<< 素敵な贈り物! | home | VISIT SEOUL 2012.05 2日目は徳寿宮から。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

VISIT SEOUL 2012.MAY

JUGEMテーマ:韓国
 



10日ちょっと空いてしまいましたね。その間、韓国・ソウルへオットと旅行してきました。

旅行って言いつつ、写真もあまり撮らず、食事を堪能ってこともなく、ただひたすらと、町の中をぶらぶら歩きまわっただけでしたけど、目的を持たずに人の間を通り過ぎること、それこそが、買い物よりグルメより、一番したいことだったのです。
今はまだ余韻に惹かれながら、帰国実感がふんわりしている状態。

そうは言いながらも、夫が眉を落とすほどに、コスメはしっかり買って帰ってるんですけど笑。
写真を撮る時間が少し足りないので、カメラに残した少ない旅記録から始めようかと思います。


旅の始まり、朝の成田空港。
成田まで行く時間と金額を考えると、やっぱり羽田が便利だな…と実感・・・。
仁川からソウル市内に入る時にかかる金額を考えると、とっても割高感ありますね。

成田では特にすることもなく、搭乗まで飛行機を眺めてました・・・。

我々が乗った大韓航空機はちょっと隠れちゃう場所で、こんなのしか撮れなかったけれど・・・。



仁川までの間は、予定を考えたり、機内誌読んだり。
そうしている間に気がつくと着陸態勢、ソウルは近いなーといつも思います。

今回のホテルは2010年6月と同様のロッテシティホテル麻浦。ソウル地下鉄5・6号線の孔徳駅には空港鉄道(A'REX)も開通していたので、せっかくだから仁川空港からA'REXで移動。

空港からA'REXの駅まで移動はスムーズにでき、乗車後50分ちょっとで孔徳到着。
もっと地下を走ると思っていたんだけど、意外に風景(のどかな風景ではあるけど)を眺めていられる時間が沢山あって、干潟なんかも見れたりして。何千ウォンだったか良く覚えてませんが、T-MONEYカードを使用していくらかの割引があるため、4千ウォンにならないくらいだったかな。

仁川から1時間とちょっとでホテルのフロント。金浦だったらもっと近いし、私は明洞エリアにこだわりもなくカンナムにも出ないヒトということで、行き帰りの楽を選ぶとやっぱり使い勝手のいいホテル。

チェックインして部屋に向かうと、前回は麻浦大路が見える部屋でしたが、今回はちょうど真裏の、孔徳教会側が見える部屋でした。



孔徳教会の後ろには東都中学が見えています。
そしてその辺りには、瓦屋根の古い家々が・・・。



麻浦の地域は、このホテルの周りしか知らないけど、大きな企業が集まる一方で、古い家もかなり見える。ソウルってなぜこんなにもごった煮の状態なのかと不思議ではあるんだけど、1歩先が全く違う風景に映ることばかりです。

この都市形成の話を、いつかどなたかに学ばせていただきたいものです。

荷物を開けて服の整理などしたら、午後3時ちょっと前。
薄曇りの空で涼しいし、ちょうどいいから漢江でも見に行こうかと汝矣島に向かうことにしました。
ヨイナル駅まで5号線で2駅だし。

ヨイナル駅で漢江公園に向かう途中、古いお金などを展示していたりしました。
マネーの動く証券街だからかな。ちょっと面白かったです。



出口を出ればすぐに漢江に臨む公園。



漢江の近くに来たのは実は初めて。
いつも電車で通るばっかりだった。



左に見えてるのは麻浦大橋ですね。だから渡ったとこは麻浦駅にも近いわけで、頑張れば孔徳からもたぶん小一時間で歩いて来れるけど…高所恐怖症だから、橋渡るのはちょっと・・・

でもいつか、歩いて渡るも挑戦しちゃいたい。

漢江の雄大な眺め、心がぽっかりします。



高校生が、課外授業なのか清掃活動なのか、いっぱいいました。
みんなのびのびして、先生どこにいるんだ・・・?な感じでしたけど。



そんなに人は多くないけど、結構寝転んでたりする人がいて、の~ンびりした空気が流れてます。

川に沿って、汝矣島のシンボル・黄金の63(ユクサム)ビルまで歩いて行ってみることにしました。



途中、こんな不思議なアート?があったり・・・


(この巨人、何しているんだろう)

へんなシールを見つけたり…(何の絵だろうか)。



漢江遊覧船の乗り場を過ぎて。



そのうち、ソウルタワー(南山タワー)が対岸のビル越しに見えてきます。



ユクサムビルに近づいたあたりで、スワンボートの群れに出くわします。



漢江にスワンボートで出られるの?とちょっとわくわくした。
井の頭公園で乗ってるカップルたち、こっちのほうがいいと思います!

