<< BEYOND ECO CLEAN BALM TO OIL CLEANSER ♪ | home | 幸せ気分をおすそ分けしたいとき。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

ヒョシア 穏音(オヌム)ライン ♪

JUGEMテーマ:韓国コスメ
 

ヒョシアの基礎ライン、化粧水&乳液をミニサイズで試していたのですが、紹介していなかったですね。

ご存知の方も多いと思いますが、ヒョシアは昨年夏誕生した、アモーレパシフィック社の訪問販売専用ブランド。
発酵大豆から抽出したアモーレパシフィック独自の成分「キュアビーン(CureBEAN)」を配合しています。



発酵大豆の何が良いか?
大豆といえば、のイソフラボン。そのイソフラボンがすごいのだそうです。一般のおまめの10倍も抗酸化効果にすぐれているというキュアビーン。
ヒョシアは解毒・再生・防御の3段階で治癒するメカニズムで、肌の再生力強化&根源的な自活力を取り戻すことを謳っています。

このキュアビーンの研究は、1980年代より25年にわたり、豆の皮の効能研究に始まって続けられてきたそうなのですが、この研究成果そのものが認められて、アメリカのMarquis Who's WhoのWho's who in the Worldに研究員の名が登録されたのだそうです。あらびっくり。

それにしても、デザインが渋い!
でも最初見たときに、ボトルの形も色も、「韓国」「発酵」のイメージなのか、甕(オンギ)をイメージしたのかな?と思いました。
オンギは呼吸する器とでも言うと良いか、粘土と砂を混ぜて作られるという甕は、砂の粒がごくごく小さな空気の穴を作り、オンギの中〜外に程よく空気を通すというのです。
このため中に入れた食品がよく発酵され、長く保存できるのだそうです。

キムチ、テンジャン(味噌)、カンジャン(しょうゆ)、コチュジャンなどがその中で育ち、韓国の食文化を支えてきたというわけです。オンギを見ると、茶色く、どっしりと土の上に置かれている姿を、愛らしくさえ感じてしまうものです。
このボトルデザイン、韓国の文化に親しみを持つ人なら、誰もが気付く形だと思います。

韓国ならではのものを化粧品に生かす。
こういう点においては、やはりアモーレらしいプライドを感じます。
自分たちだけにできるものを・・・今やあれやこれや浮気性になりそうな魅力たっぷりの成分競争時代において、妙に地に足ついているような。

個人的には、もう少し洗練されるとうれしい。
伝統的なイメージを保ちながら、時代的な感じになって欲しいのだけど。
ただし、逆にこの渋さがたまらないというマニアックさもある・・・か?

余談が長くなりました。

その伝統的発酵技術をイメージさせる化粧品ヒョシアなのですが、使用した感じもしばらくは地味さにびっくりするかもしれません。
即効性や革新性に溢れた韓国コスメの中で、誰もが認めるトップ企業が、こんな地味な商品を作るとは・・・?
でももちろん、地味というだけではなかったわけですが。



私の普段の基礎ラインには、もうずうっと「雪花秀」が離れずいるのですが、雪花秀も使い始めは地味な印象だったのです。
しかし、雪花秀ではない化粧品を使ってみるとわかる、肌の「自活力」に差が出ているということ。

ヒョシアもその「自活力」を育てる部分に関しては、やはり力を見せていると思います。

数日使っていると、ホントに潤いが内からわいている気がするのです。
安くは無いけれど、特別高価なラインでもないのに、肌の健康的な様子が戻ってくるこの感動。

もっともこの猛暑が襲う列島の、冷房も弱めな状況ではあまり実力がわからない気もするので、使用するなら秋からが良いでしょう。

私は急に暑くなり出したとき、一旦使用をやめたのですが、ライバルブランド?su:m37°のさらっとしたトナー&ローションを使用していたら、肌がしょぼくれてきたのであわてて戻しました。
すると再びふっくらしっとり。肌が素直に受け入れている気がします。

ところで、キュアビーン以外にも成分として名が上げられているものがあるのですが・・・
マルベリー(桑白皮)は角質除去効果がある様子。
さらに、厚く水分保護層を作り吸収した水分を保持する成分として、「チマボソッ」の名があるんですね。チマ=スカート ボソッ=茸です。なんだろうと思ったらスエヒロタケのことだとか。このスエヒロダケの多糖がそういう役割なんだとか。ちょっとおもしろい。

トナーはとろんとしたエッセンスタイプです。
ほんのり茶色がかっている。



とろんとしてはいますが、するんと肌の奥に染み渡っていく感覚。
好みの化粧水って、使った瞬間、肌からわわわんと奥に潤いが行き渡るイメージが頭に湧くのですが、これはまさにそんな感じでした。

乳液はふんわり、ゆるく泡立てた生クリームのような感じ。5分立てくらい?



これが、しっとりするのに軽くするするんと浸透していって、これまた心地よいのです。
このエマルジョンを使う瞬間って、まさに幸せそのもの。

個人的には使用感のよさと保湿力にすっかり惚れきりました。
雪花秀よりももう少し保湿力が高い印象があります。

この穏音ライン、20-30代向けのようなんで自信がなかったけど、満足。
やっぱり保湿力はコリアンコスメ、と再実感いたしました。

使っていて楽しいコスメ・・・。
そのわりに堅実なところが、たまらないツボです。


Posted by なつしろぎく | comments(2) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments
やっぱりヒョシア、気になります〜
スムも気になるんだけど、たぶんこっちのほうが好きだと思う。

これはナレショップさんで購入したんですか?
ずっと気になりつつも、送料無料になるまで何を買うべきか・・?といろいろ迷うとなかなか先へ勧めません 笑

韓国行ったら絶対にアモーレに行くので、そこで売っててくれたらいいのに・・・ま、無理でしょうが。

あ、アモーレの歯磨き粉、使いましたよ〜
なつしろぎくさんがレビューしてたの見て気になってて^^
mionaona | 2011/07/06 00:51
>mionaonaさん♪

ナレショップさんでミニキットがあったので購入しました!
スムもいろんなラインがあるので、何ともいえないのですが、ヒョシアのほうが穏やかに使える感じがありますね〜。
スムもヒョシアもなるべく優しい配合にするようこだわってるみたいなので、大企業がそういう方向をとってくれるのは心強いですね!

アモーレのオーガニック歯磨き、使いやすくてお気に入りです♪
なつしろぎく | 2011/07/07 12:15









trackbacks
URL:トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others