<< 潤いで弾む、isoi ブルガリアンローズリフティングコルセットマスク。 | home | eSpoir with MAG&LOGAN Marvelous Eye Color Cluch ! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

みっちり守られる、isoi ブルガリアンローズインテンシヴエナジャイジングクリーム。

JUGEMテーマ:韓国コスメ
 


クリスマスケーキの季節です。

昔、お父さんの買ってきてくれた大きなクリスマスケーキが、バタークリームで出来ていて、このころの田舎では、まだ正統なケーキがバタークリームのケーキだったのかはわかりませんが、我が家ではみな見た目の美しさに反して、口の中にべとりとするクリームが苦手で、みんなでスポンジだけ一生懸命食べたという思い出があります。

このクリスマスケーキの思い出は、そのうちに「アイスクリームケーキ」に変わっていったりして、時代の影を追うような懐かしい香りが漂うのですが、それはまた別の話。

その後大学に入って、東京という都会の、昔でいう江戸でもない場所に住んでいたころに、スタイルの富んだケーキや輸入のナチュラルチーズといったものに触れるたびに驚嘆していたころがありました。それは良くも悪くもで、「東京に染まっていく自分」みたいなものは快感でもあり嫌悪感でもあるわけです。

ある日、昔ながらの「モカケーキ」が売っているのを見て、無性に懐かしくなり。
購入して一人家で食べたときの驚き。口の温度で溶けるバタークリームは、何ともおいしかったです。

しっかりとした技術で作られたバタークリームの溶け心地は最高。
それ以来、バタークリームに対する偏見は溶け、むしろバタークリームで作られたケーキを見るとわくわくとするようになったのです。

・・・とまた遠回りをしてなんのことやらという始まり方になりましたが、このクリームを使用した瞬間、きちんとしたバタークリームのような感触をすっかりと気に入った次第です。




isoi(アイソイ) ブルガリアンローズインテンシヴエナジャイジングクリーム 50ml W59,000 
불가리안로즈 인텐시브 에너자이징 크림

こちらもブルガリアンローズの養分たっぷりな贅沢クリーム。

栄養クリームと呼ぶにふさわしい、リッチな使用感で、私のような水分保持力も油分分泌も少なめの肌には抜群に効果があります。

実は某大手さん発で、最近日本の方にも大人気のナチュラルコスメブランドがありますが、そこで買ったリッチな栄養クリームがちょっとしっくりせず…。

この製品も評判を見るとなかなかよいのですが、とかくクリームは私のお肌の好みがうるさいようでございます。

そのクリームも、このローズクリームも、かためでどっしりしたテクスチャ。

だから、若干最初は不安の記憶に揺れたのが正直なところ。

かためでねっちりしたクリームゆえに、充填の際にどうしても空間が出来てしまうのだそうです。



さて、いよいよクリームのご尊顔。
あけたら、なんともかわいらしいクリームの登場・・・。



「よくホイップされたブールマニエのようにきれい」
私には食欲表現ばかりですが、本当に「可愛い」と思いました。
とにかくisoiの製品はおいしそうなものばかり。

掬ってみると、重みのある手ごたえ。
やはりどこまでも手作りな匂いを感じさせます。



なぜかもうひとつ、掬ったクリームを写している。
気にいってたらしいですね…。



本当に食べれるんじゃないかと思うくらいでした。

そして肌に塗ってみます。



厚めにむったりと塗ってみましたが、硬さや粘度が想像していただけると思います。
ところが手で伸ばしていくと、温度でするんと軽く伸びていきます。

このときの感触がまさに、くちどけのよいバタークリーム!
肌の上で瞬間的にあのおいしいモカクリームの清純な口どけ感を思い出しました。

私はクリームには官能的なものと清純的なものがあるんだと、この時気づかされたのです。

もちろん、それには塗った感触もバターのようなというところではあるので、さっぱり好きな方や油分の分泌が多めの方には合わないかもしれません。
グリセリンが成分の中で上に来ているので、それも重さの一つだろうと思います。

そしてもう一つ特徴的なのは、バターのように肌表面にするすると広がり、膜を張る様にとどまるというところ。

しかしここで言う「膜」は、私の苦手なポリマー感ではなくて、ある意味油分のパックをしているような状態で、極乾燥に傾きやすい私には最強の頼もしさ。

普段は肌の中にすっきり入り込み内側からつんと張るようなタイプが好きですが、このローズクリームは肌の表面からじんわり栄養をしみこませていくような感じ。

夜に使ってみたら肌はしっとりもっちりと潤い、しばらく使い続けるとハリも出てきました。

isoiの語る効果としては、保湿+美白+弾力+デトックスなのだそうです。
美白は「ホワイトニング」ではなく「ブライトニング」の方が感覚が近いと思います。
肌がまったりとオイルパックされ、翌朝には輝く肌。
肌質やテクスチャが好み分かれる部分ですけれど、私にはもう「美味」でございます。

こちら、Day&Nightのクリームですが、やはり朝用に使うと、思いっきりケミカルなメイクアイテムとは相性が合いません。下地がしっかりフィットせずに、もろもろとクリームがはがれてでてきます。

ただ、お休みで引きこもりデーの朝は、このクリームでケアすると1日もっちりしっとりで、柔らかくみっちりとした肌になれるんです。

ハリ弾力がナチュラルケアでこれほど早く感じられるのって初めて。

この12月のお疲れ月、体調も悪くてケアも手抜きしやすいんですが、このクリームを塗って寝ると、肌が全く調子落ちないのでびっくりです。

ここまでisoiの3アイテムを使用してきましたが、いずれも非常にクオリティが高く、きっちりと効果を発揮するところが素晴らしかったです。

isoiはもともとLOGONAの輸入販売をしていた会社で、メソッドもLOGONAと提携されて生んだブランドだったそうです。

内容は西洋に偏らず、東洋ハーブ=韓方なものも使用しておりますので、まさに洋韓合体コスメ。

このブランドには未来を感じますね。
いつか日本でも出会える予感があります。
その時は今の「韓流」でなんでも片づける安易な風潮ではなく、真正面からコスメを受け止める土壌ができていてほしいなあと思うばかりです。

つくづく、10月に梨大によってisoiショップを訪れなかったのが悔やまれます。

素敵な製品をご紹介くださったisoiの皆さま、そしてジャヨンミさんに、改めて감사합니다!









Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others