スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

おまけ。

 
さあ、ソウル旅行記最後です。

コスメを買っていただいたオマケの紹介と、買って来た本です。

オマケはもうお友達にも分けちゃったから、手元に残ってるのだけですけどね。


まずイニスフリー@仁寺洞でいただいたもの



グリーンティシードセラムのサンプル。
水の代わりにオーガニックの緑茶水で出来てます。
洗顔後一番初めに使うセラム。だからブースターにもなるのかな?




夏だからか、さっぱりしながら水分保持できるグリーンティシリーズがオススメのようで、おまけをいろいろいただきました。
お友達に分けちゃったけど、クリームとかトナーとローションのセットをもっとたくさん。

しかも・・・。



オット用にメンズのものも下さったのです
ウチのオットはこういうのは使わないけれど、うれしいです。

あとは新羅免税店のお買い物でいただいたもの。



スキンフードの五味子ホワイトニングトナー&エマルジョンと、ゴールドキャビアのトナー&エマルジョン。




五味子ホワイトニングセラム。



それからトナーを浸して使うためのチークマスクシート。
最近思ったのですが、1枚で全顔のシートじゃなくて、こういう部分シートで全部覆えたら、そのほうがいいような気がする。1枚のシートはごわごわするのも多いから好きじゃないし。

いただいたBBクリームいろいろ。
これも結構もう分けちゃったから、ほかにどんなのあったか忘れちゃったのですが・・・。



お初のものが多くて、左上のMISSHAパーフェクトカバーBB以外は使ったことないです。
上真ん中はフェイスショップのFACE it シマーリングBB。ハイライトっぽく使えそう。
下の2つはエンプラニで買い物したときにいただいた、妹ブランドのHolika HolikaのBB。
若そうで心配です笑
一番右がMISSHAのリアルコンプリートBB。評判がいいみたい。

あと、パック類も色々いただきました~



上の二つはVOVのデイリーフレッシュ ウォッシュオフパック2種。
ハニーレモンとピュリファイ・シーウィード。
下もウォッシュオフパックでスキンフードのアサイーとハニーレッドオレンジ。
洗い流すタイプは好きなのでうれしいです♪

シートマスクもいただきました。



イッツスキンのコラーゲンマスクシートとミシャのフルーツミックスシートマスク(ベリージュース)。



こちらはメイク落としのシート。これもMISSHA。

さらにMISSHAでは・・・。



UVプロテクターやホワイトニング美容液もいただきました。
お友達に頼まれたものを少し買っただけなのに、MISSHAは随分サービスしてくださいました。
たしかソウル駅内のお店と、仁寺洞のお店で買い物したときだったかな。



HERAではアクアボリックラインのミニサイズキット。トナー&エマルジョンが15ml入ってます。




雪花秀では潤燥(ユンジョ)エッセンスと弾力クリームのセットをいただきました。

そしてオマケの最強としてはすでにご紹介したアモーレパシフィックでしょうね。



タイムレスポンスの大きなキットに、ホワイトニングのキットもあったのですが、それは差し上げたので撮れなかったですが・・・これだけでもすごいけれど、リフレッシングマスクも付いてました。
それもあげちゃったんですけどね。

ということで、オマケ紹介でした。

免税店はすでにオフ価格なのに、こうやってサンプルを下さってありがたいです。


あとは・・・紹介を忘れていたのですが、本をいくつか買いました。
どこにあった本屋さんだったか忘れちゃったけど・・・。

とはいえ、読めもしないのですが・・・。
中学校のころから英語を学習するのに本を読んでたんです。
わからないことは調べたりして、それが勉強だったと思う。
だからリーディングは好きなんだけど、一方でちっとも話せないのですよね
昔は水のように吸収してたけど、今はそんなスポンジもないしね
本当は読む書く話すで、バランスよくやんなきゃいけないのはわかってるんだけど~・・・。

でもそういう勉強が好きだったせいか、韓国語の本が買いたくなっちゃうんですよね。
一応本気で読む気はあるので笑、興味のあるものじゃなきゃと思って。
自分の好きなスケートと、日本語版で随分愉しませていただいたあの本と、詩集を買いました。

韓国でスケートといったら。



棚に並んでおいてあったので、どっちにしようかと考えたのですが、面倒で両方買ってみた。
右はお母さんの本で、W10,000、左は日記のような自伝でW15,000。
自伝のほうは平積みもされてて、目立ってました。

字は大きくて見やすいです。



最初は娘のほうから呼んでみるのが良いかと思ったけど、少し読み出したらくだけた表現も多いし、なんか・・・若いコな文だと思うので、むしろ上級?
だからお母さんのほうから読んでみようかな~と思ってます。

そして随分韓国への興味を広げてくれたこれ。



「韓国の美をたどる旅」の原本です。
日本語訳を読んでいて、なんと言ったら良いのか・・・面白い表現が随分あったので、それを比べてみたくて。W18,000でした。

日本語版ってまだ売っているの?
これ、韓国の文化に興味のある方には、ホントオススメなんです。

そして詩人・尹東柱(ユン・ドンジュ)の詩集「空と風と星と詩」



日本の同志社大学に留学中、わずか27歳でなくなった詩人。
ハングルで詩を書いたということで逮捕され、福岡の刑務所で・・・。
日本で作ったものは特高警察に押収され現存しないそうです。
だから彼の詩で今本になっているものは、故郷にいたころに書いたものばかりなのだそうです。

