<< mycoreaさんの韓国茶ショップ "mycorea+" ♪ | home | isoi 幼いしわとVラインのためのセラム。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

日差しで傷んだ肌に。isoiハングルシリーズのトナー&セラム。

JUGEMテーマ:韓国コスメ


夏祭りの運営係をいたしました。
毎年やってますけど、今年は真剣にしんどい暑さでした。
暑い中に歌うわ踊るわのパフォーマンスを見せてくださった皆様、焼きそばやフランクフルトを焼きつづけた皆様、本当に御苦労様でした。

わたしたち運営側もどろどろのへろへろです。
昨日は文字通り死んだように眠ってすごしましたよ。 

まあそんな、夏の日の太陽に負けたわたし。
毎年、祭りが来るのが怖いです。

汗と熱と日差しに肌も「ぎゃー」といいました。
そんなときに、私を助ける2つのアイテムが今年は2つありました。

韓国のナチュラルコスメブランド・isoi(アイソイ)のキャリアシリーズの化粧水と水分ジェルです。




肌の中に乾かない小さな泉、しっとりスキン 130ml/29,800W
내피부속에 마르지않는 옹달샘 촉촉스킨




水分チャージ、水分タンク, ジェル 50ml/43,000W
수분 충전 수분탱크, 젤


キャリアシリーズの製品ではオイルとエッセンス混合タイプのクレンジング「すっきり一日を消してくれるクレンジングオイル」を紹介しましたけれど、この2点も同じハングルネーミングのラインです。   

キャリアのラインは、私にisoiを紹介してくださったジャヨンミさんによると、基本20代女性向けの製品で、isoiの代名詞にもなるブルガリアンローズの成分は配合されていませんが、肌の刺激となるような合成成分は使用せずに、将来的に肌の老化を導くような生活紫外線を防ぐ活性物質を配合し、キメが整った弾力ある肌へと育てるラインだそうです。

そのせいか感触も全体的にさわやかでさっぱりとした使い心地。
エイジングケアが気になる私には、若干物足りなさがあるのが正直なところ。

でも、こういう肌にダメージ!な夏には、助かるなと思う点がいろいろあって、祭りの後のぐったりした状態でも、手が伸びたのはこの子たち。

まずは、トナーの紹介です。

トナーはさらっとしたタイプなので、コットンにたっぷり取って使用します。



(と言っておいて、写真ではややけちっている)

こちらのトナーは毛穴の奥の老廃物もすっきり拭き取ることができるそうで、まさに夏向けの化粧水。
だけど、一般的な毛穴ケアトナーと違って、さっぱりした使用感で有りながらも、すうっと水分が肌奥まで入っていくようなしっとり感も味わえます。

この、浸透していくときがすごく気持ちいい。
ありがちな表現ですけど、肌がごくごく水を飲む感じ。

特別な香りなどもないし、むしろほとんど香りの存在を感じないのだけど、肌がこのトナーを飲み込むときには、清々しさがぱっと広がって、最後にミントを噛んだ時のようなスースーッとするような、ポッとともるような、不思議な感覚があります。

そうそう、ちょうどハーブウォーターに微炭酸が入ったような感覚。

ジャヨンミさんにいただいた全成分表でみると、この化粧水はこのような成分でできてます。

精製水、グリセリン、ベタイン、ローズマリーエキス、ニアウリ葉オイル、カモミール花/葉エキス、つぼくさエキス、甘草エキス、FN-321(アワビタケ発酵エキス)、メシマコブエキス、乳酸、パンテノール、栗皮エキス、ホワイトウィロウ皮エキス、オウゴンエキス、ボタン根エキス

ミントとか言って、ミントなんて入ってないじゃない、と自分で突っ込み入れてしまうのですが、では何が「すー」「ぽっ」とするのか。

もしかするとアワビタケ発酵エキスなのか、もしかするとローズマリーなのか。
まあよくわかりませんが、個人的にこのスーッとしてポッとともるような感覚はかなり好きです。

人によっては刺激と思ってしまう人もいるかもしれないし、植物成分が全く刺激にならないわけではないので、相性には注意するべきですが、私個人で言うと、結構鎮静の効果も感じて、熱波のおそった祭りの後の疲労肌にもすごーく穏やかにきいてくれました。

これまで使用させていただいたisoiのトナーに比べると、非常に浸透が早く、さらに誰にとっても心地よいと思うような使用感になっていると思います。

今朝は贅沢にコットンパックしてみたんですが、これもかなり有効。
べたつきないのですが、水分は深ーく入ってくれる感じがあるのです。

朝のむくみもとれるし、夜もむしむししていてだるーいまま目覚めた状態をすっきりさせてくれますし、肌コンディションも整える。

まあ、とにかく、気に入って使ってますので、減りもすごく早いんです。



これ、撮影したときは半分くらいになってました。
でも今はもう、このさらに半分くらい。

お値段がお安いわけではないけれど、20代でこういうコスメ使っていたら、すごく健やか肌になりそうですよ。

さて、もう一つの「水分チャージ、水分タンク、ジェル 」はといいますと。



色がまた、ナチュラルゆえなのか、このように茶色がかった透明です。
すこしピンクっぽく見えたりもして、すこしかわいげを感じるんですが、手に取ると完全に透明に見えます。

