スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

また糖朝。

 
ダンナと日本橋に行くと、昼ごはんは糖朝ばっかりなんだなあ。



毎回頼むのはエビ入り腸粉。
この日も当然食べました。



野菜も食べたかったので、ゆで青菜にオイスターソースを掛けただけの、シンプルな1品を頼んでみました。



これならおうちでできるやん・・・ってハナシですけど、意外にソースおいしくて。
オイスターソースって、スーパーで買うからいけないのか、これっていうのに出会ったことないんですよね。
おいしいオイスターソース見つけたら、必ず家でもやろう♪

そして初めて手羽の揚げたのを頼んだのですが、これがすっごくおいしかった。



腐乳(フゥルゥ)で下味がつけてあるみたい。
そのためグッと詰まったうまみがあって、お肉はジューシー♪
そして皮のパリパリ感がたまらないのです。

私は揚げ物が苦手なのだけど、これは油っぽくなくて食べられた。
おすすめです♪

最後はおかゆを食べるのがいつもの流れですが、この日は酸辣湯を食べたかったので、春雨入りのを頼みました。
メニューに載ってないですけれど、春雨ではなく酸辣湯麺にもしてくれるんだそうです。



これ、お肉入ってないのがお気に入り♪
酸味はやわらかくて、辛さもそんなにきつくない。
食べやすかったなあ。

おなかいっぱいでデザート食べれなかった。
糖朝っていったらデザートなのにね。

Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

クロイソスの工芸茶。

 
銀座の工芸茶専門店「クロイソス」でお茶を何度か購入してます。
その詳しいお話はまた別に。

が、今日あれれ?ということが。

今日いただいたのはこちら。



マザー・オブ・ラブという素敵な名前の工芸茶。
カーネーションと緑茶で作られています。

このような状態です。



お店で見た感じからあまり背の高くないグラスでも大丈夫かな、と思ってました。
お湯を注いで見ます。



ふわっと花が咲くのをこの短い時間で見られるようなほころびです。
これが工芸茶の楽しみの一つですね。



あ、お花が見えた・・・でも様子が変。
赤すぎるし、この花はもしや・・・?



ぎょ。
やはり千日紅とジャスミンです!

どうも中身が違ったようですね笑。
これは高いグラスでなければなりませんでした。

本当はこのようになる工芸茶だったようです。




クロイソスのHPより

思わぬ出会いの面白さでもありますね。
せっかくだから、高いグラスに移し変えて、鑑賞したいと思います。
美しい工芸茶を愉しんだ後は、そのままサヨナラせず、しばし眺めるのもまたうれしい。
お茶の文化とは、本当に豊かなものだと思います。
心に泉あり、ですね。
Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

ずっとおいしい味!

 
スカイツリーを見るため、ぶらぶら散歩の後、さらに吾妻橋〜浅草まで歩きました。
錦糸町に出たときは、たまに浅草まで歩くことがあります。
どのくらい歩くんだろう?時間計ったことない
そんな遠くないと思うけど。

スカイツリーを離れたとき、お昼ごはんも食べてないのに、もう15時近かったでしょうか。
現場からすぐの浅草通りにでて、てくてくてくてく。

途中、吾妻橋の近く、アサヒビールのビルが見える通り沿いに、佃煮やさんがいくつか並んだ場所があります。

私たちは元祖 海老屋本店さんでお買い物。

買ったのは、小女子くるみ、葉唐昆布、切いかだったのだけど・・・。



写真は葉唐昆布、切いかのみ。
私の大好物・小女子くるみは、すごい勢いでダンナが食べちゃった

並びにはより有名な鮒五や海老屋総本舗もありますけれど、うちはこっちのほうが好み。
どなたに差し上げても喜びますしね。



きゃらぶきもおいしそうだった

浅草に出たら染太郎でお好み焼きと焼きそば・・・なんて思ってたんですが、この日は三社祭の最終日!激混みのはず・・・あきらめました・・・。

染太郎の焼きそばはいつ行ってもおいしい
でもあれは自分たちで焼くより、お母さんにやってもらうのが一番おいしい!
自分たちだとなんか違うんだ・・・やわらかくなりすぎちゃったりね。
初めての方は絶対お母さんにやってもらったほうがいいですよ

海外の方もガイドブック片手にやってきます。
よく隣に座られた際、やり方わからなくって、「どうするの?」と困った顔をしているシーンに出くわします。
おぼろげな英語ながらも教えてあげたりすると、ビールをおごってくれたり・・・なんてことが2度ほどありました



ともかく、喧騒を離れ、東上野でキムチ買い&食事!ということに。
でも目当てのマンナダ(満奈多)がお休みで、すぐそばにあったお店に入ってみました。

焼肉は・・・イマイチでした
ホルモン・ミノ・レバー・タンのプレートとハラミなどを頼みましたが、どれもぱっとせず〜・・・。

でもオットの頼んだこの生マッコリが、甘くなくてきりっとした味でおいしかった



済州マッコリ→
これ、うわさには聞いていたのですが、初めて飲みました。
飲んだっていっても一口二口ですけど、これは男性受けしそうなマッコリ!

