<< paula dorf BRUSH-OUT. | home | カプチーノ。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

『復活』

JUGEMテーマ:韓国ドラマ


韓国好きなんですが、たくさん韓国のドラマを見ているほうではないかもしれないです。
ドラマは派手なものより地味なもの、硬派な作品が好きなので、そうそう多くはないかなと。

でもこの『復活』は、韓国で放送された当時(2005年)、すごく気になってました。

カン・ウソク監督映画『シルミド(実尾島)』に出ていたオム・テウンが、それまで目立った活躍の印象がなかったのに、ドラマで主演を張るというのも興味深かったし、複雑な設定にネットで熱狂的なファンが増え、カルト人気が出たということでした。
渋い作品だけに、実際の視聴率は伸びが悪かったそうですけれどね。

最近、関東ではフジテレビの地上波で2時ごろから放映中です。

ストーリーは、幼いころ事故で記憶を失い、見ず知らずの家で育てられた刑事ハウンが、自分の出自と、自分の父が友人らの陰謀で死んだことを知る。生き別れの双子の弟と再会を図るも、自分の身代わりになって殺されてしまう。復讐を誓う彼は、弟として舞い戻り、父と弟を殺した者たちへの復讐を実行するというもの。

謎は、実のところほとんど明かされていて、主人公よりも先に視聴者が事実を知り、それによってはらはらドキドキをさらに味わうというもの。

韓国ドラマはほとんど見ないウチのオットも、珍しくこのドラマは見ます。

オム・テウンは1人2人役で熱演。ドラマの見所はほとんどこの人が持っているともいえます。
 


『復活』の宣材、右端のオム・テウン。すっかりカリスマな俳優さん。

しかし、当時シルミドを見たばっかりのわたしにとって、私のオム・テウンの印象はコレしかなかったです。


どこにいるの、オム・テウン?って感じです。
1列目のアン・ソンギ、ソル・ギョング、チョン・ジェヨン、カン・シニル、そしてチョン・ジェヨンの右後ろのホ・ジュノが非常に大きな役割でした。

で、ホ・ジュノとカン・シニルの間・・・



すごく怖いわ、この写真。

始まってすぐ、囚人たちがシルミドに連れて行かれるところで、軍人さんにいきなり喧嘩を売る登場をするのです。

大きな役ではないですけれど、シルミドのクライマックス、バスを乗っ取っる最後のシーンにもおりました。



死んだら国立墓地にいけると思ったのに・・・出世できると思ったのに、という悲しいセリフをいう役です。



おしおきにも良く耐えておりました。

ここから、2年後にはドラマ主役ってすごいことですね。

作品としては、2007年の主演作『魔王』を先に見ていましたが、そこでもほぼ坊主でした。


日本でリメイクしたバージョンだと、オム・テウンの役が生田斗真くんで、チュ・ジフンの役が嵐の大野君だったから、だいぶ印象が違いましたっけ。
魔王は復活以上に複雑なので、見るのは気合いりますが、これもいい作品でした。

それはそうと、なぜオム・テウンが気になるかというと。
シルミドや魔王を見ていたときにもずっと思ってたんですが、最近「復活」を見ていて、やっぱり・・・と思ったことがあるのです。

晩御飯を食べながら、録画した「復活」を見ているオットにつぶやきました。

「このひと見ていると、柴犬を思い出すんだよねえ・・・」





その日以来、オットはどのシーンを見ていても、オム・テウン=犬にしか思えなくなってしまったようです。


共感してくれる人、いるかしら。

そんな話の後でなんですけれど、「復活」オススメです。


ちなみに、このドラマの監督が、なぜオム・テウンを起用したかというインタビューの中で、たまたまあったオム・テウンの目が鹿のようだった・・・というのをどこかで読んだことがあります。


Posted by なつしろぎく | comments(2) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments
早速「復活」が話題に!笑
私も世間の韓国ドラマ好きとはちょっと好みが違って
かなり選んでしまうので数は見てません(アイリスは予定外でしたが・・・)。
なので俳優さんもあまり知らないのですが、
「復活」いよいよ気になるところです。
生き別れの兄弟、記憶喪失なんてところは韓国ドラマの定番ですが、それだけにどんな展開になるのかと。
う〜ん こちらでもどこかでやって欲しいです。

オム・テウンと柴犬の比較検討で大笑いさせていただきました。
碧樹 | 2010/09/15 23:43
>蒼樹さん

この「オム・テウン=柴犬」は、わたしず〜っと言いたかったことなんです笑。

彼、善徳女王にも出てるんですが、それはあんまり犬っぽくなくてカッコイイキャラなんですよね。
かといってナルシィな顔つきをすることがないので、演技としてはスッキリ感情に入ってくれます。

このドラマ、韓国の定番設定なんですが、謎解きより復讐の葛藤、人間性の描き方が特徴的ですね。

なつしろぎく | 2010/09/16 08:00









trackbacks
URL:トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others