同志社中学校には彼の「序詩」という詩の詩碑があるそうです。
いくつかの日本語訳の彼の詩を読んだことがあるのですが、悲しく、苦しいものが多かった。

ちゃんと読んでみたくて。

本屋さんって、やっぱりどの国でも楽しいです
Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

さよならソウル。


最後の夜は、パッキングも前日から進めていたから、比較的順調に終わり、の〜んびりテレビを見たり、スーパーで買ったものを飲んだり食べたり。
またまた夜更かししてワールドカップ観戦
観戦しながらうとうとして・・・。

だから最終日の朝はゆっくり目に起きました。

ダンナはゆったり朝風呂
私は旅番組とか見てました笑。
TVのお供はこれ。



大好きな緑茶豆乳です♪

それにしても韓国も日本と同じで、土曜の朝は旅番組してるのね〜!

あがって来たダンナと、田舎の特集を見つつ「こういう場所もいつか行きたい」・・・なんて、もう先のことを夢見て。

あと、蚊の対策特集とかやってたり、いろいろ笑いながら見て・・・。
あえて動かず、そこにいる時間を大事にしてしまった
たぶん帰りたくなかったんだよね。時間がもったいないからってあちこち行っちゃうと、あわただしく過ごすと、記憶が薄まってしまいそうで。

また来れる、と思いながらもなかなか飛んでいけないソウル。

お昼前にはロビーに下りて、迎えに来るイムさんを待っていなくちゃなりません。
12時までにチェックアウトすればいいけど、ちょっと早めに済ませて、お荷物をフロントに預け、また地下のモールに。

エンジェリナスコピに入ろうかと思ったけど、わりと人が入ってたので、ワッフルやさんの隣にある、ベーカリーカフェみたいなとこに入ってみました

バッテリーが残りわずかなカメラだから写真は撮らなかったけど・・・。

こちらのお店のお母さんも英語がかなりお出来になって、いろんなもの勧めてくれました
焼きたてのチャバッタも味見させてくださった。ドライクランベリーの入った、ちょっと珍しいチャバッタでした。

結局クラムのたっぷり乗ったかりかりのパンをかじりました。
ダンナはエスプレッソ、私はカフェラテ。

お味は・・・もうひとつなんだけど、お母さんの優しい表情や応対に癒されました。
それにしても、自分の英語が恥ずかしくなってきました。

暗記英語時代の弊害をいまだに感じます。
伝えたいことを伝える英語でじゃないと。

食べている間、若い女性が何人か「モカパン」を頼んでました。
人気商品みたい。

さて、イムさんそろそろ来ちゃうかも。
最後に・・・コチラも気になってたビューティプレックス(BEAUTI PLEX)・・・LG系のコスメショップにて、友達へのお土産を追加。

スリョハン(秀麗韓)のパック。



これ、韓方バリバリな香りなんですが、菊の香りも混じっていて、私は好きなほうです。
けっこう肌もふっくらしていいのですよ〜。
自分でも好きで何度か使ってますが、お友達に体験してもらおうと思って
気に入っていただけたようです♪

これ、さっさとプライス取っちゃったんだけど、レシートももらわなかったから、値段わすれちゃった。

そしてこっちは自分用に、リーダーズのマスク。
Leaders Clinic Clineのビタホワイトビームエッセンシャルマスク&プラチナムVリフトエッセンシャルマスク



どちらもシルクセルロースマスクで25mlのエッセンス
これ、プライス付いたまま写真撮っちゃった。W2,000です。
何種類もあるんだけど、種類によって値段が違ったかな。
まだ使ってないのですが、ちょっと楽しみ

さて、2Fの待ち合わせ場所になってるロビーでイムさん待ってたのですが、なかなか来ません。
・・・と思ったら、私たちが外から来ると予想して、1Fのエスカレーター前にいたみたい。

車の中では再びワールドカップ話。
イムさん、連日寝不足気味で、大変みたいです笑。
この日の夜、韓国Xウルグアイ戦だったから、「強いチームを相手にするんですから、負けても仕方ないんです。ただ、らしい試合をして欲しいんです。びびっちゃったらダメ!」と熱く語ってた。

それから、最初の夜、空港に迎えに来てくださったとき、明洞の食事チケットを用意してくださってたんだけど、明洞行かないから・・・とお断りしたら、すっごいびっくりされたんですね。
「明洞行かない人は初めてです!」って。

それで「ホントに行かなかったんですか?」って改めて確認されました
ロッテ百貨店しか行きませんでしたよ〜って言ったら、「えぇ〜?何で行かないんですか??」だって。
日本人って、そんなに明洞行くんですね~。

さて、ホテルを出て、汝矣島の方向へ進みます。
漢江をわたって、河沿いの道をず〜っと行きます。
漢江も見納めで・・・ひたすら見てました。
汝矣島の公園あたり?パブリックビューイングがあって、だんなはWCに熱狂するソウルを一目見たかったですよ〜とイムさんと話してた。

