<< 福袋。 | home | CHANEL新色。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

今年もガレット・デ・ロワ◆

JUGEMテーマ:スイーツ
 

今年の.レット目→ロワゾー・ド・リヨンのショコラゆず
昨年の.レット目→銀座・オーバカナルのガレット・デ・ロワ
昨年の▲レット目→中沢フーズ・大森由紀子さん監修のガレット・デ・ロワ


ガレット・デ・ロワはブーランジェリーとパティスリーのものをそれぞれ食べたい!というのが私の欲心です。

今年のブーランジェリーはプランタン銀座のビゴの店で!

ビゴのお店ではちゃんとフェーヴをパイの中に仕込んで焼き上げてくれてますよ

これはダンナが買ってきてくれたのですが、去年オーバカナルでやりとりの違いがあったことを気にして、店員のおねえさんに本当に中に入ってるか確かめてくれたようです。
「やっぱり中に入ってないと楽しくないですよね!!」と言ったら笑われた・・・と話しております。

写真が相変わらずいまひとつで残念ですが、ビゴの店のガレット・デ・ロワです。



税込1,890円/約18僉∪嚢2,205円/約21cm、税込2,520円/約24僂離薀ぅ鵐淵奪廚如¬詫佑3種類くらいあったかな?

これはオリーブの葉っぱだと思うのですが、勝利や栄光を意味するのだそうです。

さて切ってみましょう。



色がイマイチの写真・・・ああ、早く暖色系の電球に変えたい!

パイの生地は香ばしいながらもほんの少ししっとりとした感じを残して焼き上げられてます。
層の厚さも申し分なく、さくさくと軽い触感です。

私、ブーランジェリーのガレット・デ・ロワはこういうさくさくパイ生地が多いと思います。
だからついたっぷり食べちゃうのですが・・・。

クレームダマンドは甘さ控えめでアーモンドの味がストレートに口に広がる素朴な味。

ビゴの店のガレット・デ・ロワは、ムッシュ・ビゴが伝えるフランスの伝統的な製法で作られているそうですが、どこか朴訥としたような、でもしっかりと作り上げられたような味のお菓子です。

いろんなガレット・デ・ロワが今年もさまざまなお店から売り出されているでしょうが、ビゴの店はとっても親しみやすく、誰もがほっとする味をしているんじゃないかな?

ガレット・デ・ロワ初体験の方にもおすすめです

1月の間はまだ見かけることがあると思うので、皆さんも是非ガレット・デ・ロワ祭りを楽しんでくださいね

あ!忘れるとこだった!
ビゴさんのフェーブは・・・。



かわいいパン屋さん!

Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:http://feverfew.jugem.jp/trackback/257
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others