スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

ADDICTION シアーな黒で爪化粧。

JUGEMテーマ:おすすめコスメ類


ADDICTIONで買った黒いトップコート・Black Leopard(ブラックレオパード)。



店頭で「黒いトップコートだ!」と思った瞬間に予約しました。
アディクションで見たものではありますが、黒いトップコートは前にも欲しかったのです。

ディオールからもずいぶん前に一度登場したことがあり、欲しいなーと思いつつ、使う瞬間がわからず、通り過ぎました。

昨年BANDIから登場したときは、「やっぱり欲しい」と思いつつ、発売後に行ったソウルで買う機会がなく。限定だったのか、もう今は売ってないですよね・・・。未練がましく写真だけ取ってあった!



(BANDIのFace Bookよりお借りしました)

で、3度目の正直ならぬ3度目の欲望により、迷うわずかな時間もなく、決定。
いえ、もうずっと前から、待っていたから。

ということで、ADDICTIONの人気色、プライベートジェットでテストしてみます。



トープ系のプライベートジェット。
単体でもとっぷり秋の色ですが、どんな風に変わるのか。

チップに塗ってみます。



 左がブラックレオパード単体、右がプライベートジェット単体、真ん中がプライベートジェット+ブラックレオパード。

ブラックレオパードの単体は、こんな風にあっさりしてるんです。



これを見たとき、私最初に、「黒のグラデーションネイルできそう!」と思いました。

プライベートジェットに重ねると。




若干ムラにはなりますが、こくっと重みが出ますね。



手前がプライベートジェット、左奥がブラックレオパードを重ねたもの。

かなりこっくり。

スモーキーさが断然つくので、使うシーンはプライベートに限られますし、重ねる色も選びます。

この間失敗したのは、グレー系だからと淡いラベンダーグレーと合わせたとき。



ZOYAのMILEYはやや透け感のあるラベンダーグレー。
むらむらになって目立つし、全然おもしろくなかったんですよねー。
ある程度しっかりした色とあわせて塗らないとだめ。
明るい色でもはっきり主張のある色なら合う可能性あり。

アディクションのホームページでも、一緒に登場したパールタイプのTCとともに、色見本が出ていました。


(ADDICTION HPよりお借りしました)

ここにはないけど、赤とも合わせてみたいですね。
一般的な嗜好に合う製品ではないけれど、なかなかに楽しめる製品です。

さて、初秋をこの2品で始めたわけですが、私の今年の秋は、えらいことになっています。
それは、また次の投稿でご紹介・・・。



Posted by なつしろぎく | comments(2) trackbacks(0)

春、つま先に。

JUGEMテーマ:ネイル
JUGEMテーマ:
韓国コスメ
 

日々は走るように過ぎます。
それは師走でしょう、って感じですけれど、いろんなことが起きて、心身疲れてるのが正直なところです。
体もむくみがひどくて、体は凝りかたまり、耳の中でまたリンパが滞るのか、ひりひり痛んでやや聞こえにくく…。そんな状態が年明けてから続いて、とにかく、休みの日は頭がぼーっとしてしまって。

心配事もあったりして、春が近付いているのも気づかなかった。
今日はお休みで、やはり頭痛があったりしたものだから、ホットカーペットの上でごろごろと転がっていたら、陽の光の暖かさと優しさにとっても癒されました。

そこで、気分転換に爪先を春モードに。



全然わかりにくいんですけど。
サンドベージュにくすみパステルを乗せたツイードネイルもどき。



マスキングして塗ったのですけど、シール取るとき薬指のところがベージュを引き摺ってしまった。
しかしツイードには見えませんね・・・。
それにキューティクル処理を怠っていたので、ちょっとアレですけど。

でもまあ、なんだか春の全開ではなくほころんだ色くらいな感じで、気分が良いです。

セージグリーンがサンドベージュになじんじゃって発色せず、ピンクだけはっきりしちゃったね。
でも明日は初めての先生と打ち合わせがあるので、これでちょうどいいくらいかも。
石か小ぶりのスタッズ載せようかとも思ったけど、シンプルに過ごすことにしました。

使ったのはこの4色。



左から、
OPI NL P17  STRANGER TIDES
essie 745 SAND TROPEZ
essie 429 FONDOLA GONDOLA
ORLY インスタントアーティスト プラチナムグリッター