ず〜っとただただ見ていた漢江・・・。でも途中ではたと気づきました。
これ、インチョン向かってない?
というのも、以前来たときの、仁川空港へ行く高速の風景に見えたのです。

で、イムさんも、運転士のアジョッシになんか話しかけてる。
そしたら案の定、おじさん間違えちゃったんだって。
おかげで漢江をたっぷり見れましたよ~って笑ったら、イムさん、「あ〜、そうなんです。まだ時間ありましたから、サービスしたんです」ですって

折り返して金浦空港に向かうと、空港の近くで着陸する直前のコリアンエアー機が見えました。
バックから、着陸するのがばっちり見えたのです!
これは面白かった~。興奮した!
イムさんさらに、「これもサービスです」って

金浦はまだまだ機能的には遅れている面があるので、イムさんは「あ〜、こういうところがもうちょっと良くしないとだめなんですよね」なんてぶつぶつ。
でも、仁川のようにだだっ広くないので、全体的には楽です。

無事荷物も流れていき、ここでイムさんとはお別れ。
ありがとうございました!行きも帰りもイムさんのおかげでとっても楽しかったです

出国手続きして、中にある小さい免税店でHERAのjavaticを購入してにやにやしつつ、カフェテリアでキンパッをつまんだら、おいしくなかった

やることもないし、搭乗口に近いラウンジで座って本読んでました。
目の前には、私たちが乗るであろうコリアンエアー。




帰りのフライトは、残念ながらセンターの席なので、窓からの写真は撮れませんでした。
でも窓のほうをじ~っとみてたら、その席にいる男の人がいやそうだったゴメンナサイ・・・。

機内食です。



味は・・・。
パイナップルはおいしかったです
ちなみに付いてくるチェジュウォーター、わりと好きです。
チェジュのお水はやわらかくてふくよかなアジガするから、コンビニでお水を買うのもサンダスというチェジュ産のにしてました。

そういえばすっかり忘れてたけど、行きの機内食。



牛肉さんです。
お味はコチラのほうが良かったかと・・・。
それはそうと、何で行きも帰りもマメごはんなんだろう?

金浦と羽田だと、ホントあっという間・・・。
着陸するときは、さびしかった〜。
羽田からリムジンバスで我が家の近くまで40分くらいでしょうか?
見慣れた風景が目に入ると、その寂しさとほっとする気持ちが綯交ぜになって、変な気分でした。

夕食は羽田で買ったお弁当で簡単に済ませ、PM11時からはもちろん韓国Xウルグアイ観戦!

ソウルに経つ前は、ポルトガル好きな夫は韓国チームに興味を持たなかったけど、帰ってきたあとはすっかり韓国応援団に。

眠い目をこすりながら見ていたけど、ウルグアイは強かった・・・。でも最初こそうまく動けなかった韓国チーム、でもゲームが進むにつれ、いいチームだな・・・と思いました。
イムさんはこのゲーム、どんな気持ちで見終えたのかな~。

サッカーを見終えたあと、布団に転がったったら、ダンナが10秒ぐらいで大いびきでした笑。
この日は大丈夫?というぐらいのイビキでしたが、私もそれをものともせず熟睡。
なんだかんだで疲れてたんでしょうね~。

翌朝・・・いつもの布団で目が覚めて、ようやく帰ってきた感じがしました。

さあこれで、今回の旅の記録はオシマシです。
次は最後の「オマケ」編です。
Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

この旅最後の夕ご飯。

 
ロッテマートを出て、夕食どうしようか?と相談。
ダンナは「何か辛いの食べたいな~」と。
ホテルに近いほうがいいから、孔徳か麻浦で食べようということに。
たしか麻浦駅の近くに「マポナル」というタットリタン(鶏の辛い鍋)が人気のお店があったから、いってみようかと。

・・・だったのですが、結局入れず、またホテルで食事になりました
その詳細はまたあとで。

この日は地下モールのタクマルというお店に入りました。

こちらも日本語はぜんぜん通じませんが、英語を話される女性がいて、随分詳しく説明して下さいました。
で、結局選んだものが・・・。

タッコムタン♪
「サムゲタンのようなスープ」と説明して下さいました。



これは・・・ちょっと化学調味料の味がして、残念
味が濃くないのは良かったんだけどね。

それからヘムルパジョン(海鮮チヂミ)。



韓国らしく、ざる盛でキッチンバサミがついてきた♪
ちょきちょき切り分けます。
包丁よりこの方がきれいに切れるんですよね

これはどちらかというと卵多めのやわらか系でした。
これを食べてしまった~と思ったのが・・・。



おっきなケランマリ(卵焼き)も頼んでいたのです
写真ではカリカリ系チヂミだったから・・・。
味わいがかぶっちゃいました。

ここのお店は味はちょっといまひとつかなあ・・・。

代金もそんなにオトク感はないかな?
高くはないのだけど、ソウルだともっと充実感のある食事が沢山あるからね。

ただ、先ほどの女性は皆さんに親しみある笑顔で接していて良かったです。
社長さんみたいで、男性グループから「社長さ~ん」って呼ばれてはメニューの相談受けたりしてました。

いただいたレシートがかわいいのです。
"행복하세요"(お幸せに)って書いてある♪



さて、最初行くはずだったマポナルに行けなかった経緯は・・・。


続きを読む
Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

Lotte Martでお買い物 ◆,笋辰僂蠖品売り場!

