<< 北村へ。 | home | チャマシヌントゥル。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

チョ・ソンジン コンサート。

 
銀座・ヤマハホールで催された、第7回浜松国際ピアノコンクール優勝者記念コンサートに行ってきました。

ヤマハホールは初めてなのですが、今年2月に新オープンしたホールは、アコースティック楽器に最適な環境になったそうです。
定員数333でこじんまりしていますが、それだけに贅沢に音を受け止めることができるというもの。


*写真は新ヤマハ銀座ビルHPからお借りしています。

さて、そのコンクール優勝者ですが、なんとこれまでの最年少、15歳で受賞したチョ・ソンジン君。
優勝者としてのコンサートを各地で開催したのちの最後の公演です。


*第7回浜松国際ピアノコンクールのHPよりお借りしました。


最初写真を見たときも「わっか〜い」と思ったけど、実際にステージに出てきた彼は、もっと幼さが目立ちました。
背はわりとあるのですが、髪型が伸びて、くるりと癖があって、少し明るい色になってましたので、随分キュートな感じがしました。男性に対して失礼ではあるけれど・・・。

さて今日の曲目。

シューマン/アベッグ変奏曲 Op.1
シューマン/ユモレスク 変ロ長調 Op.20
ショパン/バラード 第1番 ト短調 Op.23
ショパン/ノクターン 第13番 ハ短調 Op.48-1
ショパン/12の練習曲(エチュード) Op.10

こんな少年ピアニストの演奏なんて、初めてです。

始まってみると、この無知な私でも感じる、音のフレッシュさ。
なんだろう。すごく軽やかさとさわやかさを感じるんです。
見た目が若いからそうなのではありません。
演奏している彼自身は深く音楽に吸い込まれていて、成熟した雰囲気も少しある。
でもふっくらふくよかな音・・・という感じがします。

普段はもっと締まったような音楽を聴くことが多い気がするので、とっても新鮮でした。

ところが、2曲目のユモレスクで。
すごーく素敵な曲で、演奏も観客がひきこまれてきた所で・・・何か、不自然な音が混ざり始めました。
なんだろう・・・徐々にそれが目立って・・・。

・・・イビキです。
いやー!

「ぐごー」とか「ぶるるる」というあからさまなアレではなく、大きな「すぴ〜」が規則正しく・・・ピアノに混ざっちゃってるの!
誰かその人にエスプレッソをドッピオで入れてやって!

ああ、ソンジン君に申し訳ありません。

気を取り直した休憩後の後半。

1曲目から観客がさらにぐっと彼に引き込まれてました。
技巧的な部分はぜんぜんわからないけれど、弾き終わるごとに観客が若者に向ける拍手も熱を帯びています。
ため息も聞こえ始めました。
私もすごく楽しくなってました。1曲終わるごとに、次への期待が高まるのです。

最後はショパンの12エチュード、12番目の「革命」。
あまりにも有名なこの曲も、初めて聞くような感覚でした。

革命って、やはりどこか苦しさとか悲しさとか、そういう圧迫されたものがどっと溢れるような、感情的な曲なんじゃないかと思うのですが、ソンジン君の「革命」は伸びやかでさわやかで、軽やかなんです。
曲の本題からはひょっとしたら少しずれた感じになるかもだけど、心地よくみずみずしいのです。すごく潤った、そして丸い音が天井まで昇っていくような、若さの熱を帯びた「革命」でした。

最後は当然拍手喝采。
ソンジン君は拍手に照れくさそうで、どことなくそそくさと袖にひきます。
でも彼を呼ぶ拍手はとまらない。
再登場ではホントに恥ずかしそうに、にこにこかわいい笑顔です。
さらにアンコールを促す拍手!
ソンジン君は照れて頭をカキながら登場して、会場は笑いに包まれました。

そこで弾いたのは、ショパンのノクターン2番。
ショパンのノクターンというと、これを思い浮かべる方も多いですよね。
こんな優しく、甘い音楽がすごく似合うと思いました。

さらにさらにのアンコール、またまた恥ずかしそうに初々しいソンジン君、もう一曲弾いてくださったけれど、なんという曲だったかな・・・ノクターンだといったように聞こえたけど。

終わった後も、なんだかとっても幸せ気分でした。
これからどんなピアニストになるんだろう?
そのストーリーの第一章に立ち会えたようで、光栄です。


チョ・ソンジン君のコンクール時の動画を貼っておきます。
そういえば休憩中のホワイエには、コンサート審査委員長の中村紘子さんがいらっしゃいましたよ。





このときより背が高くなってるんじゃないかな~。
Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:http://feverfew.jugem.jp/trackback/418
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others