<< SEOUL 2012 October こまごまお買い物&おうち韓方。 | home | IOPE BIO ESSENCE INTENSIVE CONDITIONING ♪ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

SEOUL 2012 October ラストは明洞聖堂。

JUGEMテーマ:韓国旅行
 

いよいよ帰国する朝。
少しだけ時間があったので、明洞聖堂に行くことにしました。



入口のところが工事中のようで、あの階段の雰囲気が味わえず残念でしたが、久しぶりに見る朝の明洞聖堂は美しくて、どきどきとしました。

5月に行ったソウル聖堂はロマネスク式でしたが、こちらはゴシック式の聖堂。
今年はこの2つの代表的な聖堂を訪れることができました。



ミサが終わった後の時間で、ひっそりとしていましたが、低い朝の太陽の光と、しとり気を感じる空気感が、この煉瓦の建築にとても似合っていました。

と、そこへ広東語らしい言葉を話す団体が…!
観光ツアーのルートになっているのか、中にどんどん入って行きました。

われわれも少し中で座らせていただきました。

ステンドグラスが朝日に透けていく様子が、実に美しくて、厳かな聖堂の中で静かな気持ちになりました。

この明洞聖堂の入口、とても私は好きなんです。



精密に積み重ねられて、この建物を作っていた人たちは、このようにいくつもの願いをこめて煉瓦を一つ一つ合わせていたのではないかしらと想像してしまう。

そして興味深いのは、扉。



カッをかぶった男性・・・ソンビのような姿が描かれていて、印象的なのです。

この建築が完成したのは1898年。1897年に国号を大韓帝国としたのですから、まだこのような伝統的な姿の方々がいらっしゃったのでしょう。
韓国に天主教が根付くその歴史的地点としての聖堂の意味を感じさせます。



日がどんどんと高くなっていく中、街も動き出そうとしています。
目覚めの時間にここに来れて良かったと思いました。
小さいようで広いソウル、いつまたここに来れるかわかりませんが、カソリック信者ではない私でも静謐な様子に心落ちつく時間をいただけました。



振り向けば明洞の大きな街。
来るたびに変わる都市ソウル。

次に訪れるのは5月です。
こうやってブログに起こしていくと、10年たった時にあの頃はこうだったなあ・・・と振り返ることができるような気がしています。

だって10年たって、どんなふうな街になっているかは本当に想像できないですものね。

ホテルを出て、乙支路からタクシーで金浦空港に向かうことにしました。
タクシー乗り場で待つ人がなかったからすぐ乗れました。

このタクシー技士さんとの時間、最後に素敵な思い出をくれました。
一般タクシーだったんですが、登録写真は髪ふさふさのおじさん・・・でも現実は「あれ?」という御方でした笑。あれ別人みたいに見えちゃうけどいいのかなあ?

片言英語でお話しして下さるに、娘さんが日本人と結婚して茨城の某市にいらっしゃるということ。
そしておじさんは聖堂で聖歌隊に入ってラ社るんですって。
そこで1曲歌ってくださったんですけれど、ホントお上手!

歌いながら運転って大丈夫?と最初はらはらしましたが、運転はわりと穏やかで、安全運転、確認ばっちりなおじさまでした。

歌い終わって、「日本のフォークソングは何が有名?」と聞いて下さったのですが、私たち、日本のフォークソングと言われるとパッと思いつかず・・・。韓国の方のご存知の歌手もわからなくて。

そこでおじさんはダニー・ボーイを歌い出しました。
ホント美声で、タクシー技士さんじゃないみたい笑。

娘さんがいい旦那さんに恵まれたっていう話をされたり、お孫さんがとってもかわいいなんて話をされたり、フレンドリーなおじさまでした。
時期的には「あれ」のあと時間もたっていたし、私自身は過去の経験もあり、その間に行かれている先生方のお話も伺っているので、まったく気にしていなかったんだけど、おじさんは気遣ってくださるのか、いつまでも両国は仲良しと繰り返しおっしゃってました。ご家族もあるので当然の思いでしょうね。

金浦空港に近づくところで、到着ターミナルと出発ターミナルの案内が出ていたのですが、おじさん間違って到着の方に行っちゃったんですね。
それで、「ああ〜、間違っちゃった~!」ってここは韓国語。
独り言は当たり前なんですが韓国語です。

「どうしよう、10分しか残ってない」ってつぶやいてましたけど、??いえ、十分間に合うよう早めに来たから大丈夫ですが…。
もしかしたらおじさんが「何時まで」と思ってた時間があったのかしら。

私たちは別にエレベーターとかで上がればいいかと思ったんですが、到着ターミナル前で掃除をしていたおじさんを見つけて、「間違えちゃったんだけど出発ターミナルはどう行けばいいんだ」って聞いて。

するとその清掃員さんは「エレベーターで上がってもらえばいいじゃないか~!」ってめんどくさそうに言い返すんですが、タクシーのおじさんは「でも僕が間違えちゃったんだもの〜、教えてくれよ〜!」って言って教えてもらって、そのあとも「ああ間違えちゃった、間違えちゃった」って何度もつぶやいてました。

そのことが逆におじさんの人の良さを感じさせてくれて、じ〜んとしてました。

おじさんとは無事出発ターミナルでバイバイだったのですが、考えたら名刺とかもらえばよかったなあ。
いつかまた、ソウルの街であの技士さんに乗せてもらいたいです。

チェックインして金浦空港のロッテモールでまた本屋さん。



ヨンセ大の教本があったから、買ってしまいました。
そして小さい料理本。



どっちもW3,200です♪

オットはなぜか英語版ガイドブック購入。
でも日本にあるものよりずっと詳しくて写真も綺麗。おもしろいです。




このようにして旅は終わりましたが、まだまだ訪れたい場所があります。
私の韓国語レベルが独学でどの程度上がるかわかりませんが、地方にも行きたい場所がいろいろあります。

これがまだ途中の旅で、あとどのくらい続くかわからないけれど、また次の夢想を始めたいと思います。

長々のんびりの旅行記になりました。
ということでこれからようやくコスメレポートに・・・行けるかしら笑?






Posted by なつしろぎく | comments(2) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments
明洞聖堂はわたしも好きです〜
ただ、ドラマ(美しき日々)を思い出しちゃうけど 笑

韓国の本、面白そうですね。
ガイドマップとか、日本で売ってるものとは紹介している視点とかも違っていそうで興味深々。
料理も、見た目が鮮やかなものが多そうで、写真見るだけでも楽しめそうですね。

コスメレポも楽しみにしています♪♪
mionaona | 2012/11/21 21:27
>mioさん♪

韓国で一番わくわくする買い物は本屋さんかもしれません。
コスメとかは下調べがっちりで出かけるので
わくわく度はそれほど高まりませんが、
本屋さんって「おや」と思うものを見つけて
ついつい買ってしまいます。
でも地図とかはマニア度高すぎかも…笑。

日本語や英語で書かれた文化・歴史の本もあり
日本で売っているものとはちょっと違う視点だったりして
おもしろいですよー。
なつしろぎく | 2012/11/23 00:01









trackbacks
URL:トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others