OPIのストレンジャータイズは2011年のパイレーツ・オブ・カリビアンとのタイアップカラーで、日本の公式ページにはもう載っていないから、限定カラーだったんですね。私は海外から購入したのですけど。
セージのくすんだミルキーカラーで、抹茶ミルクのミルク多め、みたいな感じかな。

この色が馴染みすぎてしまったベースカラーが、essieのサントロペ。これも2011年のコレクションみたいですね。グレーを含んだトープにもっと白を足したようなクリーム色。これは使いやすくて、グレーっぽいだけあって白浮しないから、普段も単色塗りで愛用。シーズンも選ばないから、ホント重宝します。

同じエッシーのフォンドラ・ゴンドラはくすみのあるマットなローズピンク。
こういう色は好きなんだけど、単色塗りには肌に合わなくて、部分使いしてるので減りません!

ORLYのアート用細筆カラー。「シルバー」ではなく「プラチナ」だそうですが、私的にはホワイトゴールド。マニアックな話ですけど。輝きが良いグリッターです。

くすみパステルって、今の気分にも雰囲気にちょうど良く、少し優しく、少しドライ。
どうも昨今、サンドベージュ気分です。




Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

eSpoir ホリデーネイル!!

JUGEMテーマ:韓国コスメ
 

eSpoir(エスプア)のホリデーコレクションで紹介する最後のアイテムはネイルポリッシュです。



eSpoir(エスプア) ホリデーネイルカラー 12ml W10,000
에스쁘아 홀리데이 네일컬러

eSpoirのネイルポリッシュは10月のソウル旅行でカラー展開を見たとき、それまでよりもスモーキーカラーをうまく取り入れていたので関心が高まっていました。
アーミーな色合にも少し女性らしさを感じられる、感覚の良いカラー展開でした。

しかし今回のホリデーネイルを見たときは、最初さほどピンとこなかったのですが…。

気がつくと4色購入となっていたわけです。

まずは今回のホリデーで発売された全色の紹介。



画像はeSpoirのホームページからお借りしました

ホリデーネイルカラー
上段左から 
아이스퀸 Ice Queen
엔젤스브레스 Angel's Breath
로맨틱홀리데이 Romantic Holiday
下段左から
마블러스나잇 Marvelous Night
크리스마스트리 Christmas Tree

前もって言うなら、実際のカラーはこれより濃い目に発色されます。



画像はeSpoirのホームページからお借りしました

ホリデーネイルグリッター

上段左から
대즐링스노우 Dazzling Snow
퍼니오나먼트 Pony Ornament
下段左から
산타온더트리 Santa on the Tree
대즐링골드 Dazzling Gold

グリッターのネイルというと、韓国でのブームはむしろプチプラのアリタウムが火をつけたという記憶が新しいですけれど、もともとはメジャーなポリッシュブランドなどのトレンドから掴んできた感じでしょうか。
以前、イニスフリーとトニーモリーが早くもデボラリップマンのGlitter in the Air「風」を出していたのもあるし、常に意識してるのは感じます。
独創性の起点がどうなんだということもなくはないけれど、吸収して拡大解釈させ発信する力を、この手のことには常に感じさせられる。また10年もしたら、独創性さえ起点を持ち拡大発信している可能性がなくもないよ・・・。そうであってほしい。

閑話休題。

私が購入したのはグリッターではなくカラーのほうで、アイスクイーンをのぞいた4色。
当初はベージュにパールがのぞいて見えるロマンティックホリデーがかわいらしく、これだけ買う予定だったのですが、画像などを追ううちに、他のカラーも魅力を感じていってしまいました。なかなか小憎らしい揃え方だったのですよ。
こちらは実に良い。良い独創性を持っている。それも感性に触れてきた理由でしょう。



エスプアのネイルはスマートパッケージ。スクエアボディにダークチョコブロンズのキャップがよいですね。

さて1色1色をクローズアップ。

まず、一番に関心を引いたロマンティックホリデー。



クリーミーなコックリベージュにピンクレッドのホログラムパールが浮かびます。
やあ、想像よりずっと可愛いですよ!

