<< 夏過ぎて | home | 競技の秋 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

ラデュレのマカロンを食す。

マカロンといえば、昨今日本においてはパリのマカロンにクリームやコンフィチュールを挟んだアレのことでしょうね。

マカロンは好みの分かれるお菓子で、苦手な人には一体全体これは何か、という、存在そのものの価値さえ理解しかねる極端さがあるようですね。

カリソンとかヌガーもそうですけど、ああいうネチっとした食感そのものがいや!と言う人もいるし、甘すぎる!という人もたくさん聞きますが、マカロンマニアには麗しき世界。マカロンは歯を当てた瞬間から喉を滑り落ちゆくまで、様々に変わりゆく感触と風味で魅了するものなのです。

しかしマカロンが好きでも、なにぶんこのマカロン・パリジャンは作り手によってこうも違うかという千人千色の個性が出るところ。それぞれのBestマカロンはこれまたここに違うというもの。

私がマカロン・パリジャンなるものを初めて知ったのは、大学時代に大森由紀子さんの本を買い求めたとき。それはフランス地方菓子の本。当時製菓会社こそ私のあこがれの就職先、いろんな日本の会社のお菓子を食べたり比べたりしていたものですが、その本にはそれまで知らなかった様々なフランス菓子が紹介され、非常に興味深いものでした。中でも当時あまり見かけなかったパリのマカロンには、ひときわ惹かれたものです。



それから何年、東京は食の宝庫だけに、その恩恵を受け、いろんなマカロンを食べたものです。
私の好みは、マカロンの表面がすべすべとして、さくっとする歯ごたえはあってもはかなく、内側はわずかなねっちりさかげんでしっとりしているもので、クリームは少なめで口溶けのよいもの。薄めで小振りなもの。

日本でマカロンがブームになったのはいつからだったか・・・。
ピエール・エルメの本格進出がやっぱり影響が強かったかなあ。見た目が華やかでつい手を伸ばしたくなるような存在感と、「どんな味なの?」と空想をふくらますようなアイディアたっぷりのレパートリー

ただ、このピエール・エルメのマカロンは、私の好みからは少し外れている。
いつも食べたい・・・と思うようなものでは、残念ながら、ない。

サックリ感が、内側のしっとりやねっちりが、クリームの重さが、大きさが・・・それぞれに少し違うのです。そうでなければあれだけマカロン心をくすぐるブティックもないものです。

好みを整理すると、今のところ一番好きなのはジョエル・ロブションのものでしょうか。
これはとてもはかなく、しっとりして口溶けがいい。あまり個性的な種類は出してないけれど、いつ食べても味に安定感を感じますし、裏切らないマカロン。

さて、そのピエール・エルメ氏がかつて勤めていたという「ラデュレ」。
映画「マリー・アントワネット」公開時には日本でも販売したけど食べ損ねていました。

はじめてパリのマカロンを2つ重ねてクリームなどを挟んで売り出したのは老舗ラデュレであったという話は聞いておりましたが、7月に銀座三越にサロン・ド・テ併設のブティックが出来たと。でもいかんせん、行列大好き日本人の好ターゲット。しばらくは無理よねえ、とはなから人混み嫌いは避けて通った。時をひたすら待つ。

・・・なんて構えていたら、あっさりその日が来ました。
本を読んでいたら降りる駅を通り過ぎてしまった。それならいっそ銀座に行こう。それならなおいっそラデュレに行こう。今日は平日だし、もう落ち着いているだろうからね。

ということで、銀三2Fのラデュレブティック前に行くと、人はそれほどいないけれど、どうも1対1の接客らしく、売り子さんがあくまでは並ばねばならぬと。おおよそ30分待ち。ちなみにこのときサロンはわずかな待ち時間で済んだようですが、アントルメよりはまずマカロン、と心に決めていたので、今回はパス。しかしいろいろ聞くと、サロンではセット売りのものなら待たずに手に入ったとか。うーんしまったかも。

店内はまさに「マリー・アントワネット」の様相。これはニガテなムードですが、しかたない。さて、いざマカロンの前に進み出ると、さすが華やかな数々が並んでます。
単品では231円のマカロン、600円近くもする化粧箱で6個入りが1950円とのこと、うーんと悩みつつ、箱はちょうど足りなかったジュエリーのBOXにしようと、化粧箱入りでセレクト。

マカロンそのものは創意工夫系があって、スタンダード系があって、となかなか悩む。
しかし、店員さんの声が小さく、説明もよくわからない。

接客は一対一なのですが、レジも順番でやたら待つ。オペレーションはどうなんだろう・・・丁寧は丁寧すぎず簡潔に、がよろしいのでは?
ちょっとね、スマートさが足りてないなあと思うところが要所要所。
並んでいる間に、お品の案内でもくださればいいのに、「質問があれば受け付けます」と係がくるのみ・・・。
購入後も、たとえばこれがプレゼントだったら困るなあ、とおもうのがやはり種類の簡単なしおりが何もないところ。個性的なマカロンを繰り出すだけに、見えない相手を意識してほしいなあ。

と、ズレを感じつつ、持ち帰りましたマカロン。



何を選んだやらすっかり名前を忘れたのですが(汗)、とりあえず大人買いであれこれ。

当然まだ全部は食べてないのですけど(笑)どれもとてもおいしいマカロン。モナコのショップからの空輸だと聞いてますが、その割には乾燥があまりなくいい状態だと思いました。



いくつかの感想・・・。
赤いマカロンのうち、手前のもの(すこし淡いほう)がフランボワだったと思いますが、思ったより強くない味、意外にアーモンドが香ばしくて、独特の酸味がそれでまろやかに。フランボワのマカロンははかない食感ですが、適度に厚みがあるので食べ応えはしっかり。
もう一つの濃い赤色はフリュイ・ルージュですが、逆にこちらはくどすぎる。生地・コンフィチュール(クリーム?)ともに味が濃すぎて、大きさが半分だったらコーヒーに合うのに。
ライム色のうち手前はセドラというレモンのようなシトラス系。これは酸味が控えめで、甘すぎずさっぱりしてとてもよかった。そうだなあ、バジルティーと一緒に食べたいですね。ちなみにもう一つは私の大好物・ピスターシュですが、これはまだ食してません。
いわゆる「塩キャラメル」のマカロンが一番気に入ったかな?味が何しろいい。ほろ苦い香りがおいしかった。

ラデュレのマカロンの印象は、とてもよかったです。一つ一つが少し私には大きいのとクリームが多すぎる感じを受けますが、バランスがとてもいいなあと関心。奇をてらいすぎず、まとまった味わいと、素材ごとに変わってしまうマカロン生地の焼き上がりをよく計算してらっしゃる。外の薄皮はすべすべして均一な美しさ。でも歯に当てると心地よく淡く砕けて軽やか、しっとりした内側と混ざり合うと重厚になる。クリームも口溶けがいいし。ふかふかしすぎず、ねちっとしすぎず、これはまた食べたいマカロンですね。

ああ、いつかパリで本当のラデュレのマカロンを買い求め舌鼓打ちたいものです。

All Aboutでもしっかり紹介されていたようなので、是非ご覧ください。

さあ、次に目指すはカー・ヴァンソンだ!
Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









trackbacks
URL:トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others