<< この旅最後の夕ご飯。 | home | おまけ。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

さよならソウル。


最後の夜は、パッキングも前日から進めていたから、比較的順調に終わり、の〜んびりテレビを見たり、スーパーで買ったものを飲んだり食べたり。
またまた夜更かししてワールドカップ観戦
観戦しながらうとうとして・・・。

だから最終日の朝はゆっくり目に起きました。

ダンナはゆったり朝風呂
私は旅番組とか見てました笑。
TVのお供はこれ。



大好きな緑茶豆乳です♪

それにしても韓国も日本と同じで、土曜の朝は旅番組してるのね〜!

あがって来たダンナと、田舎の特集を見つつ「こういう場所もいつか行きたい」・・・なんて、もう先のことを夢見て。

あと、蚊の対策特集とかやってたり、いろいろ笑いながら見て・・・。
あえて動かず、そこにいる時間を大事にしてしまった
たぶん帰りたくなかったんだよね。時間がもったいないからってあちこち行っちゃうと、あわただしく過ごすと、記憶が薄まってしまいそうで。

また来れる、と思いながらもなかなか飛んでいけないソウル。

お昼前にはロビーに下りて、迎えに来るイムさんを待っていなくちゃなりません。
12時までにチェックアウトすればいいけど、ちょっと早めに済ませて、お荷物をフロントに預け、また地下のモールに。

エンジェリナスコピに入ろうかと思ったけど、わりと人が入ってたので、ワッフルやさんの隣にある、ベーカリーカフェみたいなとこに入ってみました

バッテリーが残りわずかなカメラだから写真は撮らなかったけど・・・。

こちらのお店のお母さんも英語がかなりお出来になって、いろんなもの勧めてくれました
焼きたてのチャバッタも味見させてくださった。ドライクランベリーの入った、ちょっと珍しいチャバッタでした。

結局クラムのたっぷり乗ったかりかりのパンをかじりました。
ダンナはエスプレッソ、私はカフェラテ。

お味は・・・もうひとつなんだけど、お母さんの優しい表情や応対に癒されました。
それにしても、自分の英語が恥ずかしくなってきました。

暗記英語時代の弊害をいまだに感じます。
伝えたいことを伝える英語でじゃないと。

食べている間、若い女性が何人か「モカパン」を頼んでました。
人気商品みたい。

さて、イムさんそろそろ来ちゃうかも。
最後に・・・コチラも気になってたビューティプレックス(BEAUTI PLEX)・・・LG系のコスメショップにて、友達へのお土産を追加。

スリョハン(秀麗韓)のパック。



これ、韓方バリバリな香りなんですが、菊の香りも混じっていて、私は好きなほうです。
けっこう肌もふっくらしていいのですよ〜。
自分でも好きで何度か使ってますが、お友達に体験してもらおうと思って
気に入っていただけたようです♪

これ、さっさとプライス取っちゃったんだけど、レシートももらわなかったから、値段わすれちゃった。

そしてこっちは自分用に、リーダーズのマスク。
Leaders Clinic Clineのビタホワイトビームエッセンシャルマスク&プラチナムVリフトエッセンシャルマスク



どちらもシルクセルロースマスクで25mlのエッセンス
これ、プライス付いたまま写真撮っちゃった。W2,000です。
何種類もあるんだけど、種類によって値段が違ったかな。
まだ使ってないのですが、ちょっと楽しみ

さて、2Fの待ち合わせ場所になってるロビーでイムさん待ってたのですが、なかなか来ません。
・・・と思ったら、私たちが外から来ると予想して、1Fのエスカレーター前にいたみたい。

車の中では再びワールドカップ話。
イムさん、連日寝不足気味で、大変みたいです笑。
この日の夜、韓国Xウルグアイ戦だったから、「強いチームを相手にするんですから、負けても仕方ないんです。ただ、らしい試合をして欲しいんです。びびっちゃったらダメ!」と熱く語ってた。

それから、最初の夜、空港に迎えに来てくださったとき、明洞の食事チケットを用意してくださってたんだけど、明洞行かないから・・・とお断りしたら、すっごいびっくりされたんですね。
「明洞行かない人は初めてです!」って。

