感じもありますし。

このブラシは必要以上に取れないところが良いですね。
コシがなく柔らかいので、私と真逆でお気に召さない方もいるかもしれません・・・。

さて、このグロス。
もちろんこちらもタール系色素不使用・天然由来成分100パーセントでエコサート認証。
合成ポリマーもミネラルオイルも不使用なので、もちは良くないながらも、唇の薄い皮も呼吸できるような軽さ。
その上、こちらも使うほどに調子が上がるのがわかります。

ただ、その分少しオイルっぽい質感なので、それは好みの分かれるところかもですが。
香りも油のにおいがするような感じはありますが、つけたときだけ気になるけれど、わりと早く飛ぶと思います。
また、例の「トマトの葉」香料が、少し甘さでやわらげてくれるので、比較的使いやすいほうです。
どちらの香りも、今までのナチュラル成分のリップカラーより優しい香り。



色はこのように、不透明度が高いです。ミルキーというか。



(手荒れでキメ壊れがひどくてお恥ずかしい・・・)

可愛い色です。キレイ。
でもはしゃぎ過ぎないので、私みたいな年齢にはかなりうれしい。

不透明度が高いといっても、地の色のS05の赤みにちょうどよく混ざって、血色の良いくちびる、それもふわりうるりという、うそ臭くない柔らかさの演出・・・。

「うそ臭くない」。これが重要。

このグロスも12Mでした。



オイルとピグメントが分離する可能性はあるけれど、こちらも気に入って塗りなおししてばっかりなので、わりとすぐ終わっちゃいそうな気もする。
パールの入ったグロスもあったので、それも試したいな〜。

さて、このバームとグロスの2本柱で乗り切った、ヘルペス後の荒れ。
もちろん、絶賛ヘルペスぶにぶにのときは避けたほうが良い。でもどうにもメイクナシでは務まらないシーンでは、わたしにとって救世主的なアイテムでした。

もちろんこれが誰にでも合うことではないので、より敏感な唇をお持ちの方や、症状によってはまったく使用しないほうがいいのだと思います。

わたし、こういうところは向こう見ずに進む人なので。でも結果は良好でよかった。
さらに、荒れの回復が断然早い。

お気に入りアイテムがさらに増えて、煩悶も増えるという悩みに打ち震えるのでした・・・★



Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

唇が荒れたときに。

JUGEMテーマ:おすすめコスメ類


わりと唇にヘルペスができやすいんですが、先日も下唇ど真ん中にがっつりできました。
最近はDSでヘルペス用の塗り薬が買えますから、皮膚科に行かなくてもすぐ対処できるんですが、結構直るまでに時間がかかるし、ヘルペス自体が落ち着いても、唇の荒れっぷりがかなり長引いたりするんですよね。

そのうえ、そういうときでも化粧しないわけにはいかないシーンはあるわけです。

口紅。
普段から荒れるのをわかって使っているものばかりです。
幸い荒れても口唇炎になるほどではないのですが。
ポリマーたっぷりなグロスも、使えません。

あわてて購入したのはUNE(ユヌ)のリップカラーアイテム。
前々から目をつけていたけれど、地味めヌードカラーばかりだったために、普段はなかなか手が伸びなかったのです。



購入したのは
UNE シアーリップバーム#S05 
UNE シアーリップグロス#S03

いずれも赤みのあるヌードベージュ。
ヌードカラーのグラデーションで色展開をしているUNE(ユヌ)ですが、リップカラーのナンバーは全種共通になってます。

100パーセント自然由来成分でできているので、タール系色素を使っていないのはもとより、シリコン・合成ポリマーもミネラルオイルも入っていません。当たり前の顔でエコサート認証マークがプリントされている。

とりあえずまずはリップバームの紹介を。



リップスティック状のアイテムは、UNEでは3種出ています。
シアーリップバーム・カジュアルマットカラー・リップトーンカラーという展開。
カジュアルマットカラー&リップカラートーンはルージュ。シアーリップバームはその名の通り、潤いに特化したトリートメント効果の高いリップカラー。



このように、一見かなり赤みが強い、しっかりしたカラーに見えますが、塗ってみればあまりがっちり色がつかない。



左は1度塗り、右が3度塗りなんですが、あまり濃くならないでしょう?
色つきリップなんていうのが昔からありますけれど、これはそれを上質にして、心地よい使用感にしてくれた感じでしょうか。

