スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

CHO SUNG AH LUNAのマカロンキット。

JUGEMテーマ:韓国コスメ


わあ、また間が空いてしまいました!
なんだか最近バタバタしています…すっごい忙しい!までいかないけど、ちょこちょことやることがあり、日々が過ぎるのが早い気がします。

さて、ちょっと前にコリアデパートさんで、チョ・ソンア氏の「LUNA」が取り扱われているのを見て、ついついぽちってしまいました。内容が充実していたし、試してみたいものがかなりあったので…。



残念ながらもうすでに販売していないセットなんですが、内容としては・・・

・スキンブライトニングベース(SPF35,PA++) 45g
・ピュアティントリップ&チック 5g
・スキンブライトニングファンデーション 60g
・ブレンディングコンシーラー 7.2g
・マカロンキット
 Vanilla Mint Eyes 5.3g
 Rose Berry Eyes 5.3g
 Cinnamon Eyes 5.3g
・モカローズライナー 5.3g
・ブラシパウチ(ファンデーションブラシ+モカライナーブラシ)

これで6,930円で販売されていました。

チョ・ソンアさんはラグジュアリーな街・チョンダムドンにサロンを構える、韓国でもかなり有名なメイクアップアーチスト。LUNAはこのチョ・ソンアさんのメイクアップブランドとして、製造はエギョン(愛敬)産業が手掛けて、オンラインやTV販売中心のブランドのようです。同じチョ・ソンアさんがプロデュースするスキンケアブランド「LOW」もいろいろと話題のようですけれど。

それはともかく、パッケージデザインなども全体的になかなか素敵なのがLUNA。
見たとおり、届いたらちょっと嬉しくなるようなビジュアルです。

このセットの中で、ひときわ愛らしかったのが、前方に置いたマカロンカラーのアイテムたち。



美麗な蔦柄とパステルなカラーのパッケージが素敵。
しかも、4つまとめておいたところが最高。
箱が小奇麗で捨てがたいのが悩み。



箱から取り出すと、本当にマカロンみたいなケースがカラフルに並びました。
丸くコロンとした姿がマカロン好きにはたまらない…!

そう、私が一番欲望を覚えたのは、このマカロンモチーフのキットでした。

 

マカロンのうち3色はアイカラーで、1つがジェルライナーです。

ミントブルー=Vanilla Mint Eyes
パステルピンク=Rose Berry Eyes
オレンジベージュ=Cinnamon Eyes
パステルレモン=モカローズライナー

モカローズライナーは名前からどんな色かな?と楽しみだったのですが、思ったより割となんというか…フツウの焦茶。



しかし、質は素晴らしかったです。
するするかけるし、乾きが早く、そして滲まず落ちにくい!



ちょっとだけロージーなブロンズパールが入っているんですが、色合が手持ちのソニアリキエルのジェルライナーに似ていて、かぶっちゃったなとがっかりはしていたのですが、むしろ使い勝手はこちらのほうが良かったです。

ジェルライナーが好きなので、いろいろ試していますが、久しぶりにこれは!というのに会いました。

ただしクレンジングのとき、ちょっと時間が要りますね。しっかりとリムーバーをしみこませて、コットンに吸い上げるようにとらないとです。

あとぼかしはかなり手早くしないと、本当にあっという間に乾いちゃうんですよ。
乾きが早いのってすごくストレスフリーですね!わたしよく乾き切らないところで瞬きしちゃって汚しちゃうから。

眼力効果は高いのに、ブラウンゆえにきつくなりすぎないちょうどいいところ。

うーん、このライナーは定番だったらうれしいのに、ただでさえなかなか手に入らないオンライン品なうえディスコンのようです。

アイカラーはクリームタイプです。
左からローズベリー・バニラミント・シナモンの順です。



ローズピンクはピンクというよりサーモンに近いカラー。



可愛すぎる色では…と思いますけれど、これはこれで伸ばすと薄ふんわりとした感じに出来上がる。
色を見せるために濃く出してしまったけれど、アクセントになる色ですよね。

写真ではマットに見えてしまうんですが、ゴールドのパールが入っているので、夏っぽい雰囲気が出せそう。

結構乾きが早いので、さささっと伸ばすのがコツ。

こういうカラーのクリームタイプって珍しい。アイライナーにしてもいいかな。



これ、バニラミントの色を忠実に表現しようとしたら、手がものすっごく黒くなっちゃったんですけど!
血行悪いので浅黒い感じなのは確かなんですが・・・。

私の手はともかく、バニラミントの発色はほぼこのように。
程よくパステルの要素があるので、クールになりすぎない甘さ控えめくらいの涼しさが表現できます。
この色、結構重宝していて、単色伸ばすだけで立体感もきれいに出るし、夏に活躍しそう。

それからシナモン。



シナモンはパール感が3色の中で一番強いけれど、色が素敵。
クリームの質感は特別さがないけれど、パールはやはりきれいなものが使われているので、表現が上品になりますね。

全体的になかなか使い勝手がいいアイテムだな、という感触はあります。
アイライナーもアイカラーも、すぐにサラサラっとなってがっちりフィットして崩れにくい。
機能性はすごく高いな、と思います。