そして橋脚にこんなアフリカンなタイルがついていたり。



とろとろ歩くだけなのに、なんとなく面白いものが見えるというのがいい。

そして、目の前に63ビルが立ちはだかります。



やや傾いてきた太陽がビルに映り、黄金のビルはやや赤みを帯びてすっくと立っていたのであります。

63ビル、本当は最上階に展望台があるし、水族館・蝋人形館とかノンバーバルパフォーマンスの公演があったりするんですが、眺めて楽しむだけにしました。

ちょうど、東京で言ったら東京タワーのような感覚なのかな…と想像します。
昔は大韓生命ビルといったはずだったけど、今はハンファのビルなんですね。

85年の完成から、ここでソウルの発展を眺めてきたのだと思うと・・・その間、どんな変化を見てきたのか、知りたくなりました。

今日は汝矣島でぶらぶらがしたかったから、展望台行かなかったけれど、次に来たときはこのビルからソウルを眺めてみたいです。

てっぺんに何かあるなあと思ってズームしたんですが、クレーンのようなものでしょうか?



63ビルの向かいに、塔のような建築物がありました。



不思議な姿に見えて、ぱちり。

このあとは、写真を撮ってないんですけど、このまま今度はテレビ局のKBSあたりに行ってみようとぶらぶら歩きだして、商業ビルの合間を抜けたり、途中銀河アパートなる古いマンションを潜り抜けたりして、全く観光客のいない様子の汝矣島の町歩きを楽しみました。

KBSに行くはずが、MBCに着いたりしたんだけど笑。
ちゃんと国会議事堂も見たし、マンションと企業ビルがパズルのように組み合わさって立ち並ぶ街のローカルな雰囲気を満喫しました。

夜は、ホテルの近くで。
孔徳市場の入口にあるイジョ(李帖砲農仂討留浜椶竿喞蠖を食べ、市場をぶらりと。



孔徳市場は小さいので、観光者にとっては見応えはないかもしれないけど、散歩にはちょうどいいかな。



にんにくの山。
ここを撮ってたら、バイクに乗ったピザ屋のおじさんが止まって、「注文してね」とクーポンくれました笑。



トウガラシ屋さん。
近くにはごまを挽いてごま油を作ってるところも、ジョンかティギムのようなものを売るお店もあって、香ばしい香りが漂ってました。



空は暮れてきたもののまだいくらか明るいというのに、市場の中は薄暗く、古びたビルや道のコンクリートの黒さと、お肉屋さんの赤い明り、鮮魚屋の白い明りが交互にやってきて、路地裏の香りがみっちりと肌に感じられてぞくぞく。

ポシンタンの店なんかあってちょっと複雑な思いでもあったりして。



昔はこんな高い建物もなかったんだろうかと思うような古い家が、店たちに混じってひっそりたたずんでいる。



こっちはチョッパル横町のあたりでしょうか。豚足です。
だからお肉屋さんが多かったのかな。
ホント、凹凸の街だ。

市場を抜けて、駅のほうに戻っていくと、新しくできたE-martの孔徳店があります。



2フロア構成で、品数はあんまりないし、ロッテシティホテル地下にあるロッテスーパーと比べても、大きくは便利ではないけど、イーマートのオリジナル製品とかあるから、ちょっとだけうれしいかも。

こんな、たわいもない街歩きの1日目はこれで終了。

ホテルに帰って、シャワーを浴びたら、22時からはTVタイム。
日本からずっと見続けていたドラマ「赤道の男」の最終回を現地で見ることができ、なんとなく満足して眠りにつきました。

翌日以降も、こんな内容無い感じなんですけど、いいのでしょうか笑。


Posted by なつしろぎく | comments(2) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments
おかえりなさ〜い。
待ってました!旅日記♪

おぉ〜63ビル!
車から眺めたことはありますが、ほんと、キラキラですね〜
63ビルを舞台にしたドラマを以前見て、一度行ってみたいなぁ〜と思ってたんです。
いちおうパワースポットらしいですし。

漢江のスワンボートもドラマでよく見ます♪
ホンモノ見たんですね・・

タダ目的もなくぶらぶら・・いいですね。
わたしも以前はヨーロッパの街に長期滞在して暮らすように過ごす、というのが好きでしたが、今は時間に追われるようにガツガツしちゃいます 苦笑
きっと、今度の旅行もあちこち歩き回ってガツガツしちゃうんだろうなぁ〜^^

続き、楽しみにしてます!
mionaona | 2012/06/02 00:02
>mioさん♪

帰ってきた途端に仕事ラッシュになり、かなりゆっくり運転の旅行記になりますけど、何とか始めました^^;
今回、ご飯とかも写真撮らなかったんですよ。場所も決めずにテキトーに済ませて。個人的には面白かったんですが、皆さんにはあんまりおもしろくもなく、情報にもならないだろうと思ってます・・・汗。

63ビルってドラマによく出るんですか?パワースポットの理由はあの壁面ですよね!近くで見たら意外と渋いゴールドだったんですけど、遠くから見てるとものすごく目立って、北極星のように目印になりました笑。

スワンボートも私は初めて知ったんですけど、漢江を足漕ぎってかなりハードですよね!

本当は1週間くらい何も考えずあちこち町歩きできたらいいですけど、1年に1回行ければいいか、という感じですもんね。私も最初は行きたいところが多くて悩んだんですよ…。

ヨーロッパ長期滞在も素敵ですね!飛行機長時間乗らずに済むなら、ヨーロッパも行きたいんですけど笑。

なつしろぎく | 2012/06/03 08:16









trackbacks
URL:トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others