 
ロッテマートのお買い物の続きです。

ロッテマートはかなりのコスメブランドが集まっていて、魅惑的です。
IOPE、秀麗韓、韓律、BEYOND、イニスフリー、スキンフード、フェイスショップ、イッツスキン、マモンド・・・他にもラクベルとかあったかな?
しかし客呼びの声が日本語というのが、なんだか寂しいというか・・・。
というか、ロッテマート自体が日本人だらけなんですけどね。

さて、ロッテマートに来たのは、甥っ子向けに韓国のお菓子を買っていこう!という目的もあって。
オトナには韓菓を買いますが、子供にはスーパーで売ってるようなお菓子が楽しいんじゃないかと思って。

でもあんまり冒険なしなので、目新しいものもない・・・しかも東京で買えるものばっかりになっちゃいました

まずはこちら。



おなじみオリオンのMarket Oです。
もうとっくにおなじみなんですが、紹介します。

ソウルのチョンダムドンにあるレストラン"Market O"はWell being志向のフュージョンレストランで、現在チェーン化して数店舗に増えたらしいです。
そのMarket Oのコンセプトで作られたお菓子がマートでも手軽に購入できます。
合成添加物、ショートニング、マーガリン、着色料無使用。

右がベイクド・ポテト・フロマージュ。
ポテト&チーズ(カマンベール・ゴーダ・チェダー)のシンプルな味に、ほんのりした甘さがあって、これはお子様に好まれそうな味です。
80g W2,000です。

左のリアルブラウニーは、1個1個は小さいけど、がっつりチョコチャンクが入って、食べ応えあります。しっかり効いたミルクチョコの風味。
濃厚だけど、重くないです。今の時期は冷やして食べるのもオススメ。
20gx7個入りでW4,200。
4個入りがW2,500だったかと。

パッケージも好みだし、味もわりとしっかりしてるし。
特にリアルブラウニーはかなり好きなお菓子です。
これに関しては日本のお菓子より好みです

日本でもオリオン(TOMORION)がすでに販路を広げつつあります。
まず販売を始めたのが新大久保のジャント(韓国広場)。
それに加えて最近イッツデモ(It's DEMO)でリアルブラウニーを売ってるんですが、私の職場の近くのショップではすぐ売り切れちゃうんです・・・。

そのほかにもいろいろ。
甥っ子3兄弟だから、ケンカにならないよう、随分買ってしまいました。

ロッテのオデットと・・・



チュイルっぽいアーモンドクッキーの間に少しチョコが挟まってます。
そんなにチョコの風味がないのが残念だけど、甘さ控えめだから逆に子供向けに思えます。
案外カロリーも控えめです。

おなじくロッテのワッフル。



なんか、ワッフルクッキーって韓国多いと思いません?
日本はあんまりないですよね。

いつものクラウンワッフルも買ったのですが、今回はこっちも買ってみました。
こちらはクラウンに比べて薄焼き、甘さ控えめです。
こういうパリっとした食感のものも、日本より多い気がする。

さてさて、海苔もやっぱり買いました。
実はロッテ百貨店でも購入済みなのですが、そちらは海苔の風味が濃く、お上品な味わいなので、ダンナいわく「上等すぎる」そうです。

というわけで、庶民な私たち向けのこれ。



奥と右がドンウォンのヤンバンのりで、弁当のりタイプ。
奥がふつうのごま油、右のグリーンがオリーブオイル。

下のはキムパッ用の板海苔。味は付いてないシンプルなものです。
眺めていたら、またお店のオバサマが教えてくれたの。
いちばんおいしいのこれ、って。
これはセールじゃなくって、本当にオバサマの親切心。うれしかった〜。
帰国後はさっそくキンパッをいそいそ作りました。

さて、ヤンバンの「弁当のり」のほうは。



国産・Lグルタミン酸ナトリウム無添加。

これは6+3でした。
どちらもW3,080。

どちらもお塩控えめで、あっさりなのですが、オリーブのほうがよりあっさりしてます。
海苔の風味も割合しっかりあるので、すっかりダンナのお気に入りです。
特にオリーブが気に入ったようで、あっという間にストック消えました。

ちなみに実家向けのお土産には、ロッテ百貨店で萬田(マンジョン)食品の御海苔を買っておきました。



上がやはりオリーブオイル。
下は竹塩で味付けしたのり。
どれも8枚x32パック入りでW12,000です。
これはマートで売っているお手ごろ物より、厚みがあって海苔の味わいたっぷり。
私のお気に入りは竹塩。
塩味がとてもまろやかでオススメです

ちなみに、ロッテ百貨店の地下食品館はソウルナビさんのクーポンでちょっとお得になるお店がありますよ→

それからそれから。
我が家のイチバンのお気に入りはこれです!