唇に伸ばすと柔らかく体温で溶けるような感触。
うるうるのぷるん、とはいきませんが、リップクリームを下地にしなくてもわりと大丈夫。
単独使いなら、仕込んだほうがいいと思いますが、私はこの上にグロスを重ねたので、なくても十分でした。

なにより、荒れない。
痛々しい傷の盛り上がりはさすがに隠せないけど、ぼろぼろの唇の皮もしっとり整えてくれます。

色味は、ヌードカラー+血色。それもくすんだ唇のトーンをすっきり整えて、健康的に見える状態にしてくれます。
イエベの肌に落ち着くカラーが充実しているのが、欧米のナチュラル系ブランドでは珍しくて、日本人にもかなり受け入れられそう。
私はヘルペスのあるところが、ちょっと近い色なのでこの色にしたのですが、UNEはバラエティショップ展開だけに、万人が使うテスターは使う気になれず、手にだけ出して決めた色だったわりに、肌に溶け込むように馴染み、自分の唇そのもののように感じるカラーでした。

程よい赤みが、ヌードと言っても健康さをかもし出して、これを塗って打ち合わせに出向くのに、安心感がありました。

さらに、ポリマーやら鉱物油が入っていないのはこんなに唇が軽いのか!という感動もあり、もうすっかり病み付きになってしまった使用感。

もちろん、そういったものが入っていないということは、もちは良くないということ。
植物オイルなどは浸透もしているのかもね。塗りなおすほど、感触は良くなっていきます。

もちが良くないといや!という人いそうだけど、そうういうものは+と−のバランスですから、唇の心地よい状態を守ってくれるし、口に入っても安心で、と、メリットが個人的には大きかったです。

ちなみにこの手の口紅にありがちな「クレヨンっぽい味と香り」は、かなり薄まってます。
香料は入っているようですが、これも合成モノではなく、なんとトマトの葉っぱを使用したものなんだとか。うっすら甘い香りのような気もするけど、こちらも気になるものではありません。

なかなかきれいめな色のないのがノンタールリップカラーの宿命と思っていたけれど、いつの間にか時代は進んで、いろいろ生み出されてきていますね。

唇のくすみも気になる最近。
そろそろタール色素から足を洗う方向もありかも。。。と真剣に考える一因になったUNEのリップバーム。

そうそう、これ、12Mマークだったのもありがたい。



開封後は6ヶ月、というのも多いではないですか。ナチュラル成分だと。
(ヘレナなどは、思いっきりケミカルてんこ盛りでも6Mですが)
1年あると思うとほっとします。塗りなおし多いので、使いきれる気がする・・・。

お値段も優秀!¥2,100だもの。うれしいなあ。

まあ、そうはいっても、人工色素ゆえに出せる複雑なカラーというものに、抗えるワタシなのかどうか、わかりませんけれども。

グロスもかなりお気に入りになりましたので、次のエントリーにしますね。



Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

Banila co. KISS Scandalist #02 DIVA ★

JUGEMテーマ:韓国コスメ
 

バニラコ(Banila co.)のメイクアップ製品は、お値段で考えるとお手ごろなものが多くてうれしい。
ちょっと若いかな?と思うけれど、それでもつい購入しちゃいたくなるアイテムを見つけてしまうのです。

このKISS Scandalist(キススキャンダリスト)は、ネーミングも魅力的で、スマートでスタイリッシュなリップグロス。使いやすさも含めてこれまでも何本か買ってます。



韓国でのお値段はW9,000(1.6g)。日本の価格はHPに載ってなくて値段がわからなかったのですが、さほど高くは無かったと思います。

プランプ効果があって、ジンジャーかミントかとうがらしかわからないのですが、スーッとするような、ひりっとするような感覚があります。ですので、唇の敏感な方は向かないかもしれません。




このように、キャップの下の部分でカラーがわかるのもすごく便利。
このカラーは#02ディーバ(DIVA)。ただ、現在はリニューアルされているので同じ色ではないかもしれないです。

もち手の下の部分をカチカチッとまわすと上部の穴から適量出されます。
そのまま直接唇に塗ることができるのも良い点。




私の持っているリニューアル前のDIVAは、とっても使いやすいコーラルピンク。
黄味肌の人も白い肌の方も、癖無く使えるニュートラルなカラー。
パールがちらちらっと輝くのもきれいです。



実際つけると、それほど色は濃く出ません。ほんのりな感じ。
ぽってり・ぷっくり、さらに艶も多めで、唇はかなりふっくらして見えます。
プランピングの効果だけでなく、質感でもメイク効果高いです。

