<< ANTIQUE | home | H4u EGFact リヴァイタル・ローション >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

基礎化粧品。

JUGEMテーマ:おすすめコスメ類
 

最近、誰と会っても話題に上るのが肌の話。
なんていってもアラフォーですからね。30代になった後は、刻々と変わっていく肌状態を整えないといけない。1ヶ月前によかったものも、とたんに物足りないと思う状況がやってきたり。

だから今の化粧品が一生の化粧品になるなんてことはないのでしょうが、しばらくジプシーが多かったベーシックケアも落ち着いているので記録しちゃおうかと。

皆様、私のベーシックケアなんて見ても面白くないと思いますけど
わりと数が多いので、何回かに分けますね。


まずは一番ベーシックな化粧水や乳液。



左から・・・

アモーレパシフィック ハイドレイティングフルイド 160ml
アモーレパシフィック トリートメントトナー 100ml
雪花秀 滋陰乳液 125ml
雪花秀 滋陰水 125ml
H4u EGFact リヴァイタルローション 60ml

アモーレと雪花秀は同じアモーレパシフィック社のブランドです

アモーレパシフィック トリートメントトナー

自然のミネラルを豊富に含んだ高麗人参(コリアンジンセン)ウォーターを水分補給のベースとして
使用しました。
ジンジャールート(ショウガ根エキス)が、肌をうるおいで満たし活きいきとさせます。
ウォーターリリー(ニンファエアアルバ花エキス)が、肌に心地よい引き締め感を与えます。
うるおいを与えて肌を落ち着かせるアルニカ花エキス、セイヨウノコギリソウエキスなどのボタニカル成分が、肌バランスを最適な状態に整えます。

ハイドレイティングフルイド

ジェルテクスチャーのフルイドが肌にうるおいのベールをつくり、その後に使用するセラムやクリームなどの効果を促します。
メドウフォームオイルとバンブーサップ(マダケ樹液)が、健康的な肌に不可欠なうるおいを与えます。
高麗人参(コリアンジンセン)が活きいきとしたつやのある肌へ導きます。



ニンファエアアルバ花エキスって抗老化・抗炎作用、アルニカ花エキスは血行促進、消炎効果、保湿の作用、セイヨウノコギリソウは抗酸化・皮膚弾力に効果・・・をそれぞれ期待される成分。
高麗人参(オタネニンジン)エキスはいわずもがななのですが、抗酸化作用や、肌の免疫力を高める効果があるといわれています。

花の様な香りがついているので、好き嫌いがあるようですけれど、私はかなり癒されています。

トナーはふき取りタイプなので、さっぱりとした感触です。
でもこれをパッティングしていると、軽くハリが出るような感じがするんですよね。
フルイドはさっぱりした乳液のようなテクスチャですが、所謂化粧液というタイプなので、水分供給と油分でそれをしっかり保持するのでしょう。肌が柔らかくてもちもちっとします。
肌に活力をくれるスキンケアで、使うそばから肌がいい感触になるので、使うのが楽しいケアですね。

雪花秀の滋陰水はこちらで紹介→
この化粧水、疲れたときはひときわたっぷり使って、潤わせてあげるといいのです。

滋陰乳液は、こっくりした乳液。
日本のものに比べるとクリームに近いようなテクスチャですが、浸透力がよく、スルスルと肌に吸い込まれます。肌もするりとした感触になり、ふっくらする。

強力なアンチエイジング力は無いけれど、なんとなくハーブティーを飲むときのように、肌がリラックスする感覚があるので、雪花秀は好きです。

そして雪花秀を使うときのお決まりは、これを必ず一番最初に肌に吸わせること。



潤燥(ユンジョ)エッセンス・・・こちらで紹介→

何を使うときもこれを先に。
これがないと不安になる1品です。

最後は唯一の日本製。
H4u EGFact リヴァイタルローションは大人気の化粧水ですが、なんとなく美容液感覚で使ってます。

ここ最近使いはじめたニューアイテムです。

これはまた別に詳しく紹介しますが、名前の通りEGF(
新しい細胞成長を促進するという成分)配合なので、肌実感は早いですよ。
くすみが取れるし、たるみ毛穴がすこしふっくら感が出ます。

でもこれだけだとなんとなく水分が物足りないので、これはサブ化粧として添えています。

次は美容液の記録をお届けします。


LINK

AMORE PACIFIC

雪花秀(韓国語)

雪花秀(英語)

H4u
Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others