とうもろこし麺です
しこしこもちもちの麺で、ちょっとチョル麺に似てるんですが、もうすこしやわらかいかな?
ほんのりとうもろこしの甘い香りもあって、冷やして食べたりあったかく食べたり、大活躍です♪
これ、日本で扱ってるお店見たことないの。
大好物なのに~。

1kgでW5,000です。

そして私の更なる大好物・・・。



五味子茶のティーパック!
甘くない、五味子だけの味わいです。
25pでW7,500。
名産地ムンギョンの五味子100%です。
ローズヒップやハイビスカスより飲みやすいと思いますよ。

さあ、思った以上に買い込んだものを、EMSで送ります。
しかしここも日本人と中国系の方々がいっぱい。

しかも日本人の方で、けっこう危なっかしい方とかマナーの悪い方がいてがっかり・・・。
ビールを何本も入れてパッキングしていて、店員さんに「送れませんよ~」と言われて、何とか送ってよ!見たいなことを言っていた若いグループとか、一人並んで、あとから仲間が割り込んだオバサマ方・・・。
全員大荷物で、当然のようにタックスリファウンドも一緒にしてるの。
というか、私自分の荷物がすごく多いと思ってたけれど、皆さん輸入会社のようにすごい荷物で・・・。
むしろ小さかったことに驚きました。

なんだかその風景にエネルギー吸い取られてしまいました。
次回は・・・やっぱりソウル駅のロッテは外そうかな
売り場は小さめだけど、江辺のテクノマートにあるロッテマートが落ち着いてるので個人的には好きかも。ほとんど日本語は通じませんけどね。

EMSは4.14kgでW25,400でした。

さて残りわずかのソウル日記。
カメラの充電が切れそうだったのですが、ホテルのコンセントに充電器がコネクトできなかったので、ほとんど残りの旅の写真はありません
あまり現地感のない、面白みのないレポートになってしまいましたが、良かったら最後までお付き合いください
Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

Lotte Martでお買い物  \験萇福

 
3日目、ロッテ百貨店の買い物を終え、一度ホテルに戻ったら一休みして、再び外出。

ホテルの地下のロッテスーパーでかなり満足してましたが、やっぱりダンナさんにも大型マートを体験させちゃおうかと。
本当はE-martやホームプラスに行きたかったけれど・・・。
すでにスーツケースがいっぱいだから、お店から直でEMSを送れるソウル駅のロッテマートへ。


*写真はソウルナビさんよりお借りしました。

甥っ子たちへのお土産にお菓子、あと自宅用の韓国のりも買いたかったのです。

でも、思わぬものも買ってしまいました。

じゃん。



これは・・・



ハングルのキーボードです
もちろん普段のキーボードもハングル打てるように変えることはできますが、どこがどれってわかりにくい。
新大久保に行くと、ハングルキーボード用のシールもあるんですが、シールを貼るのはあまり好きじゃない・・・。

で、ロッテマートでついついパソコンとか見ていたら、このキーボードがW21,000。
しかもチッちゃいノートパソコンサイズのキーボードなのです。

使うときにはNumロック掛けないと、数字が優先されちゃうのがちょっと不便ですが、それさえやっちゃえばらくらく打てます。
文章作るほどはまだ勉強できてないけど〜
でもいい励みになります。

うれしいのは、ちゃんとシリコンカバーが付いていること♪



う〜ん、愛いやつ

ちなみにダンナは、サムソン(サムスン)の新しいデジタルビデオカメラがすっごい欲しかったみたいです。
高機能でデザインも良く、しかもお手ごろ!世界でサムソンが伸びる理由を垣間見たようです。
結局買わなかったけど、帰ってから、「次に行ったときはカメラを買うぞ~」といっております。

さて、そのほかにもいろんな買い物をしました。

ロッテスーパーで歯ブラシ買ったので、せっかくだから歯磨き粉も買おうとコーナーに向かったのですが・・・。

ここではキャンペーンを繰り広げるおば様2人組につかまりました笑。
歯磨き粉を見ていたら、今日はこれが安い!これがオススメ!と選ぶ間もなく宣伝してきます。
このパワーこそ、韓国だわ~と思い知らされます。

緑茶の歯磨き粉に目を付けたら、それより絶対こっち!値段同じだけどこっちはカンポウも入ってる!と二人で連呼です笑。
それで買ったのがこれ。



ソンウォン製薬の「緑塩(녹염)」 緑茶と塩、さらに韓方薬剤入りです。
当帰、金銀花、甘草、ビャクシ(白芷)、升麻、桑白皮など。

日本にも生薬配合のものってありますけど、大体100gで800〜1,000円くらい。
こちらは160gX3本で特価のW6,500。
成分の種類や量など違うから、比べるのもなんですが、やっぱりお手ごろに韓方ものが手に入るのが韓国ですね。

そしてつい、ハブラシコーナーに回り込んだら、先ほどのおばさまタッグがさらにオススメしてきました笑。



3+3のハブラシがW6,500。これでも激安なんですが、さらにセールでW3,000オフだった。

「これ、今日はこれ。これはクロシンジュです!」

なんと黒真珠の成分入り歯ブラシだそうです。そんなわけで毛が黒いのね。
黒真珠混ぜた歯ブラシなんてものまであるとは・・・。
ここまで来るともう、黒真珠が何に効くのかはどーでもいい価格ですが。
どうせ真珠でCa入りとかなんだろうな〜と思いつつ、しげしげ見たら、そんな悪いものでもないのです。

