<< クラウンバターワッフル。 | home | 加賀の残り香・・・1 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

肌の友

桜が満開に近づいてますね。
2.3日内に近くに夜桜を見に行こうかと思っております。
とりあえず今のところ、素敵なテンプレートをお借りして、気分を大いに盛り上げてます。

じわじわ〜〜と円安傾向が進みつつあります。
ウォンが安いうちに・・・とソウル旅行を虎視眈々と狙うどころか行けなそうな状況にどんどんはまってきてます。あんまりにも日本人が多いって話ばっかり聞くので、勢いがつかなかったのです。それでソウルではなく、金沢へ行ったのですが、その辺のご紹介は写真の整理がつき次第・・・。

いつもいらっしゃってる方は、スケートのほうから来てくださってるのかな?と思っているので、あまり興味がないと思うのですが、先日のキーワードに引っかかってたので、韓国の化粧品・・・「韓方(ハンバン)」というチャングムっぽいアイテムをちょこっと織り交ぜて紹介しようかと。


これはいわゆるファンデーションなのですが、LG生活健康の「秀麗韓(スリョハン)」というブランドのもの。
다빛윤(潤) 지윤(至贇)투웨이케익 ダビッジュン ジユン ツインケーキ 35,000ウォン。
コテコテですが、韓国の伝統デザインを意識したケースになっています。

中にもこんなプレスが。



これ届いたばっかりで、使う前に慌てて写真を撮りました。

韓方素材を使用したミネラルパウダー。
乾燥肌向き、カバー力しっかり目のお粉なのですが、軽い艶が出て肌色が少し明るく見えます。私はかなり軽め、はたくような使い方で。ほんのり香りがあるところが好き。

この秀麗韓はスキンケアも結構評判がいいみたいですね。
クリームのサンプルを使ったことがあるのですが、かなりしっとりして、なかなか良かったです。
パクト以外にも同じラインのルースパウダーをもっていますが、そっちのほうもかなりしっとりしてよかったです。肌に軽くて圧迫感もないし。

スリョハンのウェブサイト→

イメキャラがスエちゃん。若い~。「この頃に戻りたい」なイメージかしら。
ちなみに同じLGのラクベルのイメージガールをキム・ヨナちゃんが務めてますね。
20代前半向けということで、私は使ったことありませんけど、結構好調らしいですね。GS e-shop(通販サイト)でワールド優勝セール?かなんかばばーんとやってましたよ。

ところで。
韓方というのは韓国における漢方と捉えればわかりやすいと思います。
韓方素材を使用したスキンケアやベースメイク製品がいろいろあります。

私の肌はちょっとだけ面倒で、トラブルを起こしやすいんですね。
自然派とか肌に優しいと書かれているものでも合わないことがママあります。
欧米ものはもちろん、日本の有名ブランドさんはほぼダメ。トラブルにならなくても、乾燥がおさまってくれないのです。敏感肌用ブランドとなると、悪くないけど特によいこともなく。

ところがどっこい。
韓国に行った際、低価格コスメで有名な「THE FACE SHOP」にてお土産など買っていたとき。良くしてくださった店員さんが、冷たい風に吹かれてぼろぼろになった私の肌を見て強力にプッシュしたシートマスク。1枚2,000ウォン、当時のレートで約200円。
高麗人参入ってて、肌がパーンとなってすっごい潤いますよ! と顔を上気させておっしゃったので、勢いで購入。
その夜、からからに乾いてひりひり、顔を洗うのも痛くて・・・という状態だったので、高麗人参にすがってみようと試してみると、本当に「ぱっぱーっん」のうるうるに。乾燥で開き気味の毛穴がぷりっと埋まってる。
正直何事かと思いました。痛みもなくなったし。
シートマスクも使ってみると沁みたり赤くなったりすることが多かったから、全然期待しなかったのですが、不思議とこれは大丈夫。

日本帰国後、調子付いて某ブランドのマスクをしてみると、効果が感じられない・・・。
あの「ぱぱーん」とした肌は、韓方の成分が自分にあっているからなのかもしれない、そう実感しました。そこから私の韓方コスメ歴はスタート。
でも一時ウォンがかなり強くてさすがにちょっと購入できなくなったときは、また敏感肌ラインを使ったり、日本に出来たMISSHAの韓方ものを使いましたが、あれはおそらく若い子向けで、ちょっと物足りなかったのね・・・。