逆にかなりマットになるので、乾燥に注意しないとです。
保湿しっかりして使わないとですね。

ただラグジュアリーさはなく割とカジュアルな雰囲気があるので、高級感という面ではもうちょっと物足りないかもですね。

去年の秋ごろの製造年月日が付いていたので、その頃の製品なのかしら。
でも色的にはこれから活躍しそうなモノばっかり。アイカラー1色とジェルライナーさえあれば、ささっとメイク完了できそうです。

チョ・ソンア ルナの製品って、変なアイカラー用パッドとか、個人的には使いにくそうな道具モノがついてたりして、品質よりそういう奇抜な部分でどうだろう、と思うところがあったけど、これはごくノーマルで使いやすいアイテムぞろいでしたね。

ベースやファンデーションもなかなかよかったので、また別に紹介しますね。


Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

HERA アメジストデュオアイズ。

JUGEMテーマ:韓国コスメ
 

わたし、紫やバーガンディのマスカラは大好きで、何かにつけ購入してしまうけれど、ネイビーは初めて購入しました。
ネイビーのマスカラだけではなく、鮮やかな紫のアイライナーがパートナー。



HERA アメジストデュオアイズ (グリッターパープル/パープルネイビー) W36,000
아메티스트 듀오 아이즈 8g*2/36,000원

洗練された魅惑的な目もとに仕上げるグリッターパープルカラーのアイライナーと、カーリング感を与えるネイビーカラーマスカラが、魅力的な目つきを完成させる。

アイライナーもマスカラも8mgは普通の容量ですよね。
2種付きでW36,000だから、お得な商品です。



左が마스카라(マスカラ)、右が아이라이너(アイライナー)。カナダラ読めない人は、注意しないとですよね。

マスカラはカーリング仕様とのことですが、くびれのあるブラシになっています。
HERAのマスカラだと、まつ毛トリートメント効果のあるジェネラッシュマスカラに興味がわきますが、カーリングマスカラも定番商品です。



少し毛がまばらなので、もう少しみっちりしているといいのだけど。
カール力に関しては、私恵まれていることに、あまり「落ちる」経験自体がないので、まるっきり鈍いです。

カラーは・・・気に入りました!



アメジストのコレクションになぞらえて「パープルネイビー」というカラー名にしたのかと思うんですが、実際はブルーブラックのインクのような、ミッドナイトブルー。
パープル好きには少しだけ惜しむ気持が。

ところが!これがすごくよかったのです。
アメジストアイシャドウと合わせて使用したら、黒よりもずっとなじむのです。
それも、表情を和らげて、それでいて色っぽくなりすぎない、ミステリアスな印象を与えるグラデーション効果。

カラーものだと、ブラックの上から重ねつけたりするほうが発色がよかったりするものもあったりしますが、これは単独づかいで色もきれいに出るし、ボリュームどっさりというタイプではありませんが、個人的には好みのつき具合です。

もちろん、スモーキーメイクと合わせても良いのです。
ブルーグレーの締め色にシルバーのシャドウと合わせて使用したり、もう少し爽やかにブルーやアクアの系統と合わせてももちろん馴染みます。

こういう色って定番で出るものではないから、もう一本ほしいくらいです・・・。

液は程よい緩さで、滲みもなく、クレンジングにも落ちやすく使いやすい。
ちなみに製造日から24カ月、開封から6カ月が使用期限とありました。もちろん開封後は6カ月も使わないんだけど。

さて、相棒のアイライナーは一転、鮮やかな色彩!



こむらさきを挽いたような鮮やかさ。
発色も素晴らしい。



ややピンクトーンのパールがきらり。
きれいな輝きです。

ヴィヴィッドな色彩ゆえに、プライベートシーンのみですけれど、クリームカラーと合わせたりすると、一層つややかさが馴染みますね。
クリームタイプでラベンダー色のものを購入しようかな?
HERAのリキッドライナーは前回冬のシークレットセントアイライナーデュオで描きやすさや色に惚れたものでしたが、シークレットセントがスモーキーで密やかなムードだったのに対し、今回はアメジストのテーマにそって、鮮やかな発色。的確に表現するところは、韓国ブランドとしては確かに一番楽しませていただいてます。(以前にアモーレのMAさんが、HERAに自信を持っておられたので!)

リキッドライナーはこれまでそんなに好きではなかったけれど、これからもコレクションごとに注目してしまいそうです。

ちなみに、うちのオットはこの鮮やかさが好きではないようですけど笑。
男性好みのメイクばかりしていられません。楽しむことこそ特権!

Posted by なつしろぎく | comments(4) trackbacks(0)

HERA アメジストの春 1.

JUGEMテーマ:韓国コスメ
 

やっと!辿り着きました…。

HERAの2012年春のメイクアップテーマは「アメジスト」。

アメジストという石は、甘くも見えるしクールにも見えるけれど、このメイクアップコレクションもキャンディのような色を取りそろえながら、なんとなくクールさをもたらす部分があるのが、ちょっとだけ特徴かな、と思う。

ということで・・・
案の定購入した私のHERA・2012年アメジストルックのアイテムをご紹介していきます。

まずはアイシャドウパレット。




アメジストアイシャドウ W42,000
아메티스트 아이섀도우 10g/42,000원

アメジストの色にインスピレーションを受けた、様々なパープルカラーの印象とベージュバリエーションが、洗練されたモダンな4アイシャドウ。ブラックプラム、グレースパープル、ピュアバイオレット、ストーンベージュミックスアンドマッチで、アメジスト艶やかさを盛り込んだ魅力的な目元演出
します。

