<< VISIT SEOUL 2012.05 鮮やかな燃灯祝祭。 | home | HERA SHADOW HOLIC 4D ♪ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

VISIT SEOUL 2012.05 最後は清渓川へ・・・。

JUGEMテーマ:韓国
 

曹渓寺をあとにして、仁寺洞へ一端向かいます。
ソウルを歩くときに、路地が一番わくわくしますね。
何もない路地。



曹渓寺から歩いて5分くらいで仁寺洞ギル。
土曜日だったので、人は多かったです。
入口あたりで撮影したのがこの写真ですが、鍾路に近いほうはホントにぎゅうぎゅう。



ということで、裏道に逃げつつ、ただひたすらぶらびら。



この看板がかわいいと思って撮ったらしい写真・・・。



裏道を通ってキョンイン美術館のほうに歩き、そこからサムジーギルに裏から入るという無駄な遠回りですが、私たち夫婦と同じで路地裏歩きというマニアックな好みがある人にはお勧め・・・笑。

サムジーギルは予想通り人の海だったので、古謫遏淵灰Ε鵐献А砲気鵑砲世唄鵑蠅泙靴拭
去年行った古謫遒気鵑離譽檗璽箸呂海舛蕕泡

いつ行っても親切な定員さんで、ソウルでは当たり前の強烈な売り込みもないし、ほしいものを探してくれるところです。
今回は私の母親用に真珠の石鹸と、ダンナ用にヨモギを購入。



いつもながら、香りのよい石鹸です。
私はすぐに使わず、1,2カ月おいてから使用するんですが、気のせいかそのほうがさらにまろやかな使用感。

香りの素晴らしさは、言わずもがなですが、人を思って作った石鹸をとおして、作り手の方と会話を交わしているような、そんなコミュニケーションを果たす石鹸だなあといつも思います。

手作り石鹸は韓国でも日本でもたくさん手に入るけれど、ここのご主人さんが作り続ける石鹸はいつまでもいつまでも使っていたいと思うんですよね。
華やかではなく、シンプルな機能で作られているからこそ、長い間使い続けることができる気がします。

お兄さんが「プレゼントです」と入れてくれた、仮面(タル)のハンドソープ。



こちらも笑顔で旅が終えられそうです・・・。

サムジーギルを出ると、もはや人のいっぱいあふれた仁寺洞は苦しいので、鍾路に出て、鍾閣タワーを眺めつつ、清渓川へ。

こちらも燃灯祝祭のため、沢山の提灯や灯篭が飾られていて、見事です。
カップルや親子がたくさんやってきていて、和やかな雰囲気です。



灯篭は韓国らしく、なんとも愛敬ある表情のものばかり。



これは雉の説話でしょうか?蛇に襲われたところを弓の名人に助けられた雉が、その恩返しをするというお話です。



これは全然何の物語のものかわかんないけど、男の子?にじゃれているような生き物がちょっとおかしい笑。



こちらの仏様、なんか80's DISCOのような・・・。

見ているうちに、ものすごーく可笑しくなってきちゃいました。
子供たちも観光客も、カップルたちも、川の水の涼しさとこの風景を楽しんでいました。



このあと、すぐそばのartisee(アティジェ)で一服。
アティジェは去年も行きましたので、そのレポートで店内の雰囲気をご紹介→

今回は土曜の午後なうえ、この清渓川のにぎわいもあって、人もいっぱいでしたが、日本のカフェよりやっぱり落ち着きますね。

オットがアティジェでアメリカーノを飲みながら、店内の親子の様子を見ながら、
「なんか、東京より子供が幸せそうだな、ソウルは」とつぶやきました。

実は、この3日間ずっと、私も思ってたのですが、夫もだったかと。
それは、旅行者の私たちだから一面しか見ていないというのもあるんですが、最近私たち何度か、ヒステリックに子供にしかりつけたりするシーンによく出会ってしまったり、親がおしゃべりや電話に夢中になって子供がものすごく危うい状態のシーンを見てしまったりして、ハラハラドキドキしていることが多かったんです。