ピンクのパッケージはちょっと珍しくて新鮮ですね。
チェジュで実際売っているのは緑のパッケージなんですよね。
お酒の飲めない私はこの間の高矢禮(ゴシレ)マッコリが優しい味で好きでしたが、ダンナはこれがかなり気に入った様子です。

お店にはソルロンタンがあったのでシメにいただきました。



ソウルでソルロンタン食べたことないから、今度は食べたいな~。

さて、食後は第一物産でキムチ買い
(ちなみに満奈多は第一物産の経営)

オイキムチとペチュキムチを買いました。


キムチはきりっと辛くてうまみぎっしり。
第一物産の方はいつも親切で、どのぐらいするとチゲにちょうどいいとか教えてくれますよ。
ペチュキムチは800g買いました。なので半分は育ててキムチチゲ用にします♪

ちなみにスーパーでも第一物産のキムチを売っていますが、味がお店で買うのとは違う感じがする。
断然お店のほうがおいしい!

100gで150円足らずとお値段も良心的
この横丁では上野物産と第一物産が有名なほうかしら?
どちらもおいしいのですが、第一物産は20時まで開いているのが便利。

この場所には経緯があって、そのころの時代の雰囲気を残したままの風景だけど、ずっと残っていてほしいな・・・。

10年たったら、20年たったら、この味は、この場所はどうなっているんだろう?
そんなことをふと思う1日でした


Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

ほっこりマッコリ。


お酒は飲めない私ですが、ダンナが買ったこれを寝酒にちょっといただきました。


 

韓国広場で売ってました。
これ・。・ 写真見て気づきましたけど、白金高輪の「高矢禮(ゴシレ)」のマッコリだったんですね〜。
「肌美人になろう」なんて、やっぱり女性心を打ち抜くのが上手いのですね笑。

ふつうのマッコリって、ちょっとアルコールの香りが気になるんですね、弱い私は。
でもこれはほとんど感じなくて、まったりとろりとした口ざわりで、酸味が穏やかでやわらかいお米の甘みをかんじさせて、後味はさわやかな香り。
マッコリってこんなにおいしいものだっけ、とちょっと驚きました。

オットはもっとあっさりしたのがいいというのですが、私はこっちが好きだな~。
う〜ん、お酒じゃなかったら愛飲するのに!
こういうノンアルコールドリンクが欲しいです!
Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

高麗漢方参鶏湯♪

 
夫婦で風邪気味だったので、新大久保にてサムゲタン。



あんまり見た目がおいしそうではありませんが笑。

新大久保でサムゲタンといえばここ、の高麗漢方参鶏湯です。

今は韓国料理屋も多く、サムゲタンを出すところも沢山あるけれど、ここのサムゲタンは本気のサムゲタン。
薬膳というか、「薬食い」という感じ。
高麗人参はもちろんのこと、ロクジョウ(鹿茸)など沢山の生薬が入ってます。
なんと30種以上の材料をじっくり煮込んだのだとか。

白濁スープのサムゲタンはふたをしてじっくり煮込んだもので、透明なサムゲタンはふたをせずに弱火で煮込んだもの・・・と聞いたことがあります。
こちらは白濁も白濁で、骨の髄がすべて溶け出したのかしら、と思うほど。

実は私の好みは透明スープ
ダンナも透明なほうが好き。

ソウルのお店で言うなら、土俗村(トソッチョン)より栄養センター好きというところです。

でもね、ここのお店のサムゲタンは食べるときちんと体に効くのです
体がホカホカとあったまり、翌日の肌のハリなんて、ほかのお店のサムゲタンでは感じられないくらいなんです。

こちらはパンゲタン(半身で出すサムゲタン)はおいてません。
1羽まるまるのみ。
お値段は2,800円とお安くはないけれど、材料がきちんとしているサムゲタンは、東京だと3,500〜4,000円しちゃうところも多いと思うから、家庭的な雰囲気で食べるには妥当(やや良心的)な価格じゃないかと。

風邪気味のときは早めにサムゲタン。
これは私の確実な手段なのです。
とろっとしたもち米もおなかに優しいしね。

もしもね、価格の安いサムゲタンに慣れちゃったとしたら、一度がっつり本気の「薬食」サムゲタンを試してみて欲しいものです。
体への効き方違いますもの





Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

おうちピザ。



製菓製パン材料のお店・クオカさん。
ここの実店舗も楽しいですが、なかなか行く機会がないので大体ネットでお買い物します。



さて今回のお買い物。
これです。




冷凍のピザ生地です
これがあるとおうちでナポリ風ピザが簡単にできますヨ。

解凍して円形に伸ばし、フチを高くして具を載せ焼くだけ。

さ〜て、今晩はカレーピザです!