それで「ホントに行かなかったんですか?」って改めて確認されました
ロッテ百貨店しか行きませんでしたよ〜って言ったら、「えぇ〜?何で行かないんですか??」だって。
日本人って、そんなに明洞行くんですね~。

さて、ホテルを出て、汝矣島の方向へ進みます。
漢江をわたって、河沿いの道をず〜っと行きます。
漢江も見納めで・・・ひたすら見てました。
汝矣島の公園あたり?パブリックビューイングがあって、だんなはWCに熱狂するソウルを一目見たかったですよ〜とイムさんと話してた。

ず〜っとただただ見ていた漢江・・・。でも途中ではたと気づきました。
これ、インチョン向かってない?
というのも、以前来たときの、仁川空港へ行く高速の風景に見えたのです。

で、イムさんも、運転士のアジョッシになんか話しかけてる。
そしたら案の定、おじさん間違えちゃったんだって。
おかげで漢江をたっぷり見れましたよ~って笑ったら、イムさん、「あ〜、そうなんです。まだ時間ありましたから、サービスしたんです」ですって

折り返して金浦空港に向かうと、空港の近くで着陸する直前のコリアンエアー機が見えました。
バックから、着陸するのがばっちり見えたのです!
これは面白かった~。興奮した!
イムさんさらに、「これもサービスです」って

金浦はまだまだ機能的には遅れている面があるので、イムさんは「あ〜、こういうところがもうちょっと良くしないとだめなんですよね」なんてぶつぶつ。
でも、仁川のようにだだっ広くないので、全体的には楽です。

無事荷物も流れていき、ここでイムさんとはお別れ。
ありがとうございました!行きも帰りもイムさんのおかげでとっても楽しかったです

出国手続きして、中にある小さい免税店でHERAのjavaticを購入してにやにやしつつ、カフェテリアでキンパッをつまんだら、おいしくなかった

やることもないし、搭乗口に近いラウンジで座って本読んでました。
目の前には、私たちが乗るであろうコリアンエアー。




帰りのフライトは、残念ながらセンターの席なので、窓からの写真は撮れませんでした。
でも窓のほうをじ~っとみてたら、その席にいる男の人がいやそうだったゴメンナサイ・・・。

機内食です。



味は・・・。
パイナップルはおいしかったです
ちなみに付いてくるチェジュウォーター、わりと好きです。
チェジュのお水はやわらかくてふくよかなアジガするから、コンビニでお水を買うのもサンダスというチェジュ産のにしてました。

そういえばすっかり忘れてたけど、行きの機内食。



牛肉さんです。
お味はコチラのほうが良かったかと・・・。
それはそうと、何で行きも帰りもマメごはんなんだろう?

金浦と羽田だと、ホントあっという間・・・。
着陸するときは、さびしかった〜。
羽田からリムジンバスで我が家の近くまで40分くらいでしょうか?
見慣れた風景が目に入ると、その寂しさとほっとする気持ちが綯交ぜになって、変な気分でした。

夕食は羽田で買ったお弁当で簡単に済ませ、PM11時からはもちろん韓国Xウルグアイ観戦!

ソウルに経つ前は、ポルトガル好きな夫は韓国チームに興味を持たなかったけど、帰ってきたあとはすっかり韓国応援団に。

眠い目をこすりながら見ていたけど、ウルグアイは強かった・・・。でも最初こそうまく動けなかった韓国チーム、でもゲームが進むにつれ、いいチームだな・・・と思いました。
イムさんはこのゲーム、どんな気持ちで見終えたのかな~。

サッカーを見終えたあと、布団に転がったったら、ダンナが10秒ぐらいで大いびきでした笑。
この日は大丈夫?というぐらいのイビキでしたが、私もそれをものともせず熟睡。
なんだかんだで疲れてたんでしょうね~。

翌朝・・・いつもの布団で目が覚めて、ようやく帰ってきた感じがしました。

さあこれで、今回の旅の記録はオシマシです。
次は最後の「オマケ」編です。
Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others