<< eSpoir マーヴェラスリップグレイズ  | home | Innisfree The Green tea Seed Oil …! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

eSpoir Sparkling Bom with MAG&LOGAN &魅惑のギフト。

JUGEMテーマ:韓国コスメ
 


実はまだ手元に届かないホリデーアイテムがあるのに、年は過ぎ行こうとしています。
ですから、それは年明けにお楽しみがあるっていうことで、気長に待っていようと思います。

で、今日紹介するものも引き続きeSpoir(エスプア)のホリデーコレクションwith MAG&LOGANのソリッドパフューム。
eSpoir自体がもともと香水ブランドでしたが、現在母体になるアモーレパシフィックはロリータ・レンピカ、そしてあのアニック・グタールをも抱える企業なわけで、今後香りの面での研究もすすむのかしらん、とちょっと期待しております。

それで、というわけではないのですが、エスプアのイメージする香りってどういうもの?と思ったのもあり、手ごろな価格で発売された今回の「スパークリングボム with MAG&LOGAN」の固形タイプを購入してみることにしました。
 
それに、ソリッドパフュームは気軽に使える良さがいいです。
ケースが価格なりというか、アクリルでカジュアルになってしまったのが少し残念ではありましたが、手元に届いてみるとそれなりに楽しく感じました。

まずは箱。



eSpoir(エスプア) スパークリングボム ウィズ マグ・アンド・ローガン ケイクフレグランス
에스쁘아 스파클링밤 위드 맥앤로건 케잌 후레그런스 4.5g W13,000

つくづくこのピンクベージュと黒の合わせが、今回のコレクションをどれだけ魅惑的にしているか。
昨年もこういうデザイナーとのコラボをやっていたと思いますが、今回はラグジュアリーでありながらカジュアルで、イメージも洗練されて印象的になりました。
そのうえ、この雪結晶マークのハード感がぴりっと甘くならないのがまたよろしい。

さて、箱から取り出すと。



アクリルの簡易なケースながらも、これはこれでかわいらしいですね。
私が20代だったら、間違うことなくご満悦だったろうと思います。
いずれにせよ私がAroun 40であるのと、エスプアが20代向けのミドルクラスメイクアップブランドであることの乖離に責任はありません。

それに持ち歩きで軽いし機能面では満足満足。

そういえば、箱の内側もこの今回の美麗デコールが印刷されています。



さて、開けてみたら鏡が付いていてちょっとコニクイうれしさ。



開けてみて楽しいわけではないので、香りの説明をHPから引っ張ってみました。

今回の"マーヴェラスヒロイン"のIcy pure & Glam sensualというイメージに合わせたブレンドを受け持ったのが、有名売れっ子調香師のナタリー・ローソン。
世界の2大香料メーカーはスイスのジボダンとフィルメニッヒだそうですが、そのフィルメニッヒの調香師とのこと。
しかし製造はフランスではなく韓国です。
資生堂もこの方に調香をしてもらっているものがいくつかありますね。
私は昔からある黒い「禅」が好きですけれど、新しいほうのZENはやはり外部委託で作られて、白い
ZENはナタリー・ローソンさんが手掛けたんだそうです。

資生堂も昔は自身でクリエイトしていたということですが、今はこのように海外に依頼しているんですね。
アモーレパシフィックがアニック・グダールやロリータ・レンピカを獲得しているというのは、やはり国内での調香師でクリエイトしていく可能性が低いのかもしれないけれど、土地で育った人が作りだすもの独特の特徴だってあると思うし、国内の人も育ててほしい・・・でも難しいことでしょうねえ。

閑話休題。

さてナタリー・ローソンさん。
そのほかにも大手ブランドの香水を相当に手掛けているのですが、たとえば

・ブルガリ プールファム
・ドルチェ&ガッバーナ シシリー
・ポール・スミス MAN
・ジル・サンダー ピュア
・ショパール ウィッシュ
・グレ グラン・ド・フォリ
・クロエ イノセンス
・ラリック アメジスト

軽く調べてもこれだけでてきました。 

香りとしては「ピュアフルーティーフローラル」だそうで、

トップ;スパークリングライム、柚子、ハニーサックル
ミドル;フリージア、ミュゲ(すずらん)、ホワイトピーチ
ベース;シダーウッド、アンバー、ホワイトムスク

なるほど、女の子っぽい感じに仕上がっております。

初めは甘ったるくややフルーティ、しばらく経つとフローラルの華やかさとややパウダリーな甘さが強まり、最後にアンバー、ムスクの香りが残る感じでした。シダーウッドはあまり感じなかったけれど。