パールはやや大粒。ホロラメというほうが近いかと思いきや、塗ってみると「パール」な感じだったから、やっぱりパールと呼ぼうかと。
ピンク・赤・オレンジの偏光ぶりが大変よろしいです。

そして、何かと私の胸を騒がすことの多いグリーン系。
クリスマスツリーというストライクな名前もやたらに胸を騒がせましたよ。



アーミーグリーンっぽいメタリック。
こんなのいつするのって言われそうですけど、いえいえ、使おうとすればちゃんと使えますとも。
そもそも、冬にひっそりペディキュアにするっていうのも楽しいものですよ。
夏になったら大公開。

そして思いのほかきゅんとしたのがエンジェルブレス。



ロマンティックホリデー同様の偏光。このホログラムパールをシンプルなシアーホワイトに落とし込むと、色が際立ってきて色っぽい。

さらに、デニムカラーにやはりこのホロパールを入れ込んでしまった、トレンド感の尖ったマーヴェラスナイト!



全部同じパールじゃないって言われたらそうなんですけど、それにしたって魅惑の組み合わせです。
今年やたらと発売されていたデニムカラーのネイル。しかしそれらが通り過ぎた後に飛び乗った私。

あ、もう一つ注意事項としては、このエスプアのネイルたちは開封後12カ月が期限で、通常のポリッシュより短期間だということ。
速乾性の高いものだから、ふたはぎっちり閉めるべきでもありますね。

さすがにすべてを塗って撮影するということはできなかったので、代表選手はロマンティックホリデーに務めていただきましょう。




クリーミーでオーソドックスなミルクティベージュにちらちら輝く赤いパールが可愛すぎます。

このカラーは艶感を抑えてどろんとした液質。
塗りにくいかなと思いましたが、筆が平たく太すぎず細すぎずの良いスタイルだったので、筋になりにくくて問題ありませんでした。
また発色も良くて、1度塗りでもかなり透けなくなりましたが、ムラがあるので2度塗りはマスト。

あと、これを撮った際は、すでに3.4日過ごしてしまったのと、トップコートも1度塗りしなかったので、艶がないマットな雰囲気がストレートに出ましたが、このあとトップコートを塗り重ねたらつやっつやでジェルっぽくなりましたね。
ちなみにトップコートはセシェ使用。



(根元がみっともなくてすみません)

さらに、最後の2日ほどは加工を施しました。



うまくないのでなんですけれど、ロマンチックホリデーの上に、マーヴェラスナイト、クリスマスツリー、同じくエスプアのアフターグロウ(赤)を使用したえせツイード風(遠くから見てくださいな)の上にエンジェルブレスをかけてみました。

エンジェルブレスはすごーくかわいいです!
クールミルキーに上掛しつつもピンクレッドのパールが温かみを出すという不思議な甘辛ぶり。

お値段がW10,000というところで、「曖昧に高い価格だ」という反応もあるんですが、パールカラーはもったりした重さがあって塗りやすいと言えないながらも、筆質も良くなにより韓国ネイルの特徴である速乾性がより感じられ、発色も良いので、さほど高いとは思いません。プチプラネイルの発達した韓国ならではのお声でしょうねえ。

エスプアネイルのさまざまなものを使用したわけではないですが、シンプルなクリームカラーの場合はかなり液質が滑らかだったりするので、全体的には妥当かなあと思います。

ただ、経済性には敏感な消費者たちには「えー」と思われちゃう微妙な価格なのは確かですね。
W8,500-W9,000くらいなら逆に「お得!」と思えそうな気もするんだけどな。

かといって原価率上げて売るってほどの数は出ない気もする。

しかし結論としては個人的には満足な内容ということです。
サロンポリとは違うファッショナブルな色だもんね。

全体的に、私とは世代感覚の開いたブランドeSpoirのホリデーが、本当に楽しいものであったこと、満足の上をいくものであったものだったことに感謝。

来年はどんな発信がなされるでしょうね?楽しみです。



Posted by なつしろぎく | comments(2) trackbacks(0)

もうひとつ、最近のネイル。

JUGEMテーマ:ネイル
 

こちらもモードな色だけど、私的にはぎりぎり「会社もおっけー」と踏んでいました。

韓国のサロンブランド・BANDIのネイルより、S304 カシミアパープルです。



変な写真の撮り方で、失礼。
BANDIはジェルのGELIQUEなら日本でもネットなどで購入できるんですが、ポリッシュのほうはなかなか手に入れられないですね。売っているところ、なかなか見当たらない。

BANDIのネイルは、たまに「化学物質をつかわない」という誤った情報があるのですが、胡粉ネイルでもなし、化学物質は使用されております。ポリッシュでトレンディで複雑なカラーを再現するのに、さすがにそれは無理なんじゃないかと思います。ただし、親環境・親自然をモットーとする企業ではあるので、ネイルの天然成分を強調するところがあり、それがなにか誤解されたんだろうか、「天然成分配合でつくられた」→「化学物質をつかわない」と誤変換されたのかもしれません。

