<< Blue Day Chocolate♪ | home | クロイソス・工芸茶専門店。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

LES TISSAGES DE CHANEL ♪

 
ルージュココ#10カメリアに合わせてチークを購入したのです。



ツイードの織りを模した美しい1品。
ず〜っと気になっていた1品でもあります。

レ ティサージュ #60 ツイード ロゼ スプティル

ツイードといって、スコティッシュなハリスツイードをイメージするでしょうか?
シャネルツイードを思い浮かべるでしょうか?

私は男性にツイードとなるとハリスツイードを思い浮かべ、女性にツイードとなるとシャネルを思い浮かべるのです。

それにしてもキレイなお化粧品です。
ブランドの粋を感じさせます。



清らかな白と青みのある華やかなローズピンク、白銀のような煌きがあります。
これ、本当にどう作ってるのでしょうね。



ブラシは・・・硬いですよね。

シャネルのチークカラーというと、ジュ コントゥラストが沢山の色を抱えているのですが、あれはテラコッタ製法ですよね。
こちらはふんわりとやわらかい粉質になります。

あ、表面のツイード柄はじきなくなってしまうそうです。いずれ2色のチークが現れる。
表面が崩れるのは悲しいけど、2色が現れるのも楽しみ。

きっとこのカラーについては、沢山有名なコスメブロガーさんがいることだし、私が語るまでも無いのでしょうが・・・。

くすみの無い、非常に純粋な色をしているのです。
ほほを染めるとき、本当は赤くなるものだろうけれど、この色を乗せるとまるで自然になじむのが驚き。
私はこういうローズピンクは使ったことがありませんでした。

いえ、ローズピンクは持ったことがありますが、肌に乗せるともっとくすんだ感じになるように思いました。
これはぱっと華やかなのに、私の典型的日本人肌色にもなじむ!

ただ、その「華やかさ」がオットにはビミョーらしく、最初にこれをカウンターでつけていただいた日には、いい気分で家に帰ると、ダンナが「おてもやん」と言い(やがり)まして。

いいんだ・・・どうせコスメは自己満足。

とにもかくにも、カメリアにはぴったりの色で、これが無ければ唇も活きないとさえ思えましたので、初めての華やかローズチークを手にしたのでございます。

煌きもあるので、何か別のものの下地にするか、上から重ねるような使い方もできそうです♪

かわいいので、もう一度見ておきましょう♪







Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:http://feverfew.jugem.jp/trackback/371
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others