こちらの全成分もいただいたので、ご紹介いたします。

精製水、グリセリン、トレハロース、ベタイン、ローズマリーエキス、ニアウリ葉オイル、カモミール花/葉エキス、ウツボグサエキス、カルボマー、カカオ種エキス、FN-321(アワビタケ発酵エキス)、メシマコブエキス、キサンタンガム、アラントイン、パンテノール、栗皮エキス、ホワイトウィロウ皮エキス、オウゴンエキス、ボタン根エキス、アルギニン

すこしの違いはあるけど、トナーとよく似てますね。

とろみはこんな感じ。



わりと、よく流れます。

見た目ぷるんとしてるんですが、肌に乗せると水分のようになるんです。
とろみトナーみたいに感じるくらいに、水分になっちゃうんですよ。
あまり、もっちりとか肌ぷるんというようなマジカルな演出はありません。

だから塗ったときも、肌表面はけっこうすぐさらりとなりますね。

まさに、水分だけをじゅっと押し込むような軽い感触のジェルです。

それだけに、使用感のコシがない感じ。
軽すぎてちょっと印象がないんですね。
印象がないというのもあるし、私のような20代遙か遠くという年齢だと、ものすごく物足りない感が際立ってしまって、「どうしよう」なんて思ったものです。

しかし、こういう緊急時にはこれほど良いものはありません。

ほてりまくった肌を穏やかに鎮静させてしまうから。

刺激の一つもなく、肌がほぐれていく感じがわかるのです。

トナーとこのジェルを使うと、あの熱っぽかった肌が「何のこと?」というくらいにけろりとなる。

これから連日、肌は異常な熱気と日差しの中で戦わなきゃならない。

「これはまずい」という日には、夜にこういうアイテムを一つ加えてあげるといいかな。

普通の健康な状態だと、ちょっと効果を感じにくかったり、アンチエイジングの積極性は薄いので、手応え重視のスキンケアとしては物足りなく感じるでしょうけど、このような夏は何度もやってくる。

そういうときに使ってみると、この素直な良さがじわっとしみるでしょう。

どちらがおすすめ?ということになると、加えやすさでトナーです。
ただ個人的にはジェルのほうがより鎮静度は高いと思います。

ターゲット通り20代が使用するなら、十分保湿効果を感じるでしょうし、これを使っていけば肌がホントに良い状態になるような気はしますが、20代でも後半以降は、もう少ししっかりした効果をほしがるでしょうね。

ただ私のような世代でも、プラスワンアイテムとしてかなり良い使用の仕方があるので、基本的なクオリティは高いなと感じています。

このハングルネーミングのラインは、オリーブヤングでも販売していると言うことなので、旅行中でも気軽に購入できますね。

わたしはダンナにこれ買ってあげようかなあってちょっと思ってます。
男性でも乾燥するタイプの人には、結構いいんじゃないかって。
さりげなーく、洗面台においておくこととしましょう。





Posted by なつしろぎく | comments(4) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments
灼熱の台湾から戻った今、まさにisoiのこの記事がひっかかりました。って、リリコスの立派な美白ラインを使っている今、単なる浮気心で好きなハングルシリーズをチラチラ気にしてるんだと思うんですがw 台湾茶、今回はLCC利用だったため、狂ったようには買えずでしたが、好きなお茶屋さん2軒まわって自宅用を中心に買ってきました。ブログに書いてたら異常に桂花烏龍茶ばかりを各種買ってたことに気づくというw そんなに好きだったのか?というわけではなく、この暑い中、試飲で冷たい桂花烏龍茶を出されてノックアウトされたというのが正しいかもです。お陰で店員さんに体の熱をとるお茶は?とか相談する間もなく。きっと台湾はまた訪れると思うので、その時は思いっきり買いたいと思います。それまではゲンズティー、私も真似させていただいて飲んでみたいです!
sazae | 2013/07/11 09:41
「すー」「ぽっ」わかります〜 笑

私も今日はこの記事ですが、なつしろぎくさんの細かい描写に思わず「それ!それだよ〜」と、納得し、自分の表現力のなさを改めて感じています 苦笑

たぶんこれ、本当はもっと若い肌向けなのでしょうが、わたしはさほど乾燥肌でもないので、このくらいが好きですね〜
この夏は活躍しそうです。

mionaona | 2013/07/11 23:35
>sazaeさん♪

誘惑するわけじゃないんですが、これ、リリコスの美白トナーと一緒に使ってもいいと思いますよ。
個人的に、たいていの美白トナーだけだと水分が足りない感じがするんです。
夏はすぐ水分不足になるから、私も美白トナーと併用してますよ。
あと、お祭りの後、何となく美白トナーはひりひりするんですね。
だからこの化粧水をものすごーく愛用中です。
じわじわっときます、魅力が・・・!

キンモクセイのお茶、夏向けですよね♪
秋のお花だけど、アイスで飲むのなら夏に良い香りだと思います。

台湾のお茶はあまり発酵させていないように思うので、涼性があるように思うんですが・・・私もシロートでよくわからないです汗。
なつしろぎく | 2013/07/12 21:59
>mioさん♪

うーんこの化粧水、どんどん気に入っていきます!
リピート間違いなくすることになると思いますね。
私はこの時期に計っても油分がものすごーく足りなくて、
これだけだとちょっとハリに弱さが出ますので
別にもう少しこゆいのを使ってもいますが
1日の疲れを取ってくれるトナーという感じがします。

アイソイのトナーの中で、もっとも万人受けするだろうし
誰にでもおすすめできるトナーですね♪
なつしろぎく | 2013/07/12 22:06









trackbacks
URL:http://feverfew.jugem.jp/trackback/811
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others