ソウルに来て、いつも目に入ってきたのは、子供たちはいつも親と楽しそうに遊んでいて、親はそれを幸せそうに見つめていたりするシーン。
それをみると、こちらも平和な気持ちになりました。
最近私たちが、気にしてしまっていたことを、ソウルで解いてくれたのかもしれません。

artisee(アティジェ)では帰りがけにマカロンを購入。
マカロンマニアとしては、いつか味わいたかったもので。



いちご、レモン、マンゴーです。



なんか、ゆるいゾウさん・・・。

フレバーはやや弱く、それは残念でしたが、食感などはよかったですね。甘さもそれほど強くなく。
マンゴーをこの日の夕食後いただいて、残りは東京に戻ってから、いただきました。

また次に、違う種類をいただこうと思います♪

artisee(アティジェ)のあとは、光化門駅のところにある教保文庫によって、いろいろお買い物。
ここに来たメインの目的はオット殿のため。

オット殿はJKキム・ドンウクさんという男性歌手に惚れこんでしまっていて、そのCDを買いたかったらしいんですね。

私は雑誌を買いたかったし、ちょうどよし。

購入した雑誌は・・・。



SUREのハンディタイプ。これ、今回特別価格でW4,500の割引価格だったんです。

さらにおまけがアモーレパシフィックのprimera(プリメラ)のキット。



フェイシャルマイルドピーリングとフリーアンドフリー(女性用清潔剤)、ポアシェイピングバブルソープです。
フェイシャルマイルドピーリングはAllureで受賞していて覚えていて、Free&Freeは使用してみたかったので、非常にうれしいセットです。

そして、泡立てネット付きのポアシェイピングソープ。



これ、香りがとってもいいです。爽やかなグリーン&シトラスの香り。

かわいいマークも・・・!



もう一つはマリクレール・アクセサリーズ。これは本当にラグジュアリーな内容で素敵だった・・・!



時計のミニブックが付いていて、もう素晴らしい。
ジャガールクルトの時計。永遠に手に入らないけれど、美しくて憧れるブランドです。

中身にも満足だったのに、おまけがこれまた豪華。
韓国のオーガニックアロマブランド・aromatica(アロマティカ)のキットでした。



アロマティカ、実はボディオイルなどもこの冬愛用してたんです。
それなのにまだ紹介してなかったですね。

アロマティカは今回取り扱いのあるショップに行きたかったんですが、寄ることができなかったのに、最後にこんなところで出会うとは。

ハンディサイズと薄めの雑誌だったので、持ち歩くにも苦労なく笑。

表に出ると、もう日が陰ってきてました・・・。





これが、私が旅の途中で取った最後の写真。

最後の夕ご飯もまた、孔徳のホテル近くで、去年も行ったテジカルビとソグムグイの豚焼肉有名店・チェデポへ。
これも去年のレポートをご覧ください→

チェデポでは、夫に笑える悲劇が…。

頑張って韓国語を使ってみようと思ったらしく、最初のビールは私が頼んだのですが、次は焼酎を自分で頼むと、メニューを睨んで、定員さんを止めると、

「チョ・チョンハ?チョナ?」・・と一生懸命発音。
結局店員さんはメニューを見て「あ〜」と。オットは汗だくです。

しかし私は、なぜチョンハ(チョナ)?と思ったのです。
漢字で清河と書きますが、これは清酒。
「それ焼酎じゃないよ?」というと、「でも焼酎のところに書いてある」というので見ると確かに・・・。
しかしやってきたのはまぎれもなく清酒「清河」でした。

コプテギ(ブタの皮)をたべながら、「合わない〜」とがっかりして、途中であきらめビールを頼むといいます。
また店員さんを呼び止めて、「メ、メクチュジュセヨ」と頑張って伝えました。