ただし、フタル酸ブチル/ホルムアルデヒト/トルエンの3フリーラッカーなので、その辺はとっても好感。

それはさておき。

このカシミアパープルが、とにかく素敵カラーだったのです。
ちょっと天気が悪いからか色が飛んだ感じがありますが…。



非常に複雑な色で、グレイトーンのベージュにラベンダーモーヴを落としたような色です。
ちらちらパール状のものが見えますが、塗ってみるとそうわからないくらいのシマリングカラーです。

ZOYAもこの手の色が得意ですが、こういう血色悪い系色を集めてしまうんですよね、私・・・。

名前もいい。カシミアパープル・・・こんなニットがあったら購入しちゃいそうな色です。

これを塗ってみましたら。



実際はもう少し、濃いかな。
もうちょっとビターなチョコを足したカラーに。
自宅で塗った感じはほんのりとラベンダーのかほりがあるようなきれいな色でした。
ともかくこれはオフィスでも行けるくらい、ほどほどのモードさだ!と勝手に位置づけました。

・・・が。

うちの事務所、照明が大体顔色不健康に見えるんですよ。
この色も、事務所では妙に赤黒くなって、全然ダメでした。ショック・・・。
あああの蛍光灯、どうなってるんだろうホント。
メイク頑張ったところで、実際変な顔いろになるんです、どよんとした。

爪もちょっと長めになってたから、なんかどろどろんとした赤黒い悲惨さが増したのです…。残念。

ちなみに、我が家の蛍光灯で夜に撮影したらこんな感じ(別の日の爪ですが)



薬指はEssieの745 サンドロペ です。


そうそう、この単色塗りの後、本当はもうひとつポリッシュ重ねたのです。



butter LONDON(バターロンドン)のTART WITH A HEARTです。



こうみるとぎっしりラメに見えそうですが、これも案外しつこくない煌めきなのです。



ぎらんぎらんせず、若干アンティークな輝き方なんですよね。
これ、アップにして「あ」と思ったんですが・・・



黒いラメ?というかつぶつぶというか、入ってるんですね。だからなにか渋いなの感じかも。
重宝するラメタイプです。

どっちも日本から取り寄せるのはちょっと面倒なポリッシュブランドですが、毎シーズン新色を楽しみにしています。







Posted by なつしろぎく | comments(2) trackbacks(0)

ADDICTIONのネイルポリッシュ。

JUGEMテーマ:ネイル


4月に初めてADDICTIONでネイルポリッシュを購入。
とっても素敵な色なのに、会社につけていくような色ではなかったから、がっちり楽しむ機会がなくて。

でも今月シフトの関係でわたくし4連休があったのです。それはもううきうきと、楽しみましたとも。

で、その色のご紹介です♪



ADDICTION ネイルポリッシュ 12ml 1,890yen
右 009 Code Gray
左 018 RSVP

ペールピンクのRSVPはともかく、さすがにCode Grayのような深いグレーはプライベートオンリーです。
でもわたし、どうもグレーとか深い赤とか、ベージュ・ブラウン・紫、とにかくオフィス向けじゃないモードカラーのほうが好きで、そういう色ばっかり。

淡いグレーやベージュは目立たないのでつけていきますが。



RSVPは名前が「折り返し返事されたし」なわけで、とても思わせぶり。

こちらは写真ではわかりにくいですが、わりとシアーなタイプで、ひとしずくのグレイを感じさせるペールさがしっとりした雰囲気に見えました。

そしてCode Gray・・・これもほんの少しだけシアーさが残っています。
奥で紫が生きているような美しいグレイ。

これを前面塗りしたかったのです、ずっと・・・!
しかも梅雨のぐずっとした曇り空のような色だから、今まさにつけなければ!と思ってました。



もう4日目の写真だから、爪の周りが少し浮気味だし、乾燥した爪周りがお恥ずかしい限りですが、写真ではなぜこの美しい色たちが再現できないんだろう。

雨のしずくを落としたようにしてみたくて、スワロを一粒だけおきました。

ADDICTIONのネイル、この二つがたまたまなのか、とろんとした液質でほんのりシアーなのが撮っても気に入ってます。

今月のVOCEでも、ADDICTIONのネイルが受賞してましたね。


(iVOCEよりお借りしました)

