<< VISIT SEOUL 2012.05 市庁から文化駅ソウルへ歩いて。 | home | VISIT SEOUL 2012.05 最後は清渓川へ・・・。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

VISIT SEOUL 2012.05 鮮やかな燃灯祝祭。

JUGEMテーマ:韓国
 

ソウル3日目。
翌日は朝仁川に向かうので、この日が実質の最終日です。

毎朝飲んでたのは、地下のロッテスーパーで購入したこれ。



I'm Realのマンゴーヨーグルト。おっきいボトルを買って飲んでました。
ソウルってフレッシュジュースが楽しめるところ多いけれど、こういった手軽な商品も売っていて、日本以上にフルーツジュースや乳飲料をよく飲んでしまいますね。
そういえばI'm RealってたしかオーガニックショップのORGAと同じ会社だったはず。

そのORGAのコーナーがあるロッテ百貨店本店にひとまず朝出かけて、お土産買ったり、自宅用の海苔やらお茶やら・・・。
ORGAは両手いっぱいの状態ではお買い物できなかったけれど、眺めさせていただきました笑。

あと、Lirikosにも寄って…。今回購入したコスメ、なんだかんだでほとんどアモーレパシフィック系ばっかりになりました。



ホテルに戻って荷物をおいたら、お昼を食べに行きます。降りたのは安国駅。
前にオットといって、また絶対行こうと心に決めていたお店、チョダンスンドゥブが食べられるチェドンスンドゥブさんへ!

・・・と道に入って行ったら、あれ、お店がない…と焦りました。
しかしよく見ると、以前の位置より少し先に、全く新しくお店があるではありませんか。



以前のお店はこちら。



全然違うからびっくり。入っても「ホントにこの店かしら…」とドキドキでしたが、社長さんがいらっしゃったから間違いない!と安心しました。
(うちの夫は、ここの社長さんを「ピ●ール瀧に似てる!」と言い張ってます)

席に着いたら「カライノ、カラクナイノ」って奥さんが聞いてくれるのも同じで、ミョーにうれしくなっちゃいました。今回は、二人とも辛くないチョダンスンドゥブをいただきました。

写真撮り忘れちゃったので、前の時のを使いまわしますけど…



パンチャンの中にあるしょうゆだれで・・・



この真っ白な汲みあげ豆腐をいただきつつ、



一緒についてくるビジチゲ(おからチゲ)に舌鼓を打ちます。

二人とも同じものを頼むと、チゲは1つだけなので、突っつきあいます。
お友達などで気を使いそうなときは、カキやアサリの入った辛いヘムルスンドゥブとチョダンスンドゥブにするとか、夏ならコングッスとか、分けるのもいいかもしれませんね。

ふわっと甘みのある豆の味が口いっぱい広がる、素朴なチョダンスンドゥブ。
2018年のピョンチャンオリンピックが近づいたら、こういった江原道の素朴味のいろいろが注目されたりするのかしら、と何気に楽しみにしています。

このお店はみなさんお人柄良く、それもファンになっちゃう理由かな?と思います。
私たちは11:40くらいに入ったけれど、そのあとくらいからもどんどん人が入ってきて、混んでました。

さて、おなかいっぱいになった後は、途中でMMMGのショップで買い物しながら、今日の一番の目的、曹渓寺へと歩きます。

私たちが行ったのは、仏さまのお誕生日の少し前だったので、そのお祭り・燃灯祝祭の時期だったのですが、この時期は鍾路のあたりはあちこち提灯が飾られて、お寺さんも華やかに彩られると、毎年写真を見てきていたので、一度は見てみたいなあと思い続けていましたが、ようやく叶いました。

お寺さんは、最初漢江を越えて、宣陵・靖陵を訪れながら、三成洞の奉恩寺に行くのも魅力的だったんですが、どうせチェドンスンドゥブに行くのだし、近くて歩きなれた仁寺洞に近い曹渓寺(チョゲサ)に行くことにしました。

さすがに仁寺洞、そしてお寺の周りには、燃灯が華やかでしたね。
曹渓寺の前も、きれいな色とりどりの燃灯屋さんや仏教関係のお店が沢山あって、きれいな飾りがされていました。



いやもう、否が応でも心がうきうきする華やかさの曹渓寺です。



なんと、色彩豊か過ぎたのか、データが重すぎて写真がアップ出来ないので、ここからは残念ながら少し小さめになります。

それでも、すごーい。



ハスのお花のような提灯には、かわいい一休さんみたいな子供のお坊さんが書かれてます!
朝顔に似た御花も書かれてて、さらにお寺ならではの鮮やかな丹青と合わさってなお一層華やか。



これは思ったより心が華やぎますね。
両親連れてきたかったかも。





このお寺にある、大きなエンジュの木も、このとおり。



ご本殿には、かなり大きな黄金の大仏さまが3体いらっしゃるんですが、そのご本殿からはにぎやかなお経が聞こえてきて、それもまた楽しい。
楽しいっておかしいだろうと思われるでしょうけど、お経が歌のように聞こえてくるのと、日本のよりリズムが親しげで楽しげに聞こえちゃうんですよね・・・。



この日はちょうちんであまり見えないけれど、仏教建築の丹青も本当に独特の色遣いで、仏教画も沢山カラフルに描かれているので、今度は普通の日にお参りに来てみたいなと思いました。

ヘチもいた!



あれ、まてよ、もしかして獅子かしら・・・?

かわいらしいゾウも。



そして本殿の裏では鳩さえもお経を聞き・・・。



思った以上の華やかさで、カップルで写真撮ってたりする姿もあったり、熱心にお参りする方があったりと、本当ににぎやかでした。

GW以外で5月に行かれることのある方は、ぜひぜひ体験していただきたいです。



それにしても、お釈迦様のお誕生日のお祝いがこんなに華やかだなんて。
冬のクリスマスのころもソウルってイルミネーションが華やかだけど、こちらはこちらでとってもきれいですね。



なにか、メッセージのようなものが書かれていたお花達。

仏教もキリスト教も、この都市では実に身近なものでした。







Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others