毛先が非常に細くできてる。



はっ、埃がくっきり撮れちゃった

おばさまの差し出すサンプルを触ってみたら、程よくコシもあるので、悩む値段でもあるまいと、おばさまタッグの満面の笑顔の中、かごに入れたのでございます。

ちなみにこれは、LG生活健康のペリオという歯ブラシです。
黒真珠はやっぱりカルシウム。
現在はOral-Bを使用中なので、そちらがつぶれたあとはこの黒真珠ペリオ君に登場いただきます。


さて、生活品のお買い物で、私がこの旅でおおいにお世話になったものがございます。
ただし女性限定でご覧いただきたいです。

ちなみにすでに有名なものなので、面白みはありませんが。


続きを読む
Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

三清洞と韓菓と・・・。

 
三清洞、ほんと写真撮ってないのです。
何故かと言うと、一休みして再び表に出たら、暑さも増して感じられ、ばてそうだったから。

とりあえずお昼でも・・・。
どこで食べようか?と話すはいいけど、食欲が落ちていく

気になるお店は山ほどあるけど、簡単に済ませようか~ということになり。
「三清カルクッス」というお店に行って見ようということになったのですが・・・。

どういうわけか向かい側の「三清洞スジェビ」に入ってしまいました
スジェビの有名店らしいのですが、何でこっちに入ったのかな・・・?

さて頼もう、となったのですが、普通のスジェビは1人前からなのに対し、エゴマスジェビは2人前しかない。
じゃあ2人前のほうにしてみよう〜・・・と・・・我々、かなり思考力落ちてましたかね。
あっさりしたものを食べようとしていたはずなのに。

ということでやってきたのはこれ。



壷いっぱい、ポタージュ状のエゴマスジェビです。



おだんごのようなもちもちスジェビがたっぷりです。
見た目はともかく、意外においしいです。
エゴマのクリーミーさがおもちみたいなスジェビに絡んで非常に合います。。

ただ、やっぱり食べているうちに飽きちゃいました。
おいしい店なのは確かですけど、これが1人前で普通のスジェビと一緒に食べられたら良かったのに。

あとあと、三清カルグッスもエゴマスジェビがあって、そちらは1人前からあったとわかり、ますますどうして向かい側に入っちゃったのか、謎なのでした。

お昼のあとは、駅に向かって歩きながらの三清洞散策。
やっぱりかわいいお店も多いし、カフェも多いし、女子向けですね〜♪
もう歩いてるだけで楽しい♪♪

靴屋さんもアクセサリーやさんも、日本よりもカラフルな気がします。
お買い物したかったけど、オットも疲れ気味だし・・・とそのときは見てるだけでしたが、日本に帰ってきたらやっぱりああいうきれいでカラフルな靴はなかなかないから・・・後悔してます

どうしても行きたかったお店も、ついてみたらお店のスタッフさんが外出中で閉まってましたし、なんだかいろいろやり残したことがあって残念!

三清洞で唯一買ったのは・・・。



あかいビーズとゴールドカラーのプレーティングを施した真鍮のロングネックレスです。




ちょっとかわいくて、華奢な感じがあるのも甘すぎなくていいかも・・・と思ったら、ダンナが買ってくれました。
非常に珍しいことです笑。
W30,000くらいのお遊びものですが、旅の記念になりました。

それから・・・
本当はこの三清洞で寄りたかったお店、チファジャ
宮中料理で必ずといって名が挙がるファン・ヘソン女史のお店なのです。
ところが三清洞のお店はクローズしてました!ショック・・・。

でももちろん他にもレストランがちゃんとありますし、デパートの地下ではお菓子も販売しています。

ということで、安国の駅に戻り、お土産の韓菓を買うため、乙支路入口のロッテ百貨店へ。
ロッテはやっぱりとっても混んでます・・・正直ニガテ。



無事チファジャで購入。
チファジャのお菓子は、以前にもいろんなところにお土産でお渡ししましたが、とっても評判がいいですよ。とても美しくて、見た目だけでもうっとりします。オススメな韓菓です。

贈り物ですから写真は撮れなかったのが残念ですが。

そのほか、自分の職場に持っていったものだけ、写真を・・・。



ダムヤン韓菓のアルファというブランドの詰め合わせ。
「花のように美しい私たちの韓菓」とあります。



下にもう一段入っていますが、非常に上品でおいしかったです。
ウチの職場は初めて韓菓を食べる人ばかりでしたが、まず見た目のきれいさに、そして食べたときの上品な味に、満足していただけました。

チファジャよりも比較的お手ごろなのもありがたいことです。

こちらでは本当は、油菓を勧めていただいたのですが、それは袋入りで、パッキングしたら壊れちゃいそうだったから買わなかったのです。
そうしたら、オマケに1ついれてくれました



これは非常に口どけよく、とってもおいしかったです。
ああ、買っておけばよかった!
日本でおいしい油菓に出会う事がないし・・・。
次に行くときは必ず!

