<< LES TISSAGES DE CHANEL ♪ | home | HERA Sun Mate Powder ♪ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

クロイソス・工芸茶専門店。

 
クロイソスで工芸茶を買ったと言いましたが(→)、そのお話。

お店は中央通の7丁目交差点(資生堂パーラー・三菱UFJ、モンブランのある交差点)から花椿通りに曲がって、昭和通り方向に歩いてすぐのところ。
小さいけれど、石造り風のお店なので、すぐお分かりになるかと。


 
*写真はクロイソスのHPよりお借りしました

3月の終わりごろにオープンして、ずっと行きたかったのです。
銀座しょっちゅういっているのに、行き忘れちゃって、ようやく5月に行ったら癖になりまして、何度か購入しました。

中国茶が好きだと必ず出会う名前といってもいい、「工芸茶の父」汪芳生氏の「康藝銘茶」を数多くそろえたお店です。

お店に入ると、116種類に及ぶ康藝銘茶&工芸茶がずらりと並んで、それを見ただけでドキドキして目が回りそうでした。

良質のお茶を精巧な工芸で仕立てた仕掛けのお茶ですから、一つ一つの単価は高いですが、200円位のものからありますので、家でも豊かで贅沢なひとときを味わうのにオススメ。

中国茶は種類も多いし、味の強いものも沢山あるけど、これは緑茶か紅茶なのではじめての方にも愉しめるでしょ?

普段はもっぱら台湾茶のわたしも、こちらでいくつか購入しましたので、工芸茶のほころんでいく姿に癒されながらのティータイムを愉しんでます。



「金三角」 三角地帯が黄金を表すところから、飛躍や発展を願うお茶だそうです。
産毛の美しい緑茶ですよ。









パッケージには花言葉。
内側から現れる貢菊は誠実・真実をあらわすそうです。

緑茶は黄山毛峰が使われていると言っていたような・・・。

こういう花言葉を載せるところは、「クロイソス」のオーナーが女性だから思いついたのかもしれませんね。

もうひとつ、貢菊の入ったお茶を開けました。



「花芯牡丹」 貢菊が花芯、茶葉が花びらに見立てられた、美しい牡丹の花になります。
牡丹は工芸茶の基本形みたいなものでしょうか?





なんだか2つとも似た感じに見えちゃいますね。
写真の腕もないし、うちにちょうどいいグラスも無いからキレイにお見せできませんね

ほかに色花の仕掛けものを購入しましたので、また写真に収めたいと思います。

ところで、クロイソスの工芸茶と汪さん命名の康藝銘茶を味わい比べると、味そのものは康藝銘茶のほうが甘みや香りがよいように思います。クロイソス工芸茶はすこし渋みがつよいかと。

クロイソスの工芸茶も非常に美しい創造的なものが多く素敵ですが、もし初めてならやはり康藝銘茶からお愉しみになるほうが良いかもしれませんね。


クロイソスHP→★
Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others