<< 仁寺洞・ソムニ。 | home | 北村へ。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

仁寺洞の続き。


*昨日、下書き中の記事(三清洞と韓菓と・・・)をうっかりアップしてました。
後日また順番どおりに掲載いたします。失礼いたしました・・・。


仁寺洞のショッピングや街歩きの続きです。

アジサイのお茶です。
これは明金湯とは別のお店で。



これは수국차(スグクチャ)・・・水菊茶となってます。
他にも이슬차(イスルチャ)・・・露茶という言い方もされるみたいです。

アジサイの葉を蒸して乾燥させたお茶。



これはとても不思議なお茶です。
砂糖の1000倍の甘味があり、冷やすとすこしとろんとした感じになり、さらに甘味が強くなるのだそうです。

冷やしたものをいただいたのですが、暑さで萎えそうな体に甘みが心地良かった。

ダイエットしている方は、煮物などに甘味料として使ってもいいみたい。


また、最近雑誌でも注目の多いコチラ、アルムダウン茶博物館にも立ち寄りました。



先に明金湯で満足したせいか、ここでは知人へのお土産だけ買いました。

韓国のお茶だけではなく、日本茶・紅茶・ハーブティなどなども扱ってます。



女性に贈るものだったので、ヨモギ茶と蓮の葉茶のセットで。
いずれもW15,000だったかと。
ヨモギ茶は体を温めるし、肌にもいいそうです。
立ち仕事の方へ贈るものなので、この組み合わせで。

缶はまるで紅茶の入れ物のようで、かわいいのも女性向けかな。

マダン(中庭)風のカフェがステキだったけれど、この後予定しているお茶屋さんもあったので、ここではお買い物だけ。
カフェの中には茶器が展示してあるのだそうです。
だから次はゆっくり見てみたいな~。

それから、ダンナとおそろいで買った扇子。



渋い色です笑。



かわいいピンクにしようとしたら、何故かオットがこれを欲しがって・・・。
自分が持つと似合わないと思ったらしく、それなら私が持てばいいと笑。

オット用には紺を買いました。

これはあまり珍しいものでもないけど、私たちが同じものを買うっていうこともそうそうないので、旅の記念に。



涼しそうな透け柄です。


それにしても、飽きない街です。
レトロな風情を残しつつ、モダンなものがどんどん入ってきている。
そもそもソウル自体がそんな街だけど、この場所はよりレトロさが際立つため、空気さえ懐かしい感じがする。

街の中にはごく自然に韓屋(ハノク)が。




表札もみょ〜に馴染む。



さて、そろそろ次の目的地に向かわなくっちゃ。

再び仁寺洞キルに戻ります。



かわいいアクセサリーやさん。
日本では(安っぽさが際立ったものが多いから)あんまりピンとくるものがないけど、韓国では何故かこういうお店にテンション上がるの。



ここ、気になりました。
どういうことをしているのかしら。

名残惜しみつつ、次の目的地に。
Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others