もちは普通だと思いますが、チップを直に使わなくてもいいのと(←あまり好きじゃないんです)、持ち歩きに便利な細身なのと、カラーがお気に入りなのとでとっても気に入ってます。
量は多くないので、きれいに使い終わるところも何気に気に入ってます。

リニューアルされたカラーはこのとおり。



Divaはちょっとオレンジが強そうな?
エゴイストはかなり違う色になったように思う・・・。
でもカラーも豊富になったし、これもまたソウルで買い足してしまうかも・・・。

まだグロス買うのかって?
ええ・・・好きなんです。病気かも。

Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

VOV SHOWCASE LIP PLAY GLOSS #1 Yeori Berry ♪

JUGEMテーマ:韓国コスメ
 

VOVのショーケース リッププレイグロスの#1、ヨリベリーです。



ヨリベリーってなんだろう?
「ヨリ」は韓国語なのではないかと思ってるんですが。

こちらもラブリー度の高いカラーです。



くすみのない、パールのほんのりきいたゆるい質感。桜色にちょっと苺を加えたような感じです。



こういうピンクは万能に近いですよね。
すこしはっきりしたピンクの口紅に混ぜたり乗せたり。
高級ブランドのグロスにはもちろん及ばないけれど、日本円にすると500-700円くらいの価格なのですが、キレイめ上品で、小憎らしいくらいなんとも勝手の良いコなのです。



持ちはそれほどよくは無いけど、持ちの良いグロスでもオフィスで水分補給してるうちにどんどん落ちるもの!私はリップクリームみたいにどんどん使ってます。

VOV、韓国行くならDSなどで一度は見かけるはず。
びっくりするほど充実カラーなので、リッチなコスメでは試せない冒険も、こういう安全牌も、両方楽しみたいですよね♪

平子理沙さんなどが使用して人気のあるJadila JもVOVブランドのひとつです。


Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

VOVのかわいいグロス!

JUGEMテーマ:韓国コスメ


ここで恥ずかしいくらい持っているグロスをお見せしてしまったのですが、VOVもたくさん持っていまして・・・。

そのうち、ちょっと年甲斐も無くかわいいグロスをご紹介します。

VOV SHOWCASE LIP PLAY GLOSS



#5 オレンジレイ
#1 ヨリベリー

Gマーケットを見ているとW3,500~7W6,000くらいで販売されてますね。
ショウケース リッププレーグロスはキャンディーカラーが多く、デザインもこんなキュートさで、持っているのも恥ずかしくもあるんだけど、見るとちょっと浮かれる・・・正直。

箱も可愛いのです。



まずはオレンジレイの紹介です。



これはミルキーなカラーで、オレンジではあるのですが、ちょっとヌーディーな感じもします。

VOVの大きめチップを取り出してみると・・・。



こう見ると、ちょっとビビッドなんですが、実際塗るとそうでもないのです。
それでもサーモンのような華やかなオレンジが光の加減で見えたりもして、唇に彩りの存在感を見せたりします。

ちなみにこの大きめチップ、中央にくぼんだところが穴になっていて、そこにグロスリキッドがたまり、一回でしっかり目の量が取り出せる上に、広めの面で塗るのも便利です。

スパチュラに出してみると・・・。



クリーミーな可愛いオレンジ♪
さらに肌の上に乗せてみます。



こうすると、少しネオンな色素も混ざっている感じがしませんか?

このカラー、私の場合は唇が赤いので、これ単体ではちょっと無理があるんです。
唇の赤みに押されて、きれいなサーモンが生かせない。


ほとんど赤い唇のみに見える・・・。

ということで、ヌードピーチな口紅に合わせて使ったりします。

シャネルの#35チンツにあわせるのが多いでしょうか。もうちょっと強いピンクにあわせたりもします。強い色だとその分ヌーディーさが加わって程よくなるので、何かと重宝。

質感は緩めですが、艶は程よくてぷっくりとした感じになります。
ラメもパールも入っていないので、どんなときでも使えます。

そしてこれもVOVのグロス共通なのですが、香りが「おいしい」のです。
サワープラムのような香り、わかりやすくいうとキャンディで昔からある「小梅」・・・あれです笑。

韓国のプチプラコスメって、なぜかおいしい香りのグロスが多いのですよね。
先日後輩に1つあげたら、「すごくおいしいにおいがします!」と嬉しそうにいってましたが、お腹すいたときにちょっといいらしい。。。です笑。







 
Posted by なつしろぎく | comments(2) trackbacks(0)
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others