最初のフルーティーさが個人的には好みではなかったので(個人的にはそんなにフルーティー傾向がない)、出かける時間に合わせて調整してつけたらいいかな、と思いました。
でもややありふれた香りで、せっかく著名な調香師が作ったという特別感は何も感じられないのが残念。限定品としては少しピンボケして感じます。ただ、韓国の方ってこういう甘い香りが好きそうだから、合いそうですね。

ソリッドパフュームの価格的には妥当な出来。鏡つきなどの利点があるので十分でしょう。
ロクシタンの練り香よりは変化を楽しめるし、よいかと思います。

使用期限は開封後12カ月でした。



今回のコラボで製作されたスパークリングボムは3タイプあり、このソリッドタイプのほかに、オーデトワレと・・・



パール感のあるパフュームドパウダーが出ております。



いずれも容器が美しく、フォトジェニック。

さて、このように香りの話でだらだらと長くなりましたが、ここから第2部。
今回のホリデー with MAG & LOGANのアイカラークラッチは実は特典付きになっているものを購入していたので、なかなか素敵なプレゼントでした。

まずパフュームキャンドル!ホリデーならでは!
こういうセンス、素敵ですね。




今回のアールデコ調パッケージは、最初はさほど来なかったですが、繰り返し見ているうち愛着わいてきました。華やかでよい。これぞホリデー。

箱から取り出したキャンドルは、ジェルライナーより一回り大きめでかわいらしいサイズ。
ふたもエスプアカラーのくすみヴァイオレットです。




香りはスパークリングボム with MAG & LOGANのものですが、こちらの方がまろく角が取れている。
ハンドクリームとかスキンケアとかカラーリングアイテムのミニがついたりするのも悪くないけど、キャンドルはよりシーズン感が楽しめて、個人的にはハッピーなプレゼントです。

さらに、限定販売品でもあったクラッチ。
販売価格はW15,000でしたが、売り切れちゃったみたいですね。



クラッチといってもバッグほどには大きくなく、ポーチサイズ。
MAG&LOGANのクチュールドレスデザインのようなクラッチにしたてたということですが、確かにこれはパーティームードにさせてくれますね。

ピーチのサテン風生地に黒のエンブロイダリーレース。
このように磁石で止めるようになってます。



(ふわふわっと糸が見えるところは、このクラッチの糸がほつれたのではなく、入っていた不織布の袋のものです・・・)

黒の部分は、表側が黒のサテン風で、内側がレザー調というふうに凝ってます。
レースはひっかけそうでちょっと怖い笑。



中はすごく量が入るというほどではないですが、十分な大きさがある。



しっかりした作りだから、W15,000ならお得感あると思います。
写真で見たときはさほど好みではなかったけれど、やっぱり受け取ってみたら嬉しいプレゼントでした。

が、どおしたことか。
これ、2つ届いたんですよ!

たぶん、グロスや練り香も買ったから、何かの条件で特典がさらに付いたのかもしれない。
でもびっくりしちゃった。



ということで、一つは友達にあげることに。


で、MAG&LOGANコラボのアイテムがまだ一つ届いていないけれど、とりあえずかなり満足しています。
今回、HERAのホリデーも冬限定もこじんまりしていたし、いずれのブランドをのぞいても心騒ぐものがなかったけれど、eSpoirのおかげで満喫!

ただし、沢山褒めた後でなんですが、11月に発売したこれらのコレクションが12月にセールで割引されているのを見るとがっくりも来ましたよ。

とはいえ昨年より俄然内容の良いコレクションになっているし、来年にも期待を膨らませてしまいます。そしてやはり日本にいる立地上、内容が良ければセールを待たず購入することになるでしょうね。

どちらかというとHERAが頑張ってほしいところなのですけど、ね。
HERAは今回インパクトとしてはO HUIには負けたと思います。実用度は別だけども。
そう言いつつも冬の限定品は購入したものがあるので、別にご紹介しなくてはなりません。




Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:http://feverfew.jugem.jp/trackback/781
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others