<< eSpoir Sensual Affair Multi Eye shadow センシュアルニュアンス。 | home | 水分&弾力UP isoi・秋冬の緊急対策アイテム登場。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

isoiの貴腐ワイン? isoi ブルガリアンローズ インテンシブ トリートメントエッセンス

JUGEMテーマ:韓国コスメ


まず、香りにうっとり。


isoi(アイソイ) ブルガリアンローズ インテンシブ トリートメントエッセンス
불가리안 로즈 인텐시브 트리트먼트 에센스 130ml ₩48,000

韓国ではすっかり定番化しつつある水液型のエッセンス。
isoiも、満を持してと言うべきか、洗顔直後に使用するファーストエッセンスとして発売してきました。

いただいた説明によると、
「洗顔直後の肌を呼び覚まし、基礎をかためる必須エッセンス
高い水分感と栄養で眠っていた肌エネルギーを呼び覚まし、
肌のキメ、トーン、弾力など崩れた肌バランスを素早く整えて
根本的にアンチエイジングケアをサポートするスターター、トニックエッセンス」
ということです。

いつものようにジャヨンミさん経由でモニターさせていただいている製品ですが、わたし、たぶんあまり「モニター」としては向いてないだろうなーと思うのが、ピンとくる点がないと、その製品を消化して紹介するということができないんですね。
それならそれで、そう書いてしまってもいいかもしれないけど、見極めないとホントのとこわかんないじゃないですか。
そもそも、いきなり「おや、なんだかわからないがすごいな」というものが、後々も良いとは限らないわけで。
そういうものにもずいぶん出会いましたから。

で、この製品。
isoiさんが力の入れたエッセンストナーとのことなんですが、使い始めてみて、しばら〜くは、肌そのものが「ぴん」を感じてくれなかったんですね。

でも香りがすばらしく良くて!
ブルガリアンローズハイドロモイスチャーエッセンスでも香りが麗しかったのだけど、こちらはさらにうっとりする香り。
もう一段、成熟させたような感じでしょうか。

ローズで作った貴腐ワインみたいなんだもの。

主に、夜に使うことが多かったんですが、腰痛めたり、胃痛があったり、ストレスたまっていた私を慰めてくれるこの香り。
お酒飲めないのだけど、そんな気分でした。

さて、美容液のようであり、ブースターであり、化粧水のようである、この製品。
植物エキスがたっぷり入ったトナー状エッセンス。



やや、とろん。



酵母系エッセンスだとさらさら系が多いけど、これはゆるくとろんとしているのです。
そうそう、成分の紹介もしないとですね。

<全成分>
精製水、グリセリン、エタノール、ベタイン、アルブチン、トレハロース、パンテノール、キサンタンガム、アラントイン、ダマスクローズオイル、アデノシン、五倍子エキス、オリーブ葉エキス、菊花エキス、ケイファエキス、ウツボグサエキス、オオヒラタケ発酵ろ過物、カレンデュラ花エキス、パルミトイルトリペプチド-5、ラクトバシラス/大豆発酵エキス、ホワイトウィロウ皮エキス、肉桂エキス、オレガノ葉エキス、ヒノキ葉エキス、オウゴンエキス、栗皮エキス、アセロラエキス、モロヘイヤ葉エキス、ブロッコリーエキス、ローズマリーエキス、ニアウリ葉オイル、カモミール花/葉エキス、センテラアジアチカエキス、甘草エキス、ボタン根エキス

植物のジュースのような成分表。

洗顔後すぐに使うものになりますので、使用感覚としてはブースター。
韓国のアロマティカ(aromatica)にもこんなふうなブースタータイプのトナーがありました。
あれはエタノールがなかったように思いますが、そのため浸透するのに少し時間がかかった記憶があります。

isoiのエッセンスはエタノールが入っているので、もう少し吸収の面で良いかもしれない、と、これを見て思いました。

使用するときはコットンにとって、肌に当てて吸収させていきます。
コットンにとると、とろみのある液状のためか、綿がふっくらとなり、摩擦が寄り軽減される感覚があります。
(写真ではオーガニックコットンの製品を使用しているので、黒っぽい綿実の殻が混ざり込んでいます)