上段は左からストーンベージュ・ピュアバイオレット、下段左からグレースパープル・ブラックプラムです。
上の写真は窓から離れたところで写したので、もう一枚、窓の下で明るく撮影した色を。



左下のグレースパープルが非常に明るく華やかな色で、やや好き嫌いわかれる…というより、使う時にためらうか、似合わないと判断されがちだったりする気がしますが、私はアジアンには似合いそうだと感じています。

上の2色はグリッター感があるシアーカラー。
下の二つは柔らかく密着感のある発色豊かなカラーです。
右のブラックプラムは「きっと好みだろう」と思っていたけれど、そのとおり。まるで山ブドウの皮をひいたときの黒々とした色。そこにアメジストカラーのパールが含まれて、非常にきれいな色なのです。

上の二つは大きめのラメ。
澄んだ光が出るのでみずみずしい印象。この2色が春の光を受け、明るく華やかな表情に見せるから、下の2色のしっかりとした色を優しげに変えてくれます。

さて、各色を見ていきましょう。



ストーンベージュ。
ほんのほんの少しだけグレーがはいったアイボリーベージュ。ストーンベージュという名前はそのものだな、と思います。

白っぽい煌めきを放つラメ。雑に塗ると飛びますから、丁寧にブラシでフィットさせます。
アメジストの輝き方は、ここまで豪奢ではないけど、ジュエリーを身につけるときのときめきとか嬉しさ、そういったものを表しているような・・・。



ピュアバイオレット・・・実際より少し淡く映りました。もうちょっと濃いんですけれど。

これもシアーカラーで、ライラックの色。ピュアできれい。
花の季節を感じさせてくれますね。
こちらもラメしっかりですが、やや偏光色の淡い紫に透明のガラスパールでみずみずしい。




グレースパープル。

写真ではわかりにくいでしょうが、偏光色。
ピンクが強い紫に見える角度もあれば、青みを強く感じる角度もあり。
このパレットのセンシュアルなムードを担っている要色。
浮腫んだ眼のときにはご法度なれど、ひとさしで女性らしさを演出できるカラーです。

昔から、この色に弱い私。

そして、ブラックプラム。



つくづく色モノを写真に撮るのって難しい!と思うのだけど、ディープピンクに近い紫のパールが含まれています。それがきらっとするときれい。色は、これも深い、黒を含んだ紫で、「ブラックプラム」という名は適切。真黒に熟したプラムの皮を挽いたような色なんですもの。

さて、質感です。ちょっと暗くて申し訳ないですが。



ストーンベージュ。うまく撮れなかったけれど、パールの淡いベージュの中に、細かいフレーク状のラメが輝きます。写真では色もはっきりさせたかったから指先で取ったのですが、広げるとゴロツキがなく、大小光の違う上品なきらめきが広がります。
色はほとんど白に近く感じますけれど、やはり完全な白よりずっと温もりが出ます。



ピュアバイオレット。
藤です。亀戸天神の。この2色はホント春っぽい。
テクスチャはちょっとベージュより軽くさらっとしてます。
でもラメそのものは、こちらのほうが光が強いように見えます。
ラメって良く見ると形ランダムだから、反射の仕方も不揃いで面白いですね。



グレイスパープル。これ、このように指先で取るとぱっと鮮やかなんですが、少し広げるとやや白っぽくなるんです。色よりパールが前に出るのかも。とにかく、実際試すと使いやすくて角度によって変わる雰囲気にわくわくとします。滑らかに広がります。




ブラックプラム。一番柔らかな、しっとりした重めテクスチャ。
広げると紫が現れ、ネイビーも見える。
どっしりとした存在感があって、それでいて黒とは全く違う。強さと優しさが共存している雰囲気かな。これも角度変えると紫のパールが内から光るように現れ、密かにほくそ笑んでしまう。



まあ、こんな指になっていたのですよ、記念写真。

発色感を。
(ひどい乾燥肌で、申し訳ありません・・・)



さて、使い方ですが、私は完全我流。
まずはピュアバイオレットをアイホールに乗せます。



それからブラックプラムを目の際に。



あ。この時気づいたらアイホールが小さかったようです・・・少し補正をして。
アイライン状に引いたブラックプラムの上に、グレースパープルをオーバー気味にかぶせます。
いや、しかし、だいぶ失敗です。目元をするときは筆を使うのに、手でやろうとすると難しい…。

ブラックプラムにパープルを乗せると、とっても美しいのです。



最後に、ストーンベージュをかぶせると、全体にぼかしが入って優しい調和がとれます。



思った以上に使いやすく、しかもパステル満開の春カラーの中で、えらく渋いんじゃないかと思ったこのHERAのアメジスト。でも使ってみたら、春の光と女性らしいセンシュアルさが開かれる良いカラーでした。

パステルはかわいいけど、なんだか乗りきれず、ピンク・ベージュ・ブラウンの色合いはもう飽きちゃったという気分のところでした。

そういえば、藤のような花は、春の桜の去った後にやってくるけれど、私の一番好きな曖昧な季節のころの花なのだった。

さて、心配をしていた地味目のパッケージ。



光を当てるとオパールのかけらのように色が変わります。



レザーのような型押しがされているのが、ちょっと・・・重々しすぎるのだけど。
こちらは、もう少しシンプルでよかったんじゃないかなあ。

キラキラだけで十分だったんだけど。

ほかにも、HERAの「アメジスト」で購入したものがありますので紹介しますね。
Posted by なつしろぎく | comments(2) trackbacks(0)

banila co. Club Rococo Palette Shadow ★

JUGEMテーマ:韓国コスメ
 

我ながら意外だったのですが、今までバニラコ(banila co.)の6色アイカラーパレットを紹介したことがないんですね!!