プライベートジェットという色ですが、グレイッシュパープルのニュアンスがあるベージュなのだそうです。これもまたこのみな気がしますよ。

今年の春コレクションの1色でしたが、春のカラーがくすみベージュやブルーカラーなどが多くて、私もそれが目的でお店に行ったのに、グレイに目が行ってしまって。
でもこのあたりの色もかなり悩んだんですよね。

だからたぶん、そのうち買いそうな気がしますけれど、ね。
秋にも良さそうな色。

ADDICTIONの液質、かなり好きな感じなので、こつこつチェックしておきます。





Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

夏向きJelly nail。

JUGEMテーマ:韓国コスメ
 

Jellyな質感のネイルは好きなのですが、なかなか好みのカラーはないですね。
ロードショップならではのプチプラで夏カラーを購入しました。

といって、購入したのが3月終わりだったかで、まだ早いかなーと思ってましたけど。



SKIN FOOD Fruit Drink Nail 10ml W3,000
果実酒ネイルって名付けられていますね。

オレンジ色のネイルは、春夏コレクションで様々なブランドから登場しているのですが、これぞ、というのもなくて、でもなんとなくほしくて。ジェリータイプのネイルならくどすぎないだろうと思って購入してみました。

キウイの色は、使うかわからないけど、ちょっとしたアクセントに使えそうだと選んでみました。

左のピンクは자몽주(グレープフルーツ酒)。ピンクグレープフルーツの色をしています。



ボトル自体も果実酒風
そしてこの色は、かなりキュート。



まさにピンクグレープフルーツの色で、ちゅるりんとしたジェリー感があるのですが、透度はさほど強くないので、2度塗りでむらなく、それでいとほんのり透けるという感じです。
フリーエッジはほとんど見えないのですが、マットカラーの重さもありません。

同シリーズでトップコートも出ていますが、やはりサロンクラスのトップコートで艶を出すほうが、よりこの愛らしさを守れる気がしますよ。トップコートだけは良いものを使うと、カラーがプチプラでも十分きれいになります。
私はセシェヴィートを使いますが、あれは縮みやすいので、最初に別のトップコートをして、それが渇いた後にさらにセシェで2度たっぷり。これでプルっとした感じがさらに強調されます。

トップコートをしても爪先から剥げやすいのはお値段だし仕方ないところなんだけれど、この色のかわいらしさはお値段以上。

オレンジもチップに塗ったらかわいかったんだけど、やはり透明度は少なめなので結構はっきり発色。なので、もう少ししたら、サンダルの足に塗りたいなーと思ってます。



並べておくと、ポップで目が楽しいです。

Posted by なつしろぎく | comments(2) trackbacks(0)

冬の思い出爪色。

 

気ぜわしいだけでなく実際に忙しい、けど、なんとなく、アップして・・・。

春が来る前の、休日にするのに好きだったネイル。



deborah lippmann(デボラ・リップマン) SINCE I FEEL FOR YOU

日本のサイトには載っていない色みたい。
ルビーのシマリングカラー。こういう赤を塗るとテンションが上がる。

深い色なので、あまりこれからの季節には合わないけれど、秋から冬にかけては、赤にとりつかれていたから、塗ると気分が上がるカラーでした。



トップコートを1度塗りしたところで写真に撮ったようです。
でも、塗る前でも艶はやっぱりきれい。
このあと、2度塗りして、艶っ艶で連休の日を楽しんでました。

ほんと、いい赤。
女心を感じさせる名前に共感を覚える。
仕事にはして行けないけどね。

ところで、トップコートにセシェを使っていたのですが、あれはどうやっても縮んじゃって。
爪先と爪もとと、目立ちます。
はげたんじゃないよ。
あれ、塗る方向に関係あるのか・・・?

