<< SEOUL 2012 October 初秋の秘苑・・・。 | home | SEOUL 2012 October いろいろお買い物。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

SEOUL 2012 October 美味なる味噌の芸術。

JUGEMテーマ:韓国旅行
 

秘苑を歩き回ったあとの心地よい疲労感とともに昌徳宮をあとにして、昼食のために移動。
オットとの旅行では毎度おなじみとなった、草堂スンドゥブのお店「斎洞(チェドン)スンドゥブ」さんがすぐそばです。

昌徳宮のすぐそばにある現代建設で曲がるとケドン(桂洞)の道ですが、この可愛い粉食やさんが
かわいらしくて気になります。「スニの店」っていうみたいですが、「店」(=カゲ)の文字がお花になってるのがほほえましくって。
店先に明るい雰囲気のお兄さんと、おいしそうなトッポッキが見えました♪



スニの店で右に曲がって桂洞ギルを少し行くと、お粥のチェーン店「ポンジュク(本粥)」があるのですが、思い出すと私が初めて韓国粥をたべた場所。だからいつも「あー、まだある!」って毎度うれしくなるのです。

話がそれちゃいましたが、その「ポンジュク」で小さな路地を左に曲がると、チェドンスンドゥブがあります。

これは5月のときの写真ですが…このお店です。



が!この日は日曜日だったのでお休み!
しまった・・・うっかりしてました。日・祝休みなんですね!初歩ミスでがっくり。

じゃあどうする?ということで、しばし考えたあと、やや離れてはいるものの、安国駅のお隣駅・鍾路3街駅に近い、やはり仁寺洞で有名なお店に行ってみることにしました。

それは「テンマルチッ」。 テンジャン(味噌)ビビンパッのお店としてガイドブックで良く紹介されています。
"テンジャンイェスル(味噌芸術)"と書かれた看板が期待をそそる。
地下1階と2階にお店があります。



窓のある部屋がいいなと思って2階に行きました。
お店混んでいたんですが、ちょうど1組出るところで運よく座れました。
神谷バーみたいに大きなテーブルにみんな相席する感じ(の小さい版)。

ここは日本語不可です。
必要があればあらかじめKONESTさんやソウルナビさんでメニュープリントした方がいいですね。
話せない私ですが、読むことができるので何とかなりました。
カンジャンケジャン(蟹醤油漬け)も定食であったのですが、やはりここは「味噌芸術」に酔いしれたい。

ということで、ここの名物・テンジャンビビンパッ(味噌ピビンパッ)2人前を注文。

お店をしきっているのは元気な女性方。
テキパキ動いて非常にスムーズです。
パンチャンがささっと出てきましたが、この可愛い大根のキムチが美味しかった!
このサイズもチョンガッキムチ?



そして葉っぱの刻んだのと生ニラ、青唐辛子(辛くないの)がざるに乗って出てきました。



そしてテンジャンチゲ(味噌チゲ)がやってきます。
これ、写真忘れて途中で撮影したので、量が少なくなっちゃいましたね…ほとんど食べ終わり状態で失礼しました。本当はちゃんとたっぷりありますからね。



テンジャンチゲは2人で1つです。
葉っぱたちを麦ごはんにたっぷり乗せて、そこにテンジャンチゲをかけて食べるわけです。

大豆がしっかり残ってて、いい香りのする味噌チゲ!



味が濃い目なので、少しづつかけ混ぜしながら食べるのがお勧めです。

これを混ぜて食べる、ねこまんまみたいな食べ方なんですが、この味噌チゲの深い味・・・なるほど。
少し塩辛いけれど、これはおいしい。

お猫ご飯と丁寧にしても駄目、まさに味噌の味の成す魔法で、トウガラシの辛みと、味噌の奥深さと、柔らかな豆腐にフレッシュな野菜のしゃきしゃき感とほんのり苦い味と香りが混ざり合って、こんなシンプルなのに、おいしい。

さらに、途中で青唐辛子を齧りながら食べるのも素晴らしい香り。
甘さのある青い味と香気に味噌のふくよかな味がまた最高。

これ、すごい勢いでわーっと食べました。オットも無言。

私実は、日本のお味噌汁を好まない、日本人じゃないような日本人で、とにかく味噌汁はあまり食べない人なんです。
でも韓国のお味噌は別で、日本のみそとは違い、ぐつぐつ煮込んで味わいが出るのですが、これは良く作るし食べます。

ですがこちらのお味噌の深い味は困ったなあ。
ここのお味噌自家製だもの。持って帰りたいくらい。
もちろんそれは無理ですけれど。

お店を出た後、ちょっと味が濃いかなあ、と言いつつ、二人して「でもおいしかった。」
「あの味噌美味しかった」と、そのあと何度かつぶやきました。

そしてそれは翌日になっても記憶に残って、味噌買って帰らなきゃ!ということになるんですけどね。

私達が食べてる間、どんどん人が待つような状態になったので、お昼時は時間を過ごし外すのがいいかもですね。オシャレなマダム達も椅子でじっと席が空くのを待ってて、日本人は私たちだけだったかな。地下の方はわからないんですけど。

さて、この後は鍾路3街の駅から地下鉄で移動します。
しかしおなかいっぱいで幸せなのと、午前中に1/4登山みたいな秘苑めぐりをしたので、車内腰かけるとモーレツな眠気が襲ってきました・・・。






Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others