写真は撮っているはずなんだけどなあ・・・。

ということで、手元にある4つの6色パレットのうち、一番新しいものをご紹介しておきます。



banila co. Club Rococo Palette Shadow F10 Muse
클럽 로코코 팔레트 섀도 F10 Muse

日本価格 ¥3,465 韓国価格 W28,000
左から ブラウンカーキ・イエローカーキ・ゴールド・ピーチピンク・クリアブラウン・ディープブラウン

カラーはカーキ系・ゴールド・コーラル・ブラウン系と、秋の紅葉&落ち葉な配色。
だからこそタイムリーに紹介するべきでしたね・・・。
配色で悩むことなく使いやすいセットです。

クラブロココの6色パレットはF10のMuseとF11のDivaがあり、Divaはパープル・グレー系のカラーでした。


こっちもいいな、と思いつつ、グレーシルバーやパープル系は手持ちにあるもので満足しちゃってるし、使いやすそうなMuseを選択したのでした。

Divaも現物見てみたかったです。

さて、Museですが、実は秋に大活躍してくれたのですが、なぜそのときUpしていなかったのだろう。
ソウルレポを書いていたからかな。すっかり忘れてしまっていました。






シルクベルベットのようなテクスチャー。鮮明なカラーと密着度の高さが特徴。透明なパール感、艶感を演出して、塗り重ねで深みを出す演出力が魅力だそうです。

さらにWet Coating System=アイケアエッセンス成分配合の保湿コーティング効果で、目元の皮膚を保護するとのこと。
弾力=エラスチンとコラーゲン、美白=ストロベリー(ビタミンC)成分。

保湿効果というほどケアされている感じはないけれど、しっとりシルキーというのは正確なたとえです。
透明なパール感やラグジュアリーな光沢も、なるほど、十分。



右半分。
なかなか上手く色を撮影できず。
もうすこし全体ピンクトーンを足したいなあ。



指先に取りました。
(爪が黄色いうえ、黒い点が出ているのでお見苦しくてすみません・・・汚れじゃないのでご安心を)

上の写真とちょうど逆の配置。



ディープブラウン。実際にはもうすこし赤みがあります。チョコレート系締め色で、日の光の下だとピンク系オーロラの光が見えます。写真だとただ光るだけでもったいないんだけど。



クリアブラウン。
その名の通り、透け感のある使い勝手の良いシェイド。少しカッパーなピグメントが見え隠れします。



ピーチピンク。
白っぽくなってしまった。実際には明るいコーラルベージュに見えます。
コーラル系だと腫れぼったくなってしまうときもありますが、これは瞼を明るくして、女性らしい優しさを出してくれます。下まぶたにも使えて、「使える色」認定です。




左半分。



こちらは一見アーミーな色合いなんですが・・・



カーキブラウン。
赤みのない深煎りコーヒーブラウン。カーキカラーのグリーンパール。光るとグリーンがキレイ。



イエローカーキ。
こちらはカーキにゴールドイエローを混ぜたような感じ。




ゴールド。
というよりゴールドマスタード。
この色が一番難しいかな?イエローが強すぎるのです。
ほんのり薄く、を心がけます。

肌の上に乗せてみました。




シアーな発色で、非常に調整しやすく使いやすい。重ねるほど深くなる、というのはまさにその通り。
アーミーカラーに見えたカーキイエローとブラウンカーキも実にキレイな色をしています。
この2色でグラデーションにして使うと、ラグジュアリーにブッシュトーンが楽しめますねえ。意外や意外、かなり気に入りました。

私の好みだと、ゴールドがもうすこしベージュっぽいほうが良かったのですが、イエローのほうが若い印象だからかなあ。
バニラコ世代ではないので、仕方ないものといたします。

しかし、ほかの5色は非常に気に入りました。

粉とびも少なく持ちも良く、色も光沢感も上品で、十分オーバーbanila co.世代が楽しめるのです。

さて、banila co.はパッケージデザインが楽しいのも特徴なんですが、今回のクラブロココはこんなでした・・・。



プラスチックケースはいいのだけど、「ロココ」な感じがしない・・・ちょっとチープだなあ。

最近のバニラコのパッケージはちょっと好みが外れるのです。
でも中身は高品質で満足です。

ちなみに日本ではDIVAは未発売ですが、Museはバニラコ公式ショップでネット購入できます。

ブランドコスメよりお手ごろで高品質。
日本のマキアージュ・コフレドールあたりだと物足りないからもうすこしとんがってたらな、と思う人には、実は韓国の中価格帯コスメブランドってぴったりなんじゃないかと思います。
アーティスティックすぎず使いやすいけど、程よくエッジ感あるというのがね。

アメリやespoirも集めたいなあ。
アメリはちょっと難しいけどね・・・。
アメリやロトリーなど、ネット専売のコスメを日本からも買えるようにしてくれるとうれしいのだけど。
グローバル対応が欧米並化してくれたらうれしいなあ、韓国。



Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

HERA Secret Scent Eye Shadow Duo ♪

JUGEMテーマ:韓国コスメ
 

手抜きに見せたくないけど、手抜きしないと間に合わないっていうことはしばしばある。
化粧直しのときにパレットを出してチップやブラシで目元を直す時間が惜しい、しかも荷物になる・・・。

私も特に、化粧ポーチをどのように小さくするかが常日頃の課題。
そこで発売されたこのアイテムに反応したのです。





HERAサイトよりお借りしました

HERA シークレットセントアイシャドウデュオ W32,000

ダブルエンドのスティックやペンシルタイプのアイシャドウは別に珍しくないですが・・・。
たとえばこれもかなり前に気になって店頭で試したアイテム。



RMKサイトよりお借りしました

RMK クレヨン & パウダー アイズ 4,200YEN

パウダーチップとアイライナーが1本に収まったタイプで7色展開。


01はコーラルベージュでスキニー&きらきらがキレイでした。
みずみずしい光だったのを記憶してます。
クレヨン状ライナーもするする書きやすい。
一番きれいだと思ったのは07のシルバー。光が澄んでいてとても良かった。
良かったんだけど、お値段がネック。
それとコーラルベージュやシルバーだとクレヨンを微妙に使わない気がしてしまった。
パウダーの下に仕込めば発色はよくなるんだけど、パウダーがもうすこし発色してほしいような・・・。

あと、クレヨンもしくはパウダーが先になくなってしまったら?
そういう細かいことを考えつつ保留。

保留したまま日々が流れて、再びこの手のタイプが目の前に現れたというわけです。
HERAは色が全て好みの様子、かつ限定。
RMKはとりあえず定番という差もあってか、HERAに飛びつくこととなる・・・。



すっきりしたデザイン。
スッキリした形状。



右/#1 シークレットゴールド+セッティングコーラル
左/#2 シルバーホワイト+シルバーグレイ

冬らしいシルバーメイクとてっぱんのゴールド&コーラルベージュ。



チップの部分にはこのようにたっぷりパウダーが含まれています。



蓋の部分がパウダーのケースになっていて、開ければすぐに使える仕様。

ちょっと意外というか、チップが思ったより大きかった。



細かいところには入らない代わりに、ふかふか柔らかく、一気に瞼に広げることができる。
粉含みも今のところ十分。この後少なくなったらわからないけれど・・・。

ちょっと雨の日に撮ったから暗め写真で申し訳ないですが、色調はこんな感じ。





左から 2号シルバーグレイ/シルバーホワイト 1号シークレットゴールド/セッティングコーラル

粉質はさらっとしていてそこそこ細かいです。

2号のデュオ。



グレイがスモーキーカラーながら少し透け感があるから、目元に濁りが出ないので、あわせやすいと思います。ダーク過ぎないけれど目元を引き締める効果はあり、今回の4色中一番お気に入り。
ホワイトはほんのりグレーシルバーの輝きになるので、瞼に浮きすぎず、光沢感がきれいに出ます。↑だとしっかり出しているので白さが目立ちますが、チップで乗せたあと指で馴染ませると、程よく透け感がでるのです。

いずれも思ったよりキラキラ度は強くなく、程よいくらい。私みたいなAround 40(ってもう古いか?)にはちょうどいいさじ加減。

RMKを試したのがもうかなり前だったからちゃんと比較はできないけど、キラキラ加減はRMKのほうがなんとなく「若い」気がします笑。

HERAサイトに載っていたアイメイクの参考。



白っぽい発色は、鏡で見る限りこれよりもっと穏やか。
この画像だとまるでクリームタイプを塗ったように見えてしまうけど、実際にはパウダリー感が出るので、シマーながらマット感もあります。

1号のほうは・・・



なんか淡く出ちゃいましたね・・・。
セッティングコーラル=コーラルベージュでスキニーカラーなので、色は本当に肌に馴染んでしまいます。ほんのりの杏ベージュ。でも目元がほんのり明るくなって、優しい雰囲気が出ます。これも目の下に、瞼の上にと使いやすい色です。

シークレットゴールドは白っぽい黄味含みのゴールド。思ったより明るい色でした。
もうすこしシック&ゴージャスかと思ったのですが、ゴールドの真珠を粉にしたような、白さでソフトになった金です。



コーラルは↑に近いけれど、ゴールドはこれより発色控えめで、白っぽい。1度塗りだと色はあまり立たず輝き中心です。2回乗せると発色がしっかりするので、目立たせたいときは2度塗り推奨。

2号は輝きと締め色がセットされているのですが、ゴールド&コーラルはどちらもアイライナーで引き締めないとかな、と思います。

それでもチップでぱぱっと広げて指で馴染ませ、アイライナーだけで終了させれば十分なアイメイクの完成。素晴らしくスピーディです。

輝きでぱっと華やかさが出るけれど、派手にはならないのでオフィスにちょうどいい。

ただし、少し感触が乾いた感じなので、目の保湿になお一層注意。
また発色のためにはアイカラーベースを使うほうが私はいいと思います。私自身はほぼ必ず使っていますが、手に乗せてみると色が淡く薄く感じたので、ベースがやっぱり効果的。