3月のグロッシーボックスに入っていましたね、セシェ現品1本。ストック増やしちゃった。

さらに、同じdeborah lippmann・・・。



BRING ON THE BLING

クリアなベースに透明で細かなフレークラメ。ほんのり色づきがあるけど、発色しません。

単体では使わなくて、重ね塗りにばかり使うけど、ラメがとにかく美しい。
月の光を思わせる有限な雰囲気をもたらしてくれるのです。
これも名前、そのままね。

私が好きなのは、butter LONDONのYUMMY MUMMYと合わせるの。



YUMMY MUMMYはグレーっぽいミディアムベージュにちらちらのシルバーパール。



これは単体で塗るのもきれいだし、オフィスにも十分通じるカラーですけど、BRING ON THE BLINGを重ねるともっと素敵。



キラキラがさねで、派手にならないという美徳のある2タイプ。
これはたぶん、トップコートは重ねてないけれど、セシェを2回重ねると、うるうるの艶のなかにちらちらまたたきがあって、本当にきれいなのです。

BRING ON THE BLINGは何と重ねても、相手の個性を消さないで活躍してくれる素敵さん。

deborah lippmann(デボラ・リップマン)のネイル、日本に代理店ができたと思ったら、まあ、やっぱり、当然・・・・倍くらいになりますね。

ファッショナブルでポップな色も多く、ラメのバリエーションは特に夢いっぱいの素敵なカラーが多いのですが、環境的にラメはなかなか使用しにくいところもあり、今のとこ、自分的に鉄板の色しか購入していません。
そのうち、かわいいポップカラーを購入してみたいかも。
あ、ただ、筆は塗りにくい。コシがないから・・・。

butter LONDONもなかなか日本からの購入手段が限られているので、ほしいカラーをそろえにくいところがあって、やっぱり安全パイばっかりそろえてるんですが、同じファッショナブルでもマナーの利いたカラーが揃っているのが素敵。

どちらも、こつこつコレクションしたくなる、魅力ブランド・・・。
円がまだ高いうちに、購入しておこうかなあ。

どちらも、高額ブランドなので、じわじわ増やしてます。


Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

新年明けましておめでとうございます。

JUGEMテーマ:韓国コスメ
 

新年明けましておめでとうございます!
年末は体調が悪く、結局ご挨拶もないままで失礼いたしました。

2011年は自然災害の脅威にも恐れおののいた年で、新しい年になってもそれは続くのだろうと思います。あまり良いニュースのない世界情勢ですけれど、文化面での交流はもっともっと進んでほしいなと思います。奇しくも今年はオリンピックイヤー。自国にかかわらず、すばらしい活躍をする人には心から応援したいものです。
(といって、いつも採点競技しか見ていないんだけど・・・)

個人的には2011年は体調不良の時が多く、生活面を色々見直さなくてはいけない2012年です。
といっても、今も風邪をひいてティッシュボックスを傍らにおいての投稿ですが。

クリスマスからずっと体調を崩した状態で年も越したのですが、本当はクリスマスは運よく連休だったので、クリスマスネイルやりたいなーっと思って、ちょっと購入してました。
でも全然そんな状況でなかったので、なーんにもできませんでした。

ただ寝入らせるには惜しいので、紹介しておこうと思います。



購入したのはinnisfreeのエコネイルカラー。

ひとつW2,500というキュートプライスなのに、無DBP(フタル酸ジブチル)、無DFHP(フタル酸ジニエチルへキシル)、無トルエン、無ホルムアルデヒト。韓国コスメの低価格ネイルは最近こういった方針を採るところが増えましたね。ともすると日本よりも目立った傾向じゃないかとも思うのですが。

余談ですが、ネイルのブランドで私が好きなのはButter London、ZOYA、Deborah Lippmannなどですが、この3ブランドも有害物質をなるべく取り除いたネイルラッカーを作り出す方針を採っています。バターロンドンとデボラ・リップマンは3Free(ホルムアルデヒト・トルエン・DBP)、ゾーヤは加えてカンフルも。
思いつくところだと、Nubarやchina glazeも同じように3Freeだったはず。

とはいっても、こういったブランド(日本ではそんなにメジャーではないのかもですが)の価格は、ZOYAは$8(日本国内では1,365円)、バターロンドンは$14(日本代理店なし)、デボラ・リップマンは種類により$16・$18・$20(日本での販売予定額は2,940・3,045・3,255円)です。

もちろんこれらのブランドには色彩も表現も質感も劣るというのが正直な感想だけど、それは価格差で納得できるものなので。イニスフリーのような低価格でがんばってるのを見ると、なんかうれしいです。ありがたいし。

さて写真に写っている5本。クリスマス用には3本(キラキラ系)を購入。色モノを試してみたかったので好きなカラー(レッド系&グレー系)を1つづつ購入。

まずは色モノはどんな感じかご紹介。



#68 책갈피 속 단풍잎 (本に挟んだもみじの葉)