しかし、店員さんが持ってきたのは「百歳酒」=ペクセジュ!
なれない発音で聞き間違えられたみたい・・・・笑。

もう、夫の落ち込みようったら・・・。
あきらめて飲みましたけど、ハーブ酒とでもいうか、その独特な風味はやはりお好みではなく・・・。
「もうスーパーでビールを買う!」とすねましたが、お店でお会計のとき、社長さんが「日本に支店ができたんです、行ってみてください」と割引券をくださって、にこにこ話しかけてくださったので、夫はあっという間にゴキゲン。よくされるとうれしくて仕方ないという単純な性格で良かった。

最後の晩餐で、結果的にはソグムグイもおいしく、コプテギもおいしく、笑い話も増えてよかった。

最後のロッテスーパーに寄って、ビールを…と思ったら、途中で海苔のふりかけをおばさまに猛プッシュ受けて、買わされてました笑。
夜は私はお茶にマカロン、オットはビールにビーフジャーキーと、テレビを見ながらのーんびり・・・。

こんな風に、最後の夜は過ぎ、旅は終わりました・・・。

帰ってきて。



仁川空港のbizeun(빚은ピジュン)にて、蒸し餅ケーキのようなものであるソルギを買いまして、帰宅後のティータイムにいただきました♪

仁川空港にこのbizeunがあってくれるのは本当にうれしくて。

旅の余韻を残す手助けをしてくれます。
おもちはその日のうちに食べないとなので、必要な分しか買えませんけれど。

お土産を買い忘れた!という方には、おせんべいセットや油菓・薬菓、それからカンジョンや胡桃の飴がけの入ったセットなどもあって、あわてなくても大丈夫です。

コリアンエアーの搭乗員さんたちが、大量にソルギとチャルトック(やわらかなおもち)をいっぱい買い込んでてびっくりしました。あれは、休憩時に食べるのかな、それともだれかにお土産?

そうそう、今度また紹介しますが、またまたお茶も買い込みました。



ちょっとした「惜しい!」を発見・・・。



こんな、特に何もない、ただただ歩いてぶらぶらするだけの旅でしたが、個人的には幸せでした。

「何もない」割にはコスメがちょっと・・・良いものを買いすぎてしまいましたが

それはこれから、ちょっとづつご紹介いたしますね。

短くつまらない旅行記でしたが、お付き合いありがとうございました♪
















 

Posted by なつしろぎく | comments(4) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments
あぁ、旅日記も終わっちゃったのね・・

でも、買ってきたコスメの紹介もまた楽しみにしてます♪

それにしても雑誌の付録、すごいですね〜
ハンディタイプの雑誌もあるんですね。
見つかるといいなぁ〜
mionaona | 2012/06/13 10:46
>mioさん♪

雑誌でハンディタイプだと、持ち歩くのがかなり楽です。
帰りの飛行機で見るにも、このぐらいだとちょうどいいですしね♪

アロマティカとプリメラという、ナチュラルスキンケアのおまけが重ねって、ちょっと嬉しかったです。
なつしろぎく | 2012/06/14 19:55
とても楽しい旅行でしたね。
ご主人のオーダー事件?にはちょっと笑ってしまいました。
私がオーダーしても多分同じようなことになるんだろうなぁ~

「黒とうもろてし」文字だけ見たらなんだか分からないかも…
後はどんなお茶を購入したのですか?
ソルギも食べてみたいです。
餅好きにはきっとたまらないお菓子ですね。
まき | 2012/06/14 23:08
>まきさん♪

店員さんが迷いなく百歳酒持ってきたときは、悪いけど大爆笑でした…!

お茶はまた記事にしますね♪
餅菓子は硬くなってしまうので、その日でないとおいしく味わえないのが残念ですが、甘さも控えめで食べやすいですね。


なつしろぎく | 2012/06/15 09:32









trackbacks
URL:トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others