100パーセント満足!までは行かないのですが、使いやすいカラーで忙しい朝も時間のない昼休みのお直しも切り抜けられるスマートアイテムなのは確か。

カジュアルブランドだともうちょっとぱっと醒めるように鮮やかに色を出したり、キラキラ度強めでいくと思いますので、若い方には物足りなく、値段が高く感じるかな、と思う課も知れないですが、私の年齢としてはこの発色&輝きがまさにちょうど良く、値段的にも妥当だな、と感じるお品でありました。

欲を言うと、もうすこしゴールドが奥行きある色だといいのだけど。

ちなみに個人的にお気に入りは、2号プラス1号のコーラルをアンダーラインに入れる。
ただ、下まぶたには、チップが少し太すぎるんだけどね。

一番多いのは、アイラインも引かず2号のデュオだけで仕上げ、マスカラはしっかり目に塗ってラインを強調させるメイクでしょうか。

全体的にゴージャス感のある冬限定コレクションながらも、ぎらつかない女というか、なんとなく引きのワザが見えるHERAメイクでした。
来年は何が登場するか。さらに洗練されるのを楽しみにしています♪

Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

HERA Secret Scent Eyeliner Duo ♪

JUGEMテーマ:韓国コスメ
 

HERAの冬限定品特集(?)、続いてご紹介するのはリキッドアイライナーです。



HERA シークレットセント アイライナーデュオ W30,000

2色のアイライナーが両端になっている限定品です。
カラーはパーリーパープル&パーリーグレイ。




筆は細筆、私のニガテとするタイプです・・・が。
この筆はコシがあってすごく書きやすかったです。不器用さでは誰にも負けない私ですが、なんとか大丈夫。(しかし左目はなかなかうまく行きませんでしたけど)



フエルトタイプの筆ペンみたいな素材で、しなりは良いのにきゅっとしまりがあるですよ、これが・・・。

さて、このアイライナーを購入した理由は、やはり色です。
紫大好きなんですが、紫のアイライナーとシルバーラメのラインが引けるとあって、「これはいいかも」と飛びつきました。

このアイライナーはシン・ミナちゃんの広告写真にも使われています。



HERAのサイトよりお借りしました

「涙ライナー」って流行りましたよね。
エチュードハウスのものが一番有名ですが、各ロードショップからも出ている、ラメのちかちかが涙の光のように輝くアイライナー。

でも、ロードショップのものはラメが大粒でカジュアルな感じ。自分の世代で使うとなると、ちょっと助けの魅力が足らないと感じていました。

紫のライナーももちろん魅惑的でしたが、グレイシルバーのライナーは、まさに大人世代向けの「涙ライナー」。冬らしい色ですし、スモーキーなメイクに生えそうなアイテムです。

ではその色や質感・・・。





パーリーパープルはかなりスモーキーカラーでまさに思い描いたとおりの色!
パーリーという割にパール感が見えないと思いますが、写真には上手く写らないものの、同じ紫のパールが、細かい粒子でしっかり入っています。この通りマットなので、瞼の上でも光が当たらないとわからない。その分しっかり目の印象を深めて、紫ならではのシックさを醸し出します。
黒よりも柔らかく、それでいてしっかりと目元をメイクしている印象にもって行きます。

パーリーグレイも写真では白っぽさが目立つと思うのですが、まさにシルバーグレーのみずみずしい煌き。狙ったとおりにオトナ涙ライナー。ちらちらと上品で、がっつりつかない。
写真ではわかりやすくしっかり出したのですが、実際下まぶたに入れてみると、細かなパールがちょっとづつラインで入るので、とっても上品。

また、パープルの上に重ねてパーリーグレイを入れてもきれい。

パープルの深さと輝きの対照で、夜の星や雪の幽玄をイメージさせます。冬だからこそ楽しめる絶妙カラー。

筆の使い心地にしても色にしても、このカラーコンビネーションも全部好きです。
もちは、奥二重の間に入るともちろんこすれて落ちちゃうのですが、水気にはかなり強い。でもクレンジングは苦にならず落ちるので、機能性も高いです。

ただし、わりと速乾なので、もたもたしてるとすぐ乾いちゃう。まずは目尻をしとめ、付け直して一気に目頭〜目尻を細くつないで、瞳の上から目尻のラインを奥二重の幅まで補強する、という感じに書いてます。

ワタシは色っぽくないけど、この色は色っぽい。まさに「Scent of Woman」なカラーです。
あまりに気に入りすぎて、このアイライナーとシークレットセントグロスは、追っかけストック買いもしました。

あ、ワタシは今回の冬カラーをナレショップさんにお願いしましたけれど、言いましたとおり限定品なのでご注意くださいね。

Posted by なつしろぎく | comments(2) trackbacks(0)

HERA Deep Scent Eye Shadow ♪

JUGEMテーマ:韓国コスメ
 

HERAのオータム限定のアイシャドウパレットです。
Deep Scent Eye Shadow W40,000



HERAの限定モノの箱は、昨年も今年も蒔絵のような柄でシック。



ラインナップすべて同じデザインケースです。
さて、中のカラーは。







シック&カラフル。

秋になってアイカラーはモノなトーンが多く見られたので、このくらい鮮やかなものが欲しいところでした。

とはいえ、この色あわせをすべて1度に使うのはかなり上級。
どちらかというと、単色または2色くらいで使用することが多いです。

手に出したところです。






どのカラーとあわせるにもベースとなるのはこの色。



"オータムベージュ"・・・柔らかなゴールドベージュです。
この写真ではちょっと白っぽく映ってしまいましたが、1枚前の写真に近いです。

スキンカラーに繊細なパールが含まれているシマータイプ。まさに秋の色。
ベースカラーに使えば目元を明るく整えてくれますし、少ししっかり目に使って発色をより立たせれば、ゴージャスな雰囲気も出ます。