名前がきゅんとするイニスフリーのカラーコスメ。これも名前に惹かれたのが購入した理由です。
ちなみにお隣番号の#67も단풍잎 길(もみじ葉の道)という可愛い名前だったのですが、ダーク目の赤が好きなので、こちらを選択。

手に塗った写真は撮れていないのですが、チップに塗ってみた写真があります。



左は一度塗り、右が2度塗り。
少しくすみのある、秋色レッド。名前のイメージどおりかも。
少しばかり枯れたようなくすみのあるところが、手の肌色を選ぶようには思うけれど、もっと鮮やかなルビーカラーやボルドーは良く見るけれど、こういうやや渋みある赤ってあまり見つからなかったので、結構気に入りました。

大昔、シャネルの血豆カラーが大流行したのを覚えている方はいますか?
短い爪に使ったことでビビッと刺激を受けたのは・・・私もその一人でした笑。

当時の私にはシャネルのヴェルニはとっても手に届かなかったから、がんばってレブロンの近いような色を買ったのでした。ジミーな大学だったのに、赤いニットに赤い口紅赤い爪っていう、ちょっと今考えるとイタイのだけど、そのころから赤い色って好きでした。

ルビーやボルドーのワインのように発色する色の好きな方向けではないのですが、アジア人に似合いそうなくすみ赤です。

それから、このエコネイルカラー、ラッカーに良くあるツンとした香りもあるんですが、みかんの香りがついていて、塗った後も香るのもわりと良いです。


さてもうひとつのグレー。



#62 눈안개

눈=目 안=内部 개=・・・犬。
瞳の中の犬って、すごい名前じゃないですか?どういうストーリーなのかとっても気になるのだけど!

※눈=雪 안개=霧 だそうです
そういえば雪と目っておんなじでした!
それに目の中なら안じゃなくて속ですね・・・汗。




これも1コート/2コートです。
2度でムラなく仕上がります。

ほんのりカーキの風味が遠くに感じられるような、白っぽいグレー。
全面塗りだと色が浅黒く、特に爪周りが黒ずんでしまっている私には白浮きしちゃうんだけど、部分使いにはいい色。
オフィス向けにはならないけど、お休みの日に部分使いをして見たいです♪

くすみピンクとあわせてドットにするなどしてもいいのではないかしら。

それからキラキラ系。



#43 화이트 크리스마스(ホワイトクリスマス)

大きな6角ホログラムがざくざく入っています。
これも名前どおり。ホロが雪のような印象。



見ているだけでも楽しい♪

これまたチップに出してみました。




これは筆でぽんぽん乗せるようにしましたが、液は透明ですが持ったりしているので、スティックなどでとるのがいいと思います。気に入ったところだけに乗せるのがいいかな。

冬のうちに雪模様ネイルやりたいなー。

光に透かしたら七色になってとってもキレイでした。



さて、クリスマスで一番使いたかったカラー、それはゴールド。
イニスフリーには何タイプかゴールドがあるのですが、大きめラメより断然パールタイプが好き。



一見ゴールドとシルバーですが、どちらも「ゴールド」です。



#31 황금빛모래알(黄金に輝く砂の粒)



黄味の金で、K18のイメージ。これは私の肌にも馴染みます。
光は光るけど、ギラッギラじゃなく、程よくシックな雰囲気もあるので、わりと使いやすいと思いますよ。
単色塗りでも指のうち1本だけとかにして使って見たい。



#52 샤인골드(シャインゴールド)

こちらはシャンパンゴールドカラー。いい色です!



シルバーだとクールでモードすぎるけれど、これだと程よい暖かみが出ます。
うーんうーん、W2,500でこの色が手に入るのはうれしい。

2色の比較です。



なんか置く位置が入れ替わっちゃってますね。
上の写真は#52/#31、下が#31/#52です。

これはフレンチなどで最後にエッジに細ラインなど入れてもいいんじゃないか、と思ったり。冬にかかわらずオールシーズン活用できそう。

そして、結局クリスマスネイルできなかったのが残念。
クリスマス前に塗ったオフィス向けのピンクで年末まで過ごしました・・・。



上手いグラデになりませんでした。色はZOYAのZP472 CASSIを使ってます。

最近は塗っていたほうが爪が安心なのになれちゃって、ちゃんと塗るようになりました。塗るようになったら重さも余り気にならなくなってきた。


年末にはMYCOREAさんで色々お買い物をしていたので、体調見つつのマイペースになりますけれど、ご紹介していきたいと思います♪
今年もどうぞよろしくお願いいたします・・・!

