<< LIRIKOS マリンリンクルリペアリングアイクリーム。 | home | SEOUL 2012 October ぶらぶら朝散歩。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

SEOUL 2012 October ソウルの夜。

JUGEMテーマ:韓国旅行


前回の投稿から随分日が経ってしまいましたが、先週末ソウルに行ってました。



帰ってから忙しかったり疲れが出たりで、しばらくすっかりへたってました。

只今口の中がぼろぼろで歯茎が腫れまくったり口内炎があちこち出来たり。
ソウルに行っている間はいつもものすごーく元気になってるんですが、今回は風邪引いた後だったから、戻ってきてから疲れががっつり出たんですかね。

今回はまたオットとの旅。オットもなんだかんだすっかりソウルにはまってます。
帰ってきたその日のうちにガイドブックを開いて復習&予習をしてましたし笑。

往路は夜着で帰りが昼発ということで、実質は2日間だけ自由の旅。
思い通りにならない部分もありながら、程よく次回への宿題もできたし、良い経験もできたしで、夫婦ともどもまだその満足に酔っている状態です。

その時を楽しむことに気持ちが行ってたので、写真はあまりしっかりしてないんですけど、旅の記録残しを始めたいと思います。

今回はANAで羽田発が夕方、金浦着が夜という便でした。

羽田の国際線ターミナルは新しくなってから初めて行きましたけど、綺麗は綺麗。
ただ、私たちは感動がうすくて、食事系もうーん・・・な感じがしました。
京はやしや?が入ってたり、まかないこすめがあったり、おみやげやさんはそこそこ品ぞろえが魅力的だから、海外から来る人には良さそうなんだけど、私たちの行った時間はがらーんとして人が少なくて、その辺の反応をうかがうことができなかったですよ。

機内食はあなごご飯。日本のエアラインっぽいですね〜。



金浦に到着して、荷物もすぐ受け取れたので、ホントあっという間に済んでしまう金浦空港が好きです。

金浦からはA’REXで移動。弘大入口で2号線に乗り換えて乙支路入口へ向かいます。

このあたりの移動については、前にA'REX使用の時は乗り換えなしの孔徳だったから、今回は乗り換えとかの不便さがどうかなと思ったんですけど、EVなど利用すればそんな苦労はしないかな、と思いました。
金額がたぶんW1,300くらいで30分ちょいで着いたし、まだスーツケースが軽い行きはよいよい。

でも一番厄介なのはむしろ乙支路入口駅で、今回宿泊したメトロホテルのほうに出るのって、EVとかないのですよね!階段がしんどいソウルの駅は、重いスーツケースを抱えて階段降りるのは難しいと思いました。

あ、そういえば泊まったメトロホテルの写真は何にも撮りませんでしたね。
デラックス(ツイン)3泊でトータルW470,250でした。
2人で1泊あたりW156,750なら悪くないかなと思いましたが、明洞ステイはおそらく今後はしないだろうなあと思っております笑。
たまにはしてみようと明洞泊まってみたけれど、やはり気分が落ち着かないもので・・・。
あと、乙支路1街の駅も明洞の駅も、あまりライン的には便利と感じなかったんですね。

さて、荷物を置いた後は、軽くキンパッでも買ってホテルで食べようと、街に出ることにしました。



かつての国立劇場、現在の明洞芸術劇場です。

そういえば明洞とは朝鮮時代に、掌樂院(祭礼・宴会・朝儀などで音楽活動を行う官庁)のあった場所だったそうです。

国立劇場としての役目を終えた後、銀行に買収され、その後取り壊され新築のビルを建てる計画が起こったとき、街の人と演劇界・文化界の人々は劇場を取り戻そうと運動を起こすことになる。
その最中、計画者であった銀行の破たんがあり、明洞商店街繁栄会が働きかけ、政府がこの土地を買い入れ、再オープンにつながったという裏幕の熱き話があり、いつかここにも入ってみたいなあと思っています。

明洞の街は土曜の夜。
若い人がたくさんあふれて、あちこちで英語・中国語・日本語で勧誘をするコスメショップの定員でいっぱい。

アモーレパシフィックのオーガニックブランド・プリメラのショップがこの日オープンでした。



ヌーンスクエアとNANTA劇場のところに出来ていましたね。
外から見ただけだったんだけど、ふらふらと入って行きたくなるかわいらしいお店でした。

キムガネでモドゥンキンパッを買って、新世界グループの新しいドラッグストア・BOONSで歯ブラシや水を購入してホテルに戻りました。

BOONS、オリーブヤングよりも俄然好みでしたね。
欧米モノが多いので普通の韓国コスメファンにはつまらないと思うけれど。
さんざんプロモーションを見ていたドイツのメイクアップブランド・アールデコもあったので、ひとつ買ってみましたが、それもまた後日。

モドゥンキンパッ。



今回ソウルでお初のお食事です。
ふつーにおいしいけど・・・たくわんつけてもらえなかった!
お値段はW4,000でした。

オットはビール(Cass)を飲んでましたけど、私はお水。
このBOONSのPBな水は、ボトルのビジュアルだけで購入。



さて、この日はこれでおしまい、早めに就寝…となるはずだったのですが、テレビを見ていたら二人で「あ」となりました。
映画「サニー」が放送されるというお知らせが流れたから!



日本でも公開しましたが、見に行くことができませんでした。



韓国で放送するんですから、当然字幕無しですけど、せっかくだからちょっと見ようよ、となって…。
結局二人して最後まで見てしまった!

あらすじはこちらで見ていただければなんですが、正直読むより見るほうが何倍も素敵な映画です。
こんな爽やかで、楽しくて、切なくて、共感できる良作映画は久しぶりでした。
言葉がほとんど分からない状態でも感動したんですから、今度は字幕版で見なくちゃです。
アラフォー世代にはたまらなく懐かしい映画です。
国の状況が違ったわけですけれど、そういったところをすっ飛ばして、あの時代の中に戻ってしまいました。

DVDが欲しいくらい。いや、真剣に買っちゃうかも。

そして俳優陣ひとりひとり、高校時代の子も40代になった女優陣もすべて素晴らしい熱演で、それがまた感動的。
さらに監督の自然な、それでいてドラマティックな感覚を盛り上げる素晴らしい演出も驚きです。

このサニー、今年のコリアンシネマウイークで上映されます。
明日21日と22日の2回公演。四谷3丁目のの韓国文化院です。

ソウル1夜目は、こんな風に結局夜更かししながらも、サニーに胸をほかほかにさせられながら眠りに就いたのでした。

ホテルで頂いた、エスプアのさくらボディローションの香りに包まれながら…



つづく。


 
Posted by なつしろぎく | comments(2) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments
そういえば行くとおっしゃってましたね!お帰りなさいませ〜
サニー、すごく気になります。
夏の香りもすごく良かったですし、
アラフォーの世代の映画やドラマ、最近日本でも韓国でも多いですね。
「サニー」、関西にも来てくれないかなぁ・・・。

碧樹 | 2012/10/22 20:12
>碧樹さん♪

行ってまいりましたー。
サニーお勧めですよ〜!
日本のアラフォー世代同様の青春を送りながら
(80年代の背景は相当に違いますけれど)
まだ少し自由度のない環境ではあるので、
このような映画・ドラマがヒットするのかなと思います。
どこかでまたリバイバルあるといいですよね…。
関西は逆に東京で見られない展示会が多いのはうらやましいです♪
なつしろぎく | 2012/10/23 11:57









trackbacks
URL:トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others