 で、使用感は、ということですが、主に夜使用、といったのは、朝はスピーディーにケアすることがほとんどなので、吸収度合いでは普段使用している製品のほうが上回る、というのと、ゆったり使いたいので夜の方が合っている、と思っていたからです。

 やはり、使用してみると、アロマティカのように浸透するのに重さはなかったですが、それなりにゆっくりとした吸収だと思いました。
なので、コットンを何度か押し当てて、じわーっと肌に入れ込むイメージで繰り返し、最終的には手で包み込んで浸透させます。

これ、トナーっぽいので、トナーとしても使用できそうかな、と思うんですが、私の場合はこれ単独では保湿が足りず、別に化粧水を追加して使用しました。

私自身は、即座に肌がふっくらするとか、もっちりするとか、そういうはっきりした印象はなく、単純に心地よい香りとコットンがふっくら/摩擦なく使えることで、肌ストレスもかなり軽減されている印象で、肌力ががっつりと落ちているこの気候の不安定な季節にも、気持ちよく使えるなと思って、単純に「癒やし系」として使い続けていました。

そうはいいながら、手応えとしてはやや物足りなく、どうこれを総括するか、ということを考えておりました。

と、肌をなんとなーく触っていると、すこーしだけ、弾力が上がっているような気が。
あれ?というかんじ。
わずかに肌の厚みが出たような感じ?(肌が薄い方なので)

朝は別のものを使うし、毎日毎日使用しているわけではないので、これが効いた、という確実な反応ではありません。

ただ、キノコ系というか、アイソイ製品の多く入っている「オオヒラタケ発酵ろ過物」というもの。
説明に、この成分と「パルミトイルトリペプチド-5、パンテノールの相乗効果で肌の弾力を強化」というのがあったのですね。

まあ、もしかすると、他のものの効果と併せて、ブースターとしての力と、相乗効果があったのかもね、なんて思っていました。

それで、ある休みの日の朝、別のトナーのあとに、何か化粧水パックしたいなーと思ったとき、思い切ってこのエッセンスを使用してみました。

5分ほどのパックでしたが、その後鏡を見てびっくり。
顔が明るいのなんのって・・・。

ほんと、クスミが晴れるものだったんだなって大実感。

考えてみたら、この1ヶ月は体調不良や冷えによる不調もあって、肌自体もざらつきやすかったりひりつきやすかったりと状況悪かったんですね。
悪いときに夢のような効果が出るんじゃなくて、回復力をささえてくれていたのかもしれませんよね。

そしてさらにびっくりした出来事が、同じisoiのアンチエイジング美容液も試すことになったんですが、昨日どろどろに疲れて帰った夜、このエッセンス・isoi水分アンプル・isoiのアンチエイジングエッセンス、isoiのオイルと重ねてばったり寝たんですが、今日の朝の肌、弾力があったわけです。

私は正直、毎日を自然派コスメでケアしようと思うようなタイプではなく、毎日気分に合わせていろいろ組み合わせて使用したいほうなので、isoiだけをしっかり使い込む、という生活には慣れないのだけれど、isoiの製品、やっぱりこうやって組み合わせて使用した方が良さが現れやすいのかなって実感しました。

ただ、このエッセンス、わたしコットンパックで使用しましたけど、エタノールもあるせいか、肌が乾燥強いときとかはぴりっとするときもあったので、注意は必要ですよ。
パックにするにも直接ではなく、一度保湿を施した後の方がいいだろうと思います。

まだ、この製品がパワフルなのかやさしげなのか、なんだかつかみかねている感じはあるんですが、疲れた心にゆっくりしみていくような存在であり、アロマを炊くよりもずっと、直接感覚に問いかける香りの癒やしが、心に残るのでした。







 
Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:http://feverfew.jugem.jp/trackback/831
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others