Posted by なつしろぎく | comments(4) trackbacks(0)

おまじない。

 

気持ちがブルーなことこの上ありません。
私、明後日がソウルへの出発日なんですが・・・

台風です。雨女ぶりもここまできたらもう笑えないから!
しかも最初は3日夜便なら大丈夫そうだったのに、停滞なんかしてね。

ついでに雨男が来日しているらしい→
そういえばやつも相当だったよね・・・。


祈るしかないので、願掛け代わりに、晴れた空を思い浮かべる色を、ソウルの地図と共に。
ツイッターにもアップしたのですが、こちらでも・・・。



しかし、台風だったらもう、成田でおいしいもの食べまくっちゃおうと開き直っているのだが。


ちなみに使用したのはこれです。



SUSIE N.Y.のネイルカラーラスターN #04ターコイズプラトニックです。
夏色だから、もうあまり活躍しそうもないけど。

スージーNYのネイルカラーは2タイプあるんですが、このネイルカラーラスターNのほうがムラなく仕上がるようです。不器用な私でもキレイにできる。
ビニールっぽい艶も出ます。

ヌーディーなカラーもそろってるんですが、ヴィヴィッドなピンクやオレンジも可愛かった。

刷毛も塗りやすいので、800円という可愛い値段のわりには質が良くて満足です。
Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

MAVALA NAIL COLOR #218 MINSK ★

JUGEMテーマ:おすすめコスメ類
 

先日久しぶりに爪を染めて、相変わらず感覚はニガテではあるけれど、気分的には爪に色のあるほうが良かったりして。

来週ソウルなので、せっかくだから普段絶対できないカラーをしようかな?と思って、マヴァラ(MAVALA)の#218 MINSKを購入。



ベラルーシの首都ミンスク。もちろん行った事はないけれど、なぜこの色にその名をつけたのか、とっても気になる。

ベラルーシで見かけたセーブルをまとう美しい女性のイメージか、正教会の屋根の色か、曇り空の色か。

様々に想像を呼び起こすミステリアスなグレイ。
少し、ブルーグレイのような、パープルを含んだような色合いです。

最初、ブルジョワのソーラックウルトラシャイン#37ブルーアスファルトを購入しようかと思ったのですが、ふっと振り向いたところにこの色があって、似たような色だったのですが、ブルジョワのほうがブルーが強く、こちらのほうがグレイッシュ。そしてとっても懐かしいものに出会った気分になってこちらを選びました。

MAVALAの変わらぬボトルデザインが懐かしいのもさることながら、色が・・・。
大学4年生のときに、セールでも当時の私には高価だったあるブランドのコートを購入。色が素敵で、一度はあきらめたけど忘れられなかった。それが、まさにこんなグレーだったのです。
随分長く着たものでした。

そんな懐かしい気持ちもあるし、ちょうど季節に秋らしい雰囲気も出てきて、少しダークカラーを楽しみたい気分になりました。

塗ってみると。



(しわしわさとか、塗りの下手なのは見過ごしてくださいね・・・)

これ、1度塗りです。
1度塗りで十分キレイだったからびっくり。
もちろん重ねないと厚みは出ないけれど、1回でこのくらいしっかり出るならすごいラク。

写真では光の線ができているけれど、肉眼ではややマットな感じもあり、それまた夏のギラギラな光を過ぎて、ちょうどいいシックさをかもし出してます。


しかし、そんな私の気持ちを逆なでするように、またちょっと暑くなったよね・・・。
ソウルも、急に夏が戻ってきたみたいですし。
そこで、全部この色ではなくて、ターコイズと合わせて使おうかな、と思って、ターコイズカラーも探したり。
ピンクもいいかも、とピンクを引っ張り出したり。
今日はお休みなので、ちょっと遊んでみました。



ラメも乗せてみたり。



明日は出勤だけに今晩には取っちゃうんですけどね~。

ところでね。
わたし、昔からすごく爪ががったがた。
これは子供のころから。
小指と薬指がいちばんひどいんです。





ベースでかなり埋めてますが、ホント苦労します。
ぺらぺたでもあるのでネイルカラーを塗ってもプルトップ開けられません〜。
(スプーンの柄で開けたりする)

Posted by なつしろぎく | comments(1) trackbacks(0)
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others