<< CHANEL新色。 | home | AMOREPACIFIC TMサントリートメント >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

アンプラント ドゥ シャネル

JUGEMテーマ:おすすめコスメ類
 

2010春のCHANELはとっても面白いカラーが揃っていました。
全体をベージュトーンに仕上げていくコレクシオンなのですが、一つ一つのカラーを紐解いていくと、奥行きが深く広がりがあって個性が豊か。

きらきらのお菓子を見るときのように楽しかったです。



アンプラント ドゥ シャネルはココマークを配したベージュゴールドのフェイスパウダーです。

最初これをタッチアップさせていただいたときは、ゴールドパールがキメの崩れているところを目立たせるように感じて躊躇したのですが、あまりにきれいでふくよかなゴールドカラーだったので鮮烈な印象が残って、予約品の引取りの際にもう一度つけていただきました。

結果おうちにつれて帰ったのですが、コンプレックスがあっても使ってみようと思ったのは、このパウダーの繊細で多様な表現に感嘆しちゃったから・・・というのがあります。

ブラシで軽くふわっと広げてみると、ゴールドはそれほど強くないのです。
光が当たるともちろん輝くのですが、その輝きの一粒一粒が非常に微細。
パールの表面を見るような、サテンの生地を見るような、そんな艶めきです。

それとこれはBAさんもおっしゃっていたのですが、四季それぞれ馴染むゴールドということ。

単にゴールドといっても本当に色味は沢山あるけれど、これは個性がしっかりありながら、中和する力があるんですね。

とんがったところをやわらげられるゴールド。
脇役に入れるゴールド。

そうそうない色だな、と思いました。



これどうやって作ってるんでしょう。

ピンク・ベージュとブラウン、白・・・。
お洋服の生地のようにお化粧品を作るなんてセンスが小憎らしく美しいです。

こんなパウダーが限定だなんてもったいないなあ。


Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others