<< eyecream三昧。 | home | とろりん保湿 isoi ブルガリアンローズポアタイトニングトニックエッセンス。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

オイルがないと過ごせない冬・ISOIの"さっぱりオイル"。

JUGEMテーマ:韓国コスメ
 


冬になると寒さ厳いせいか、体調がやたらと崩れやすく難儀します。
この10日ほど、どういうわけか普段にない吹き出物の頻発が。
体が疲れているので肌ケアする気持ちも負けてしまい、ロクな手入れをしなかったせいでしょうか。

それに肌がしぼんだ状態なので、ひたすらに化粧水を入れ込んで、しっかりとふたをしてあげました。

そんな、弱った肌に栄養を与えるオイルをプラス。



isoi(アイソイ) "水分を守ってくれるさっぱりオイル" 30ml W39,000 
수분을 지켜주는 산뜻 오일

isoi(アイソイ)の製品はいくつかご紹介させていただきましたが、このオイルもジャヨンミさんにご紹介いただきました。

isoiらしい100パーセントナチュラルなオイル。
全成分も教えていただいたので、書き出してみました。

マカデミア種子油、オリーブ油、メドウフォーム種子油、ぶどう種子油、椿油、アルガンツリーカーネル油、アメリカヘーゼルナッツオイル、ホホバオイル、月見草オイル、シーバックソーン油、ニアウリ葉油、ラベンダー油、トコフェロール、オオヒラタケ発酵ろ過物、ローズマリーエキス、カモミール花/葉エキス、センテラアジアチカエキス、甘草エキス

シーバックソーンは日本だと中国名での沙棘(サジー)が馴染んできているような。
オメガ3・6・9に加えてオメガ7が含まれていることで美肌にも期待を与える成分の一つですね。

また使用されているオイルを見ても、名前の「さっぱり」を表すような、サラサラ系オイルが並んでいます。

マカダミアナッツオイル、メドウフォーム種子オイル、ぶどう種子(グレープシード)オイル、ホホバオイル…いずれも軽やかで肌なじみの良さは代名詞になりそう。

ところで、この製品名は韓国語でつけられたものです。



明確でわかりやすい名前は、どことなくうぶな感じもする。でもストレートなメッセージにはつい振り向いてしまうもの。

このように自己愛ともとれるハングルネームは、どこぞの国のよさげなものをもってきたよ!みたいな輸入満足中毒性を廃しても、十分に自国女性の肌に向き合えるものなのだと言っているような。

さらりんとしたオイルはあっという間に肌になじんで、薄い薄いベールをかける。ただ、それだけ。
すごく珍しいオイルではないし、すごく個性があるということでもない。

でも、こういった軽やかですっと肌にしみいるようなタイプのオイルは、オイルを好まぬと明言する人も、上質で使いやすいオールマイティオイルが欲しいと思う人、さらにオイルは試してみたいけど何を試したらいいの?というひとのいずれにもマッチするアイテム。

つまり、本当に基本的なオイルなのです。美点すなわちその基本的姿勢。




もしあなたが特別な手ごたえや強力なパワーに夢中なのなら、拍子抜けするかもしれませんけれど、自然派の人にはたぶん気持にもさらっとしみ込んでくれると思う。
自然派ではないけど、私もさらさらっと吸収されるこの素直さが気にいっています。

そして、負担を感じないだけではなく、基本的な保護作用を果たしてくれて、栄養効果や柔軟作用も素早く感じられます。

サラサラだからか、他のオイルよりも肌理が整のう実感も早い気がします。

なにより、乾燥ゆえに使い始めてみて、何日か使うと急に重さを感じることもあるオイルが割と多いのに、こちらは何日使用しようとけして重くはならないのです。

isoiの記した使用方法は、スキンケアの最後に浸透させるというものですけれど、私は朝の場合は乳液やクリームにまぜてしまうことも多いです。夜はたっぷりの量を肌に乗せ、少し甘めの優しいラベンダー香を吸い込みながら、パックみたいにしたりすることも。そのあと化粧水でふき取りして、最後クリームに混ぜ込んでオイルの栄養をダブルで挟んでしまえ、なんて使い方も。完全自己流ですけどね。

そして私は、実のところハンドケアに使用するのがかなり好きです!
いえいえ、今までもオイルでハンドケアすることは多かったですが、この負担ない吸収度合いは、手ほどより強く好感度を抱かせます。

面白いくらいするると入って、かといって人工的なものがないので、おかしなシルキーさもなくて、すぐに肌が明るくなったりするんですから、潤い効果もうれしい限り。

お手頃な価格でもありますし、開封したら6カ月以内に使用するという時間の限りがあるので、私は積極的に手にも使用しちゃいます。

isoiのこの"水分を守ってくれるさっぱりオイル"は、直営店の梨大店&狎鴎亭ロデオ店のほか、一部のオリーブヤングにも販売していたりするそうです。
オリーブヤングで購入できるのは、旅行人にとってはうれしい限りです。

名前そのもの、化粧水のたっぷり使いとこのオイルで、潤いがやっと戻ってきた感じの、わたくし。

もう少し「濃い」手触りを好む人には、ブルガリアンローズのバームも出ているので、好みに合わせていろいろ使ってみるといいですね♪




















Posted by なつしろぎく | comments(2) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments
韓国コスメいいですね。シーバックソーンオイルは抗酸化作用が強く抗菌作用があります。北海道で栽培が始まった果実でシーベリーと日本では呼びますよ。北海道産シーベリーのコスメありますよ。
まい | 2013/02/13 16:12
>まいさん♪

コメントありがとうございます。
日本名はシーベリーと英語から作られているのが
少し不思議ですよね。

砂漠や枯れた土地にも育つことのできる
強い植物というところが有名ですが、
北海道の肥沃な土地で育つと
どういう違いがあるんだろうというところに
興味があります。
なつしろぎく | 2013/02/14 23:30









trackbacks
URL:http://feverfew.jugem.jp/trackback/789
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others