油菓は作るのがすごく難しいお菓子なんだそうです。
経験や技術がとっても必要なんだとか。

三清洞めぐり、やり残したことがいっぱいあるので、帰ってからまたガイドブックにらめっこ。
ああ、まだまだいきたいところがいっぱいあるなあ・・・。

いつか一人旅でのんびり歩きたい場所でもあります。

Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

チャマシヌントゥル。

 
3日目のこの日、ずうっと行きたかった場所を前にして、どきどきです。



「チャマシヌントゥル」・・・차마시는뜰は、お茶を飲む庭と訳せばいいのかしら。
北村の高台、韓屋をそのまま利用した、お茶屋さんです。

門をくぐると、そこには緑と小花が広がり、それまで照らされ続けた陽の暑さが、突然遮断されたような気持ちになりました。

そろりと戸を引き、あがりこむと、気づいたお店の方が笑顔で迎えてくださいます。
お昼直前の時間のためか、さほど混んではいませんでした。

屋内の窓越しには、愛らしい小さな中庭に出会えます。



沢山の雑誌やガイドブックに掲載されているのにもかかわらず、そんな俗っぽさが感じられない、素朴な趣のあるお茶屋さんで、期待と不安の混じった気持ちが解けました。

素朴とはいえ、洗練された素朴さ・・・。
作ったようなものではなく、ここの主のライフスタイルを感じさせるような・・・雰囲気です。
お店の中にはお客さんがいるので写真は撮りませんが、よく手入れの行き届いた清潔な店内で、白い壁と木の温もりが落ち着きます。

あちこちに古い茶器が置かれて、独特の丸さや土の色の焼き肌が、また一層リラックスを誘います。

大きな窓から日の光がさんさんと差し込むせいか、境が感じられず、緑がすぐ傍らにあるように思えるのです。

また、他の窓からは大きく北漢山が見えて絶景。天気の良いこの日は、まるで景色の中に浮かんでいる感覚になったのでした。

さて、楽しみだったお茶の時間♪
メニューはあまりにも多くて迷う・・・けれど、頻繁に来ることができるわけではないから、夏だけに夏らしいものを味わいたかったのでコチラ。



コッオルム(花氷)茶。
五味子茶とイチゴの甘いシロップをあわせたものです。
ピンクに染まってとてもかわいらしい。



浮かんでいるのは白いアカシア。
ピンクと白と明るいグリーンと・・・私の好きな色あわせで、見ただけで満足。

イチゴシロップの甘さがあるので、オミジャの酸味はそんなに感じない。
たっぷりの量だから、ゆっくりゆっくりいただきます。
(氷解けちゃうんだけどね)

オットには緑茶から雨前(ウジョン)を選びました。



ひょうたんを使った茶漉しが愛らしくて。

水色はこんなようす。





お茶の様子。
やわらかそうな茶葉が緩やかに開き、とってもきれいです。

二十四節気のひとつ、穀雨。その穀雨(=陰暦4月20日)よりも前に摘んだ、非常に若い茶葉を煎って作ったのが雨前。
手摘みの、芽の先端を取る、甘みの強いお茶。

香りも味も、驚くほどやわらかく丸く、するすると体にしみていくような。
のどを過ぎた後から鼻に清清しい香りが。
日本茶のようなしっかりした味わいのあるものを好む方には向かないかもしれないけれど、中国茶などを飲みなれている方には、きっと好まれるだろうなあ。

目を閉じて、じっと茶のしみるのを味わいます。

ステキなお茶屋さんで、素敵なお茶をいただける幸せ。
そしてここまで来る道のりも楽しくて幸せ。

ずうっとここに居たいような気持ち。
でも旅人というのはこういうところに自由がきかないものです。
住むように過ごせないのがさびしいところ。

お茶を飲みきったところで、名残惜しみつつ韓屋をあとにします。









Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

北村へ。

 
仁寺洞から懐かしい風景の残る北村(プッチョン)と向かいます。



北村に向かう道沿いは、いくつか学校があり、その学校に沿って高い塀がありますが、その壁すらなんとなく趣を感じます。



ファミマも景観に合わせております。
あんまり暑くて、ここで水を買いました。


まだ足を踏み入れたばかりなのに、すでに路地に味わいがあります笑。



歩くほどに古い家の風景が増えていきます。




緩やかな坂道を歩き続けます。
途中で裏の道に入り、すると坂は徐々に急になって。

そして不思議なものが現れました。



???詩?

まだあります。



さらに・・・



ちょっとわかりにくいのですが、赤銅色のパイプのようなものが、ブロックに沿ってに這わせてあるのです。

それから。



石をつかったアート。

「アートソンジュセンター」という現代アートのギャラリーがあるためかな?
ちょっと面白かった。

アートだけじゃなく、ちょっとした花の咲く木とか、曲がりくねる坂の風景だけでも十分面白く美しく興味深いです。



観光のにおいよりも生活の気配が漂って、匂いまでどことなく昔っぽく、何かほっとした気持ちになります。

やがて高台にでて、さっきまでいた場所が遠くに感じられる景色が見えてきます。



韓屋の屋根瓦の向こうに、景福宮にある国立民族博物館が見えました。
山も見えて気持ち良い〜。

そしてこんなものまで見えてきました!



銭湯?
レンガの煙突!

