<< 韓律 クレンジングクリーム。 | home | コウンセサン Hydra Intensive Essence&Cream ♪ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

ベースメイクのウィッシュリスト。

JUGEMテーマ:韓国コスメ
 

4/1に新宿伊勢丹&梅田阪急で先行発売、4/15に全国発売となる、AMORE PACIFICのライブブライト BB クリーム。

すでに韓国では発売されていて、気になっています。



ちなみに韓国の価格はW90,000、日本での価格が7,560yenと、価格差はそれほど大きくありません。韓国の免税店で買うなら、もうすこしだけお得になるけれど。

名前が、韓国と日本だと違うんですね。
ライブホワイトメラディファイニングのラインに入っているので、韓国ではそのまま「ライブホワイトメラディファイニングBBクリーム」。

SPF50&PA+++の高いUVブロック力で肌を守りながら、弾力のあるウォーターホールディングワックスが水分を豊富に含み、塗るとすぐに保護膜を作り、みずみずしいつや肌を実現。指先のぬくもりだけでスムーズに溶けるテクスチャ。もちろんホワイトニングラインだけに、アモーレ独自の美白有効成分Meladefyning ComplexTMを配合。

今までアモーレパシフィックでBB的なものといえば、モイスチャーバウンドティンティッドトリートメントモイスチャライザーSPF15でした。



これは私も愛用中で、オイルフリーではありますが、みずみずしい保湿をしてくれるし、カバー力は強くないけれど、肌がきれいに見え、崩れにくいので、こちらを全体に塗った後に、同じくアモーレのタイムレスポンスファンデーションでカバーしたいところを重ねるというふうにしてます。

ただし、SPF15でPAがついていないのがずっと残念で・・・。
だからこのBBクリームの登場は心待ちでした。

指先でとろけるテクスチャというのがとっても耳心地良くて、待ちきれないのですが。
ひとまず伊勢丹のカウンターにテスト用が来ているだろうころに、チェックに行かないと。

実は、このアモーレのBBが気になる一方で、もうひとつ購入しようと思っていたのが、やはり同じアモーレパシフィックブランドの雪花秀から出ているBBベース。



こちらは韓方の美白成分配合です。SPF50&PA+++のブロック力と、光と熱から肌を守りながら、紫外線をピンクの光に転換させ、さわやかな肌表情に変えてくれるというもの。

サンプルで何度かいただいて、使うにつれ気に入った製品です。



1号・2号の2色がありますが、これは2号。ベージュよりの色で、若干白く仕上がりましたが、くすみを補正してくれる感じがします。
なによりピタッと密着して崩れない。マスクしていて、鼻柱はさすがに取れますが、頬の辺りとか全然大丈夫というもち具合。これとタイムレスポンスファンデーションでカバーすると、ベース作りが早く終わりますし、持ちはいいしで文句がありません。
肌ももちろんトリートメントしてくれるし、香りはさわやかなハーブのような香りで塗るときには癒されます。

こちらはW60,000。

さて、同じくアモーレパシフィック系列のイニスフリーでも、興味を持っている1品が、これ。



mineral melting foundation (cover) SPF32 PA++
ミネラルメルティングファンデーション(カバー) リフィル W12,000、ケース W8,000

このメルティングファンデはもともとナチュラルタイプがヒットコスメになって、その後このカバータイプが発売されたということ。

いわゆるエマルジョンタイプのファンデーションで、ベースナシでも使えるということ。
ケースとリフィル合わせてW20,000のロードショップコスメ。
私のような年代が使えるのかどうかは正直不明。
少なくともベースは使うでしょうけどね。

精製水の代わりにオーガニックグリーンティーウォーターを使用した潤いファンデーション。

ミネラルパウダー&グリーンティ成分配合で、毛穴をふさがずメイクすることができるそうです。
ポリマー系は入っていますが、とにかく軽いのだろうと想像。

このファンデーションは韓国製品としては珍しく、5色展開。
仕上がりの違いと、色展開の多さ、そしてリフィルを購入して使えるというところも好評を得ているようです。



さらに、メイクするためのツールも色々販売されている。



ケースについているパフは、すでに私の使用したIOPEのエアクッションサンブロックや、HERAのクリーミーケーキファンデーションと同じものだと思います。
パフは密着させることに向いていて、ローラーのツールはさらに滑らかな質感のために良いツールみたい。これはちょっとやって見たいかも。
ファンデーションブラシは当然、使うべきアイテムでしょうね。

乾燥肌の場合は、保湿力のあるベースを使用して、完全に乾く前にローラーで塗るのが良い様子。
この使用方法でベースとファンデーションが適切にミックスされて密着度や水分度が上がるんだそうです。

事前にビューティークラスを行ったり、大々的にモニターブロガーを募ったので、いろいろアップされているのを見ても、カバー力はあるほうで、わりといいのではないかしら、と思ってます。


紫外線がそろそろ気になるシーズンに近づいてきました。
UVケアしながら肌ケアもして、しかもキレイなメイクも時短できるなんて、ホントに便利になったものです。
Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others