しかし昨秋からのウォン安傾向で、再度取り寄せするようになりました。
そして今基礎のお手入れに使っているのが、ソマン化粧品の「多娜嫺(タナハン)」。











これまたこってこての見かけ。
これは夜に使用している美白ラインのクリームですが、これもカラカラ肌で開く毛穴をふっくらさせるんですね。
使用感は本当に穏やか。しっかり化粧水が浸透して、美容液も美白といいつつ潤して、乳液がつるんと肌を滑らかにして、クリームがふっくらさせる。
シンプルで気負いなく使えてます。
で、これ使ってから、クリニークのお姉さんに肌を褒められている・・・。
(デイクリームだけ使ってるんですが、残念ながらクリニークの他製品はあまりお肌に合わない・・・)

それからこれは韓方ものではないのですが・・・。











SKIN FOODという、食べ物を原料にした化粧品ブランドのハニーブラックティークレンジングクリーム。
SKIN FOODは低価格で展開してますので、これも日本円で1000円足らずだと思います。
中はこんな感じ。



色がプリンみたいなんですけど、ちょうど香りもそんな感じ。ほの甘い。
クレンジングクリームにありがちなコテコテギトギトと無縁の、軽いホイップ感覚。
ティッシュオフして洗い流しますが、すすぎもかなりラク。
使いやすさについ毎回購入しております。



注意書きをめくると、英語での説明。
ちなみにこの帯に、「食べちゃダメだよ」っていう感じで注意書きしてあります。
食べ物原料だし、確かになんとなくおいしそう。

SKIN FOOD始め、FACE SHOP, MISSHAなどもろもろ、低価格ブランドといえど、ショップ展開して対面接客が主だから、顧客の声が吸い上げやすいのかもしれない。日本のドラッグストアコスメに比べると、パッケージデザインも使用感や効果もよく考えられてます。
でも値段は同等か、それより安かったりもします。
私くらいになるとさすがにこの手のブランドは厳しいかと思いきや、それでもちゃんと使えるものはあるんですよね。

ニホンモノが安心・・・と思っている人も多いようなんですが、私のように使ってみての実感が日本のものより得られるという人が最近増えてる気がします。

IKKOさん効果かなあ・・・やっぱり。

ただ容器の使いやすさとかコンパクトさは日本のほうが便利に出来てます。
その辺も改善されちゃったりしたら、もう文句なし。

それと韓国コスメのすごいところのひとつに「おまけ」があると思いますが、太っ腹なソマン化粧品は基礎のものを買うとトラベルサイズがセットになってやってきます。10日くらい使えますよ。
そのうえ買ったお店もどんどんサンプルつけて来るので、大変なことになります。
うちには今A4サイズの道具箱2個分のサンプルやオマケが溜まってます。

こういうシートマスクの現品がついてきたりします。
赤い袋物はなんと25シート入り。
まとめ買いなのでそれなりの金額ではあるんですが、それで1ヶ月毎日シートマスクできるんだからすごい。

左上の金色が、やっぱりタナハンなんですが、これは現在朝用に使ってるラインなので、ちょっとうれしかった。



あとはこういう基礎化粧品のサンプル類・・・。まだまだ溜まっております。
興味津々でいろいろ試しちゃうのですが、やはり肌に合うあわないがあるので、ここで試しておけると安心です。
韓方ものは大体大丈夫だったのですが、普通の基礎化粧品だと多少ぷつぷつ出ちゃったりするのがありました。
でも腫れたりするのは今のとこないかな?


なぜかたまにカネボウとか日本のブランド物もついてきたりします(笑)
現地のお店で買っても結構ついてきますよね。私は友人のためにクォン・サンウのポスターをもらうため、FACE SHOPで買い物したのだったなあ。

こんな感じで、楽しんで使っております。
ニホンモノも悪くないのでしょうが、私のようにいい肌友が見つからない人、同じアジアのスキンケア大国に目を向けるといいかもしれません。




Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others