HERAのウェブサイトでは、このカラーとアイライナー&マスカラだけでアイメイクを仕上げるアイディアを紹介していますが、アジアンだからこその切れ長な目元に素晴らしく映えます。




※HERAのウェブサイトからお借りしました

ちなみにこのメイクで使用されているのは、もちろんすべてHERAの製品。

オートアイブロウペンシル#33ブラウン
イージースタイリングアイライナー(筆ペンタイプ)#79ブラック
ジェノー(ジェナー)ラッシュボリュームマスカラ#79ブラック
ルージュホリック#215クラッシックレッド(オータム限定)
エイジアウェイファンデーション(リキッド)
ディープセントパクト(次回ご紹介します)/スキンイエロー&スキンピンク
ディープセントブラッシャー/レディコーラル&ベージュピンク

それから、意外と気に入ったのがこの色。



"セッティングワイン"
これもこの写真ではピンクっぽいですが、くすんだ渋みのあるワインカラーに偏光パールが含まれています。
葡萄を絞ったような色ですが、粉質が非常に繊細で柔らかくて、少量でキレイな伸びを見せ、薄くぼかすこともできます。

この手の色って目が腫れぼったくなりがちなんですが、これも塗り方を間違えたら痛い顔になりそう。でもアイラインの上からサーっと引いて、きわをぼかしてあげると、グッと女性らしく、しかも知性のある感じに仕上がるのです。

それからブルー。



"パープルムード"
ライラックにクールブルーが混じった色です。
シルバーっぽいパールが含まれています。

これも強いブルーではなくて、伸ばすとほんのりブルー。
薄くぼかして、パール入りのダークグレーでラインを締めるとモードな感じに使えて冬にも愛用しそう。
オータムベージュでアイホール全体整え、このパープルムードを濃く色出ししてアイラインの上に重ねるのも好みです。その場合はマスカラでしっかり印象付けて。

そして最後がグリーン。
このグリーンもキレイ!



"オリーブグリーン"

個人的にはオリーブグリーンゴールドと呼びたい色。
とはいってもそれほどゴールドの印象が強いわけではないのだけど、光の当たり方によって、ゴールドのように光る瞬間があって、胸躍ります。

肌にくすみのあるときにこれを使うと致命的なんだけど、オータムベージュでベースを作ったら、目尻側にこれを入れて、光沢感のあるブラウンで締めるというのが好きな使い方。

そんなわけで、かなりお気に入りなのですが、このシャドウの粉質は本当に柔らかくキレイにぼかすことができるのと、強すぎない発色でシアー度高めなのでなかなか凝った1品。
HERAの限定品は最近、目が離せないアイテムになっています。


Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

CHANEL Illusion Dombre #84 EPATANT♪

JUGEMテーマ:おすすめコスメ類
 

シャネルでノベルティをいただくと同時にお買い物をしました。

いただいたノベルティはセラミックのカメリア。もう沢山いろんなところでアップされていそうですが、好きな香水を染み込ませて、香りを楽しみます。



ステキなプレゼントでうれしかったです。
が、シャネルの香水はあまり好みとは合わないので、別のものを使わせていただきます・・・。

さて、購入したのは2点です。




レティサージュの限定色と、秋に散々情報の溢れていたイリュージョンドンブル。

そのうちまずはイリュージョンドンブルの#84エパタンについて・・・。

もうすっかり話題にされた後に買いました。それすなわち、ステキだったからです。

ストイックなシンプルボトル。
クリームタイプのアイシャドウ、という位置づけです。




私が写真に撮ると、残念なことにすりゴマのようになってしまうこのエパタン。
実際にはカーキのようなシルバーのようなグレーのような、シャネルお得意の複雑な雰囲気のある色です。



秋冬のくすんだ空気感に似合う、シックなカラー。

いくつか手に塗ったところを撮ってみました。






ボトルに入った状態より、色が強くなく輝きが印象付けられるのがお分かりいただけるでしょうか?

このエパタン、ほんの少し眉下に乗せてもOKだし、アイライナーにもできるし、アンダーの目頭に入れてもいいしと、単にクリームシャドウとしてだけではなくなんとも使い勝手のいい子なのです。

テクスチャも絶妙で、非常にうす〜く伸ばすこともできるし、しっかり色を重ねることもできる。

そしてラメも悪目立ちせずにみずみずしくラグジュアリーな輝きを発します。

パウダータイプのアイカラーを使った後に重ねて使うことが多いですが、ぱっと表情が明るく見えるので重宝しています。

ちなみに小さな筆がついています。



ころころころがるから押さえないと撮れなかった・・・。

ジェル用アイライナーブラシのようなナイロンのコシのある筆。



斜めカットで使いやすいです。
もう少し柄に長さが欲しいのだけどね。
オマケだから十分です。



Posted by なつしろぎく | comments(2) trackbacks(0)

