<< Lancome Genifique yeux | home | ドミニク・サブロンにて。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

リップティント。

JUGEMテーマ:韓国コスメ
 
ジバンシィから1月に出ていた限定品のコレ↓


(i-VOCEのHPからお借りしました)

プリンテッド・リップ。
フエルトペンのような形状で、カラーインクのように唇を染め抜くというもの。
面白いアイテムだな~と思いつつ、色が合わないので買わなかったのですが、筆は違うけれど、似た感じのものが韓国のコスメブランドからもあれこれ出ていますよね。

リップティントというアレ。

トニモリとエチュードのサンプルをもらっていたのですが、ぜんぜんつかってなかった。
でも美コリアさんのブログでちょっと興味がわいて、試してみました。



姫系なエチュードハウスのフレッシュチェリーティント。
ピンクとレッドのサンプルがセットになってたのですが、ピンクのほうから使ってみました。

リップティントはリキッドというか、カラーインクのようなものが多いと思うのですが、これはミルク状。

出してみるとこんな感じ。



ひ〜。
かなりピンクもピンクでガーリー過ぎる!
写真以上にネオンっぽいピンクでした・・・。

・・・と思ったけれど、塗ってみたら派手にはなりませんでした。
この通りの発色ではなくて、もうすこしローズっぽい赤みのある色に。
フューシャピンクの少し青み抑えた色かな~。



ひょっとしてプランパーのようなものなのか、若干じんじんします。

よくある「色つきリップクリーム」のようなものをイメージしてたけど、それよりもずっと密着度と発色ともちがよいです。

10代の子だと、コレだけでいけそう。
白い肌の子に似合いそうです。
黄味がつよい肌は少し工夫が要るかな?

オトナが使うには、下地的にすると良いかも・・・と思いました。
よくある「落ちない口紅」は時代が進んでも唇が乾きますよね。。
むしろ普通のルージュやグロスでも、コレを下地に使うとあまり落ちた感じにならないかも、と。

ただそれにはすこし色展開が少ないのね~。
でも均一な染め抜き方と、もちはかなり魅力かな。

ヘレナのグロスみたいに、ぽってりとする質感のものとあわせると良かったです。

ジャンク感覚のコスメ実験でした。






Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others