こんな煙突にテンションあがっていた私たち夫婦。
あの煙突までどれくらいなのかな~とあるいていたら、煙突のふもとに・・・



なんと、目的地の看板が出ていました。
わかりやすい〜♪

さあ着きました。
ここが目的地、「チャマシヌントゥル」です。



続きます♪
Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

仁寺洞の続き。


*昨日、下書き中の記事(三清洞と韓菓と・・・)をうっかりアップしてました。
後日また順番どおりに掲載いたします。失礼いたしました・・・。


仁寺洞のショッピングや街歩きの続きです。

アジサイのお茶です。
これは明金湯とは別のお店で。



これは수국차(スグクチャ)・・・水菊茶となってます。
他にも이슬차(イスルチャ)・・・露茶という言い方もされるみたいです。

アジサイの葉を蒸して乾燥させたお茶。



これはとても不思議なお茶です。
砂糖の1000倍の甘味があり、冷やすとすこしとろんとした感じになり、さらに甘味が強くなるのだそうです。

冷やしたものをいただいたのですが、暑さで萎えそうな体に甘みが心地良かった。

ダイエットしている方は、煮物などに甘味料として使ってもいいみたい。


また、最近雑誌でも注目の多いコチラ、アルムダウン茶博物館にも立ち寄りました。



先に明金湯で満足したせいか、ここでは知人へのお土産だけ買いました。

韓国のお茶だけではなく、日本茶・紅茶・ハーブティなどなども扱ってます。



女性に贈るものだったので、ヨモギ茶と蓮の葉茶のセットで。
いずれもW15,000だったかと。
ヨモギ茶は体を温めるし、肌にもいいそうです。
立ち仕事の方へ贈るものなので、この組み合わせで。

缶はまるで紅茶の入れ物のようで、かわいいのも女性向けかな。

マダン(中庭)風のカフェがステキだったけれど、この後予定しているお茶屋さんもあったので、ここではお買い物だけ。
カフェの中には茶器が展示してあるのだそうです。
だから次はゆっくり見てみたいな~。

それから、ダンナとおそろいで買った扇子。



渋い色です笑。



かわいいピンクにしようとしたら、何故かオットがこれを欲しがって・・・。
自分が持つと似合わないと思ったらしく、それなら私が持てばいいと笑。

オット用には紺を買いました。

これはあまり珍しいものでもないけど、私たちが同じものを買うっていうこともそうそうないので、旅の記念に。



涼しそうな透け柄です。


それにしても、飽きない街です。
レトロな風情を残しつつ、モダンなものがどんどん入ってきている。
そもそもソウル自体がそんな街だけど、この場所はよりレトロさが際立つため、空気さえ懐かしい感じがする。

街の中にはごく自然に韓屋(ハノク)が。




表札もみょ〜に馴染む。



さて、そろそろ次の目的地に向かわなくっちゃ。

再び仁寺洞キルに戻ります。



かわいいアクセサリーやさん。
日本では(安っぽさが際立ったものが多いから)あんまりピンとくるものがないけど、韓国では何故かこういうお店にテンション上がるの。



ここ、気になりました。
どういうことをしているのかしら。

名残惜しみつつ、次の目的地に。
Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)

仁寺洞・ソムニ。

 
仁寺洞では、お土産など探すのも楽しいです。
もちろん安いものもありますけど、いいものも沢山あるので。

こちらはポジャギ(韓国の伝統的な包布)の専門店、ソムニ(솝리)。



オリジナルの作品ばかり扱っているのですが、どれも素敵です!
とても洗練された色合いとデザイン。
チョガッポの現代的なものなんて、胸がキュンとする。

こんなの欲しいなあ・・・と思う顔に当たる、ダンナの「ウチのどこに飾るの?」的視線・・・。
はい・・・ウチは、もう少し整理しないと飾るに飾れません。
いらないものが多すぎる家は、困ったものです。

そしてモシ(苧麻の布)素材のものもいろいろあり、夏らしくて惹かれました。

小物もかわいいけど、コチラをひとつ、お土産に買いました。
木綿のかわいいエプロン。
まだ小学校の男の子のいる義理の姉に♪



形をうまくお見せできない
ふんわりとしたフレアギャザースカートのようなかわいい形です。
すごく女性らしくて、優しげな印象。

飾り気のない綿の白い生地に、ほんの小さなワンポイントの刺繍が、美しい。



オットのお世話になっている小料理屋さんにはコースターのセットを購入。
いずれもかわいいラッピングです。



韓紙のリボンがまたうれしいですね。

かわいらしいカードも買いました。
ポジャギは買えないからせめて・・・と思って。




ポジャギの柄の写真をカードにしたものです。
旅に出るとついこういうカードやはがきを買ってしまいます。

そうしたらお店の方が、このしおりをオマケで下さいました。



きれいで、これもうれしかったです

このソムニは、韓国のお針子仕事の美しさを感じるには良いお店だと思います。
品物もどれも素敵。
店員さんも丁寧で優しく接客してくださいます。日本語お出来になる方がいました。

次に来たときもまた行きたいお店です

仁寺洞は本当に楽しくて、そのほかにも篆刻のお店や、白磁のうつくしい食器などぶらぶら見ながら歩きました。
本当は白磁の食器も欲しいし、茶器も欲しいのだけど、スーツケースにゆとりもないし、気に入ったものはやっぱりステキ級プライスなので・・・

でもやっぱり、いつかは欲しいですね。

さて、他に仁寺洞で購入したものと、街をぶらぶらして撮った写真はまた続きで・・・。

Posted by なつしろぎく | comments(0) trackbacks(0)
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Categories
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Archives
Recommend
Profile
Links
Others