残りカレーがあればそれを使えばいいのですが、なくても簡単。
辛口のカレールーをお湯で濃い目に伸ばしてソースにします。



ブロッコリー・トマト・ベーコン・ガーリックなどをのせて220度のオーブンで15分ほど。

あいかわらず不器用でセンスのないところをご披露してすみません

出来上がり写真を撮るの忘れて食べちゃいましたが、外はパリっと、中はもっちりになりますよ〜。


Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

韓国薬膳はいやく

DVC00047.jpg

東銀座に来たついでに、歌舞伎座近くの「はいやく」でランチ。

宮廷料理のお店のような、シックな店内です。

いただいたのはチゲランチ。1000円です。
今日のチゲはビジチゲ(おからチゲ)。

お肉のだしがよくきいてます。
チゲに入っているキムチがすっぱすぎないので私の好みの味でした♪

小さなサラダと、おかずやキムチ(カットゥギ)の小鉢3つがついてましたが、こちらはイマイチ・・・。

デザートにはソルベが出てきて、さっぱり。

韓国茶が+200でつけられたので、梨かりん茶を。
これがとってもおいしかった。


わたしはもっと家庭的なお店のほうが好きだけれども、雰囲気がとても落着いているし、お友達と来るには良さそうなお店です(^_^)
Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

ハーゲンダッツ ラ メゾン ギンザ。

 
うっかりアップ忘れていましたが、行ってきたのです。

あの、場所。
30億円盗難事件。

・・・のあった場所が、ハーゲンダッツのデセール専門店「ハーゲンダッツ ラ メゾン ギンザ」に生まれ変わって、早何ヶ月です。
バブルの痕、随分甘く生まれ変われたものですね。

スケート好き仲間3人組で行ってきました

お昼のコースをいただきました。

前菜・ガレット・デセール&Tea(ポット)のセットです。



バランスのいい前菜。

モツァレラ・オリーブなどのマリネと



ブロッコリーの入ったオムレツ



サーモンとアスパラのミルクグラタン風なもの。



どれもしつこくなく、満足感がありました。

そしてガレットは3種から選べるのですが、ワタクシはこちら。



スモークサーモンとピンクグレープフルーツのサラダ風。
見た目がきれい過ぎて幸せでした。

そしてここではメインがデセール。

何種類ものテーマがあって、それぞれ2.3種類のアイスクリームを使ったデセールがあります。
シーズンごとの変化があります。

私はAVENTUREから「リッチミルクアイスクリーム、白桃のコンポートとフレッシュアボガド添え」を選びました。
ちょっと変わったものがいただきたくて。



フライされたバジルのフレッシュグリーンと、柔らかなアボガドのクリームがかったオリーブグリーン、アイボリーの白桃と、真っ白なアイスクリーム。

添えられたピンクペッパーが小憎らしい。

カンペキな色調じゃありませんか。

アボガドもアイスクリームもクリーミーだけど、香りが決定的に違う。
オリーブオイルの香りにうっとり来る中で、すっと鼻に青い香りが来る中で、甘いミルキーな味が広がり、さらに岩塩のちろりとしたしょっぱさ&ピリッと来る黒コショウという多重構造のわりに、不思議なさっぱりさ。まとまってます。

口解けの落差も、白桃の舌触りや香り、甘みも、とにかく清潔に官能的。


コースは3,000円で、デセールの単品は1200~1300円くらい。ティーセットにすると+400円でポットティーをいただけます。

コースはガレット以外のライトミールメニューが出てくるとまた楽しくなると思うのですけどね。

問題は、アイスクリームが溶けちゃうから、これを食べる間はゆっくりおしゃべりできません笑。


さて、フィギュアスケート。

続きを読む
Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

ドミニク・サブロンにて。

 


ドミニク・サブロンの期間限定店@銀座で、これまた旬の桜を用いた品が出てました。

桜の塩漬けと小豆のパン。





ぎゅっと身の詰まった生地と塩漬け桜・・・中には



ほっくりと甘さ控えめに炊き上げられた小豆がぎっしり。
いうまでもなく、おいしゅうございます!

とにかくこちらのハード系は、みっちりむっちりぎゅむっとしたパンチのある生地がおいしいし、味のさじ加減がいいのです。

11月から3月31日までの期間店だったけれど、去って欲しくない〜!
Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

三浦屋その2。

 
三浦屋で買った、このトマト水煮。



ナガノトマトの「イタリアの畑から あらくつぶしたトマト」

トマトの水煮缶詰は、あの缶がイヤなんですよね。
缶くさい気もするし、洗うとき、缶きりで開けた部分のギザギザで手を切ったりするし。
だからこの紙パックうれし~。これ、私はじめて見ましたが、よく流通しているのでしょうか?
近所で探さなきゃ!

鋏不要で開けられるのもいい♪

そして渋めのこれ。



渋すぎる名前についよろめいたオットとわたし。
「日本人ならたまらない〜漁師飯〜」

確かにたまらない感じだ。



かつぶし、昆布、焼き海苔、白ゴマ、めかぶ、青海苔に少し酢が加わったふりかけ。

ご飯と食べてもいいのですが、きゅうりやたまねぎととサラダにしたりとか、卵焼きにしたりしてもおいしいです

夕飯の準備が遅れたときは、豆腐にこれかけて1品水増しです
残りご飯にこれとしょうゆ混ぜて、焼きおにぎりにしても良かったし。

こういういろいろミックスされたものに弱いなあ、私。
Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others