<< CHANEL BASE HYDRANTE LISSANTE SPF20 PA++ | home | 私のHUB >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

南里康晴くん。

 
綺羅星スケーターはいつも注目されてます。
確かに彼らのすばらしい技術や表現は、空気さえも変える。

ワタシがファンになった選手だって、そんな煌きの中にありました。

でもこのひとは・・・。
街の明かりの届かないところを見上げてみると光っている、そんな静かな星の1人。

このシーズン、南里くんがリンクの上にいるだけで、たくさんの気持ちが溢れちゃう。
あきらめずに、そこに立っているということだけで、半分は奇跡のように感じる。

いつのまにかそこにいれば当たり前に思えてしまうけれど、そうじゃないんですよね。

南里君が2シーズンの間、企業の契約社員として所属できていたことも、怪我から戻れたことも、奇跡みたいなことだったのかもしれないけど、所属会社が見つからなかったとしても、バイトをしながら滑るといったそのリアルが、今の彼を立たしているのかもしれないなあ・・・。

スケートカナダ。南里くんのフリー。
その間の彼の表情を見ていたら、いい顔だなあ・・・と思って。
強くて、まっすぐな顔。もちろん本当は、曲に吸い込まれたような表情がベストなんだけど、いつもはそこにこだわる私も、すっかり忘れてました。

南里君にもう一度、泣かせられるのを待ってますよ。

南里君は最後の今季、「皆様に感謝をこめて滑る」といっていたけれど、私は君への感謝をこめて祈りますヨ。


    


スケートカナダ。
織田君のPGは昨シーズンまでと比べると随分詰まってきた。
彼だったらもっと早くやって来れたことじゃないのかと、じりじりあせってたことがようやく・・・。
ただかなりまだ硬くて、こなれなくて、曲に没頭も出来ていない。
それこそ、その難しさを実感しているのかもしれないけど、後半に向けて楽しみ。
かつて、バーケルさんのところを出たのはどうしてだったのかな。当時はジェフもクリスもいたから忙しすぎたのだろうけど・・・。

1位を取れなかったのはジャンプの失敗のせいだと、ニュースで言われているけれど、もうそろそろその視点はどうにかならないものかしら、と思ってしまう。

パトリック・チャンの点数に関してはまたいろいろ言われそうなんだけど、私はあのスケーティングを他に誰ができるの?と改めて感じました。2歩も3歩も先にやっていたその差・・・。しかも毎シーズン成長しちゃう、その驚き。

私もまったくシロートだから、私に見えることなんてもちろんなんの裏づけもないけれど・・・毎回笑っちゃうくらい。

PG密度そのものも違うけれど、もし同じPG密度にしたところで、同じ2シーズンやり続けたところで、彼ほどには誰もできないだろうと・・・。他の選手が「エッジワークしてますよ!」と声高に滑るのに対して、彼はそれをいう必要がない。
エッジに全身を乗せて演じているところばっかり。しかもその回転のスムーズさなんてドキドキしちゃう。ジャンプがなくても競技として成り立つようにさえ思えてくる。いっそ、コンパルソリーはこの方向性で再現したらどうかしら、なんて。

振り付け師ローリー・ニコルの貪欲な夢を詰め込みすぎていると思ったプログラムを、いつのまにか「まだまだこれしき」みたいに見えちゃうのが末おそろしい。もちろん、やってる彼は死ぬほど大変だろうけど。彼にこのスキルを叩き込んだ、亡きコルソンコーチのスケート信念に、今ながら敬意を評したいです。

それからアダムが良かったなあ・・・。去年から考えると、様々な所作がスムーズで華麗になったので、驚きました。今回は織田君よりも全体的にぐっといい印象でした。
Posted by なつしろぎく | comments(2) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments
本当に、南里君が今季リンクに立っているのが嬉しくて。
今季限りと決意したからだけではないでしょう。
彼のストイックに光る世界、なかなか今の日本男子ではおめにかかれないものですね。
全日本でまた泣かせてくれるでしょうか。長野、行きたくなってきてしまいました・・・。

パトリックの、声高にエッジワーク!と言わない滑りというのは納得です。なんだかんだ言って、滑りのよさだけであそこまで戦えるのは凄いことで、それでさらに4回転もちゃっかり跳んじゃった。
もうどこまでもスケートに貪欲なんですね。
周りで言われるような、口だけの人では決してないです。
玄人好みというか、わかりにくいところで凄いことをやってるだけで。
碧樹 | 2010/11/04 23:41
>碧樹さん

南里君、そうですね。今年氷の上にいてくれてありがとう・・・です。最後の全日本ではもう、どんなスケートでも泣いちゃう気はしますが・・・。
もうふくやさん所属ではないのに、応援もしてもらって、ブログも残ってて。
最後の氷に立つときは、ただ幸せに滑ってくれたら・・・と思います。

パトリック、毎年毎年、シーズン冒頭で「また上手くなってる!」と笑っちゃうんですよね。
プログラムが技巧を入れすぎてちょっとウルサいくらいだと思ってたのに、いつの間にかさらっとやっているように見えてきて。
なんだかんだ、渋いスケーターが好きです。
ジェレミーも渋好みなスケーターですね笑。
日本はそう考えると、渋好みのスケーターが出にくい環境なのかも・・・?

なつしろぎく | 2010/11/06 23:03









trackbacks
URL:http://feverfew.jugem.jp/trackback/481
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others