LOTREE Designing Gel Touch Eyeliner ★

JUGEMテーマ:韓国コスメ
 

アイライナーはジェルタイプをこのところずっと愛用しているのですが、以前は苦手意識が強かったのに、それが全くウソのよう。
それはもしかするとこのコのおかげかもしれない。



ネットオンリーのブランド、ロトリーのデザイニングジェルタッチアイライナー。
3.5g W24,000です。

ロトリーのサイトで買い物をするには、住民登録番号が必要なものですから、直接には購入できません。
日本から購入するなら、取り扱いのあるネットショップさん(コリアデパートやナレショップなど)から購入できます。

ロトリーはロートレックをイメージした名前。デコラティブなパッケージデザインも素敵ですが、実力も本当に高い。価格はそれなりのお値段ではあるけれど、デパートブランドの価格を考えるとまだまだお手ごろ。でも実力は百貨店並みに高いと思います。

さて、このジェルライナーにはブラシが一緒にセットされています。



携帯性も良い組み立て型なんですが、残念ながらいまひとつ私には使いにくかったです。

それはこの毛先の問題。



左はカネボウKATEのジェルライナーについていたもの。
遠い昔に購入したのですが、、ジェルライナーはあまり使い勝手が良くなかったけれど、このブラシはかなり良くて、今なお使用してます。おまけなのに、こんなに愛用するとは。ナイロンものだからか、長持ち?

太さはケイトの倍で、それはそこそこいいと思ったのですが、毛のそろい方の問題が大きいです。毛先にちょっと乱れがあって、ラインを書くのに使いにくい。可愛いのにもったいない。

それはそうと、肝心のジェルライナーがすごくいいのです。



固めのバターのようにしっかり目のテクスチャ。
でもかなりするする書けます!
マットで黒さはガッツリすぎない。いえ、黒いけど、恐ろしいくらいには黒くないのです。
そのぐらいがちょうど使いやすいのですよね。

にじみにくいし、しっかり印象強めるし、書きやすくてストレスフリーだし、可愛いし。
かといって、クールすぎないっていうのがすごくいい。
なんかできすぎちゃう野球部マネージャーみたいで腹が立ちそうなんだけど。

書いた感じはこんなです。




色展開がなくて、黒だけなんだけどね。

わたし、ロトリーのショップがあったらものすごーくはまっちゃいそうなのに。
ホントに優秀ブランドさんです。
最近ややはやり?のクリームシャドウとか、シングルアイシャドウとかも、きれいなものが多くて。
CEOもすごく美人です。

LOTREE ショップ→
Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

banila co. eye love gel eyeliner ♪

JUGEMテーマ:韓国コスメ
 

気がついたら、1週間近くブログ書いてなかったですね!
今週は忙しいながらも仕事の進展もあって早く過ぎていきました。

忙しいながらもしなくてはならないのが、メイク。朝のメイクでちょっとしたストレスになるのがアイライン。
アイラインは本当にニガテ・・・左目なんていくらやっても上手にならない。

ですが、このbanila co.(バニラコ)のジェルライナーは、そのストレスをかなり緩和してくれる優秀アイテムです。



banila co. アイラブ ジェルアイライナー Misty Gray 6.5g W9,500

ネットで購入したのですが、容量は見ないで頼んだところ、やってきたモノを見てびっくり。
ジェルライナーとしては大きすぎない?というガラスのボトル。

メイベリンのジェルライナーと比べてみますと・・・



一回り以上大きい。
こんなに多くて使いきれるのかしら・・・と心配になるくらい。
ジェルライナーって、気候にもよるのかもしれないけれど、ぼそぼそになっちゃって使えなくなったりするじゃないですか。

パッケージはもともとのバニラコというか、最近のポップな方向性ではなくて、クールな印象のすっきりデザイン。



ジェルアイライナーのカラーは現在11色あるのですが、箱や蓋がそれに応じたカラーリングなので、結構ありがたいです。とかいって、まだこれ1色しかないけど。

私が購入したのはMisty Gray(ミスティグレイ)。シルバーのラメが入った夏向きなメタリックカラーです。



ノーマルなグレイもありますよ→Urban Gray

このbanila co.(バニラコ)のジェルライナー、非常に伸びがいいです。
メイベリンと値段でいうと差はないと思うけれど、こちらのほうがするするんと筆が進みます。
柔らかくて睫毛の間も埋めやすい。

滑らかな感触を目元で味わうたび、楽しくなります。

乾くまでがちょっとかかるけれど、そのあとは滲みに強くて、その面でもストレスレス。
もちろん徐々に薄くはなるけど、まさにその言葉通り「薄くなる」という感じで、崩れ方もきれい。
お値段で考えると、優秀さはかなりのもの!

メイベリンの黒と色を比べてみます。



シルバーっぽいのがわかるでしょうか。
ちなみにこのまま1日過ごしてみましたが、お水がかかったり多少汗を書いてもどちらももつにはもったのですが、やはりメイベリンのほうははげるような感じ。バニラコのほうが全体的にうっすらする感じで、好みでした。

アンダーに乗せても大丈夫みたい。
ガッツリ引くことはないので、囲んだりするのに使えるかわかんないけれども。

ちなみに、あの時間がたつと、ボトルの中でボソボソになる現象も、3ヶ月くらいたった現在、まだ見えません。
このままキレイに使えるなら、大容量でも使えますね〜。

Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others